苦い食べ物・飲み物ランキング22選を一覧で!世界一はどんな食材?

苦い食べ物・飲み物といえばどんな物があるか知っていますか?今回は、苦い食べ物・飲み物ランキング22選を〈食べ物・飲み物〉別にそれぞれ一覧で紹介します。体に良い・罰ゲーム向きなどそれぞれの特徴も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 苦い食べ物・飲み物といえば…?
  2. 人が苦いと感じる成分・仕組み
  3. 苦い食べ物・飲み物ランキング22選を一覧で紹介!
  4. 苦い食べ物・食材ランキングTOP11
  5. 11位:豆腐
  6. 10位:しめじ
  7. 9位:銀杏
  8. 8位:みょうが
  9. 7位:芽キャベツ
  10. 6位:ケール
  11. 5位:ピーマン
  12. 4位:渋柿
  13. 3位:秋刀魚の内臓
  14. 2位:サザエの肝
  15. 1位:ゴーヤ
  16. 苦い飲み物ランキングTOP11
  17. 11位:抹茶
  18. 10位:緑茶
  19. 9位:コーヒー
  20. 8位:ワイン
  21. 7位:ビール
  22. 6位:青汁
  23. 5位:マテ茶
  24. 4位:にがり水
  25. 3位:ゴーヤ茶
  26. 2位:せんぶり茶
  27. 1位:苦丁茶
  28. 苦い食べ物・飲み物を食べてみよう!

苦い食べ物・飲み物といえば…?

人には、甘い、苦い、辛い、酸っぱいなど様々な味覚があります。食べ物や飲み物でも個人差はありますが、苦いと感じる事があるのではないでしょうか。今回は、ランキングで苦い食べ物や飲み物を紹介します。

人が苦いと感じる成分・仕組み

人が何かを飲んだり食べたりして苦いと感じるのは、主に以下のような成分が原因です。

・モモルデシン
・カテキン
・カフェイン
・イソフルロン


人の舌には味蕾と呼ばれる器官があり、上記で紹介した成分などを感じ取って苦いと感じる仕組みになっています。特に子供の頃は、本能的に苦いものを毒などの危険なものとして認識しています。しかし、年齢を重ねる毎に苦いものも安全であることを理解していき、味覚が変化していくようです。

苦い食べ物・飲み物ランキング22選を一覧で紹介!

人が苦いと感じる成分や仕組みを紹介しましたが、ここからは実際に苦いと感じる食べ物や飲み物を22個厳選して紹介します。意外なものも苦い食べ物にランクインしている場合もあるので、自分が苦いと感じているものが22選の中に入っているかどうかをぜひチェックしてみてください。

苦い食べ物・食材ランキングTOP11

初めに、苦い食べ物や食材のTOP11をランキングで紹介します。子供の頃は苦手でも大人になってから食べられるようになることの多い食べ物や、大人になっても苦くて食べられない人が多い食材もあるので、是非参考にしてみてください。

11位:豆腐

豆腐はカロリーが低く腹持ちもいい為、ダイエット中の人にもおすすめの食材です。しかし、豆腐を苦いと感じた事がある人もおり、その理由は豆腐を固める際に使うにがりが原因です。にがりにはミネラルが豊富に含まれていますが、苦味があるため人によってはその苦味を感じることがあります。

大豊豆腐

10位:しめじ

しめじは、水洗いしたり長い時間加熱したりすると苦いと感じる事があります。しめじの苦味が気になる場合は、水洗いせずにしめじを振って汚れを落とすと良いでしょう。加熱方法も長時間ではなく、少し火を通すくらいにするのがおすすめです。また、収穫が早すぎた小さいサイズの茎の部分は苦く感じる事があります。

しめじ

関連する記事