マンゴーの品種ランキングTOP13!甘い・糖度が高い順に紹介!

マンゴーの種類・品種数はどれくらいか知っていますか?今回は、マンゴーの品種を糖度高い順のランキング13選を〈味・旬の時期・産地・大きさ・値段〉など特徴で比較しつつ紹介します。マンゴーの選び方・見分け方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. マンゴーとは?品種数はどれくらい?
  2. マンゴーは世界で1000種以上ある
  3. マンゴーの平均糖度
  4. マンゴーの品種の糖度ランキングTOP13
  5. 13位:レッドキーツマンゴー(10~13度)
  6. 12位:夏雪(12~15度)
  7. 11位:アーウィン(14~16度)
  8. 10位:トミーアトキンス(14~16度)
  9. 9位:キーツ(12~19度)
  10. 8位:てぃらら(12~20度)
  11. 7位:玉文(15~19度)
  12. 6位:キンコウ(15~20度)
  13. 5位:ピーチマンゴー(17度~18度)
  14. 4位:ケシャール(18度)
  15. 3位:ペリカンマンゴー(20度)
  16. 2位:ナンドクマイ(20度)
  17. 1位:金蜜マンゴー(18~24度)
  18. マンゴーの選び方・見分け方は?
  19. マンゴーの種類は様々

マンゴーとは?品種数はどれくらい?

マンゴーはトロピカルフルーツの代表格ともいえる果物ですが、一体どのくらいの品種数があるのでしょうか。ここでは世界におけるマンゴーの種類の数や、その糖度について紹介します。

マンゴーは世界で1000種以上ある

マンゴーはインドや東南アジアを始めとした温かい地域を中心に栽培されている果物で、世界で1000種以上もの種類があると言われています。そのうち日本に輸入されているものでも10種類以上あり、さらに日本国内でも様々な品種のマンゴーが栽培されているので、色々な品種の違いを楽しむことができるでしょう。

(*マンゴーの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

マンゴーの種類・品種をタイや台湾など産地別に!旬・味など特徴を比較して紹介!

マンゴーの平均糖度

マンゴーの平均糖度は12度から14度と言われており、同じトロピカルフルーツのバナナが20度前後であるのと比較するとやや甘さは控えめと言えます。みかんの平均糖度は10度から14度とマンゴーに近い数値ですが、みかんに比べると酸味が少ないため、マンゴーの方が甘いと感じることが多いでしょう。

マンゴーの品種の糖度ランキングTOP13

ここからはマンゴーの品種13個を、糖度のランキング形式で紹介します。お取り寄せにもおすすめの高級なマンゴーや、手軽な価格でも美味しい家庭向きのマンゴーまで様々な甘いマンゴーを紹介するので参考にしてみてください。

13位:レッドキーツマンゴー(10~13度)

出典:https://twitter.com/7zsxVZzOEqTT4D0/status/1300907089376677888?s=20

・主産地:沖縄県
・旬の時期:8月
・値段:2000円~4000円

レッドキーツマンゴーは、幻のマンゴーとも呼ばれる非常に貴重な高級品種で、1個当たり10000円近い価格がついていることもあります。1個当たりの大きさが2kg近くなることもある大型の種類なので、お取り寄せして大人数で楽しんでみるのも良いでしょう。

12位:夏雪(12~15度)

出典:https://twitter.com/formosamari/status/1020816401836068864?s=20

・主産地:台湾
・旬の時期:6月~7月初旬
・値段:1000円

夏雪は、黄金色の高級感のある見た目からマンゴー界のルイ・ヴィトンとも称されるマンゴーで、市場にはほとんど出回ることのない希少な品種です。日本でもほとんど流通していませんが、香りも良く非常に甘いマンゴーだと評判なので見かけた際はぜひ試してみてください。

11位:アーウィン(14~16度)

関連する記事

×