ラフランス(洋梨)の保存方法・期間は?完熟後は冷凍?状態別の最適を紹介!

ラフランス(洋梨)の正しい保存方法・期間を知っていますか?今回は、ラフランスの〈未熟・完熟後〉別に〈常温・冷蔵・冷凍〉など最適な保存方法をそれぞれ紹介します。ラフランスが腐るとどうなるのかや、保存食レシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ラフランス(洋梨)の正しい保存方法って?
  2. ラフランスの保存方法は「完熟状態」による
  3. 未熟なラフランスの保存方法は?
  4. まずはラフランスの食べ頃の見分け方を知っておこう
  5. 保存法①追熟させたい場合
  6. 保存法②より早く追熟させたい場合
  7. 保存法③追熟を遅らせたい場合
  8. 完熟後のラフランスの保存方法は?
  9. 完熟後のラフランスを長期保存する場合は「冷凍」がおすすめ
  10. シャーベット状に解凍して食べるのがおすすめ
  11. ラフランスが腐るとどうなる?
  12. ラフランスの保存食レシピも紹介!
  13. ①ラフランスのコンポート
  14. ②ラフランスのジャム
  15. ③ラフランスのソルベ
  16. ラフランスを正しく保存しよう

ラフランス(洋梨)の正しい保存方法って?

ラフランスは洋ナシとも呼ばれ、甘みの中に上品な酸味も感じられる人気の果物です。ラフランスを美味しく保存する方法はどのようなものなのでしょうか。ここでは、購入したラフランスを美味しく保存する方法や腐るとどうなるかなどを紹介します。

ラフランスの保存方法は「完熟状態」による

ラフランスの保存方法は、完熟状態によって変わります。ラフランスの完熟具合を見極めてから、その状態にあった保存方法を選択することが大切です。もともとラフランスは日持ちがよい果物で、完熟していなければ数週間保存できますし、正しい方法で保存すれば、より美味しく食べることもできます。

未熟なラフランスの保存方法は?

まだ完熟していない、未熟なラフランスはどのように保存すればよいのでしょうか。ここでは、未熟なラフランスの保存方法を追熟加減に分けて紹介します。

まずはラフランスの食べ頃の見分け方を知っておこう

出典:https://www.nichireifoods.co.jp/media/14862/

ラフランスの保存方法を決める前に、ラフランスの状態を確認します。完熟前のラフランスと完熟した後に見られる特徴は以下の通りです。

ラフランスが未熟なとき
・皮がぴんとして張りがある
・軸の色が緑色でピンと立っている


ラフランスが完熟しているとき
・軸が茶色くなり、皮にしわが出ている
・甘くてフルーティーな香りがする
・お尻が茶褐色に変わっている


ラフランスが未熟な間は、軸が緑色で、皮も緑がかった色をしています。皮にはみずみずしい張りがあり、香りは控えめです。一方、ラフランスが完熟に近づき、食べ頃になるとお尻のほうから茶褐色のような色に変わってきます。軸も茶色くなり、皮全体に張りがなくなります。

皮にしわが目立つようになり、甘くてフルーティーな香りがするところも食べ頃になっているサインです。

(*ラフランスの食べ頃の見分け方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

洋梨の食べ頃の見分け方は?旬はいつ?種類別の選び方も紹介!

保存法①追熟させたい場合

また食べ頃になっていない、未熟なラフランスを追熟させたいときの保存方法を紹介します。

1.新聞紙やペーパータオルでラフランスを包む
2.直射日光の当たらない常温で保存する


未熟なラフランスを追熟させたいときは、冷蔵庫ではなく常温で保存します。直射日光が当たらず、湿気の少ない場所で保存しておくと2、3日から1週間程度で食べ頃に追熟します。一般的にラフランスが美味しく追熟する温度は15℃~20℃前後の常温がよいようです。

また、保存している場所の状態によって追熟のスピードも変わるので、こまめに状態をチェックして食べ頃になっていないか確認するとよいでしょう。

保存法②より早く追熟させたい場合

また食べ頃になっていない、未熟なラフランスをより早く追熟させたいときの保存方法を紹介します。

1.新聞紙やペーパータオルでラフランスを包む
2.直射日光の当たらないやや高い常温の場所に保存する
3.ポリ袋に入れ、りんごと一緒に保存する


ラフランスの追熟に適しているのは15℃~20℃前後の常温ですが、それよりも少し高い温度のところで保存すると追熟スピードが早まります。しかし、30度を超えるような暑さでは追熟障害が起こり、美味しくなりません。そこで、エチレンガスを出すりんごと一緒にポリ袋に入れて保存すると、追熟を早めることができておすすめです。

りんごはエチレンガスをたくさん出す代表的な果物で、エチレンガスの刺激により、一緒に保存しているラフランも追熟が早くなります。この方法で保存すると、早ければ常温でも2日程度で食べ頃になります。

保存法③追熟を遅らせたい場合

また食べ頃になっていない、未熟なラフランスを追熟を遅らせて保存したいときの方法を紹介します。

1.新聞紙やペーパータオルでラフランスを包みポリ袋に入れる
2.冷蔵庫の野菜室で保存する


未熟なラフランスの追熟を遅らせるには、常温よりも気温の低い場所で保存する方法がよいので、冷蔵庫の野菜室に入れましょう。このとき、冷蔵庫の中で乾燥しないように新聞紙などで包んでポリ袋に入れておきます。追熟を早めたいときとは逆で、りんごなどと一緒に保存しないようにします。冷蔵庫の野菜室で保存したラフランスは3~4週間程度もちます。

完熟後のラフランスの保存方法は?

完熟したラフランスはどのように保存すればよいのでしょうか。完熟したラフランスは食べ頃なので、3日以内など、すぐに食べる場合は冷蔵保存でも問題ありません。ここでは、食べ頃になったラフランスの長期で保存する方法を紹介します。

完熟後のラフランスを長期保存する場合は「冷凍」がおすすめ

完熟したラフランスを長期間保存したいときは、冷蔵ではなく冷凍するのがおすすめです。ラフランスの冷凍保存の方法は以下の通りです。

カットして冷凍する場合
1.皮を剥き、食べやすいサイズにカットする
2.表面にレモンを擦り付けて変色を防ぐ
3.一つずつラップで包み、保存袋に入れ空気を抜いて冷凍する


皮付きのまま冷凍する場合
1.半分にカットして、切り口にレモンを刷り込む
2.ラップできっちり包み、保存袋に入れて冷凍する


ラフランスを冷凍するときは、カットした切り口にレモン汁をこすりつけることで変色を防ぎます。解凍したときに食べやすいように、皮を剥く場合は、一切れずつきっちりラップに包みます。こうしておくと、変色を防ぎ、解凍時に使いやすいです。レモンがないときは、りんごのように少しの間塩水につけて変色を防ぐとよいでしょう。

皮付きのまま冷凍すると変色しにくくなるので、大きいサイズで冷凍したいときは皮を剥かずに冷凍します。ラフランスは冷凍保存すると約1ヶ月程度日持ちします。すでに完熟しているラフランスは、冷蔵保存でも3、4日程度しか日持ちしません。長く保存したいときは冷凍保存しておくと美味しく食べることができます。

シャーベット状に解凍して食べるのがおすすめ

冷凍したラフランスは、半解凍の状態でシャーベットのように食べるのがおすすめです。皮つきのまま、半分にカットして冷凍したラフランスは、半解凍にするとスプーンですくって食べられます。果肉がシャーベット状になっているので、手軽に冷たいデザートが楽しめます。

また、皮を剥いて冷凍したらフランスも、半解凍のままミキサーなどでつぶし、シャーベットやスムージーにして食べると美味しいです。一度冷凍すると触感が変わりますが、シャーベット状にすると、食感の変化も気にならず、美味しく食べられるので試してみてください。

ラフランスが腐るとどうなる?

ラフランスは腐るとどうなるか、見た目や香りの変化などの特徴を紹介します。

・表面にカビが生える
・触ると不自然にぶよぶよと柔らかい
・鼻にツンとくるような刺激臭がする

ラフランスは腐ると甘いフルーティーな香りではなく、不自然な刺激臭を感じます。食欲をそそるような甘い香りではない、不快な臭いを感じたら腐っている可能性が高いです。また、表面にカビが生えていたら腐っているか、腐りはじめているサインです。

完熟して食べごろになったラフランスは触ると柔らかいですが、腐ったラフランスは少し触るだけでも大きくへこみ、ぶよぶよした感触になります。

ラフランスの保存食レシピも紹介!

ラフランスはそのまま保存するのではなく、保存食として加工するのもおすすめです。ここでは、ラフランスの美味しい保存食のレシピを紹介します。

①ラフランスのコンポート

出典:https://cookpad.com/recipe/155865

ラフランスをカットし、ワインやグラニュー糖、水と一緒に柔らかく煮込むと美味しいコンポートになります。食べやすいサイズにカットしておくと便利で、コンポートのまま冷凍するのもおすすめです。

ラフランスのコンポート by kemi's 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが356万品

②ラフランスのジャム

出典:https://cookpad.com/recipe/2436703

細かくカットしたラフランスを砂糖やレモン汁で煮込んで作るジャムも、美味しい保存食です。パンにつけたり、ヨーグルトやアイスにトッピングしたり、いろいろな食べ方で楽しめる方法で、生のままよりも日持ちします。

ラ・フランスジャム by まやーとん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが356万品

③ラフランスのソルベ

出典:https://cookpad.com/recipe/2393164

カットしたラフランスに砂糖や水、レモン汁を加えてミキサーで混ぜ、冷凍すれば簡単なソルベが作れます。そのまま冷凍したものよりも甘味が強く、上品な味わいに仕上がります。

洋梨のシャーベット by JACK0904 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが356万品

ラフランスを正しく保存しよう

ラフランスは完熟具合によって保存方法が変わる果物なので、保存方法を決めるときはよく状態を確かめることが大切です。ジャムやコンポートなど、保存食も簡単に作れるので、自分の好みにあった方法で、ラフランスを美味しく保存してみてください。

関連する記事