ケチャップは何歳から?1歳の離乳食に大丈夫?安全な与え方を紹介!

ケチャップは何歳から食べれるのでしょうか?<1歳>などの子供・赤ちゃんに離乳食で与えてもいいのか心配ですよね。今回は、ケチャップはいつから食べれるのかを、〈量・薄める〉など安全な与え方とともに紹介します。ケチャップを何歳からあげたか先輩ママの口コミや、離乳食後期〜完了期のレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ケチャップは何歳から大丈夫?子供・赤ちゃんに大人用を使っていい?
  2. ケチャップは離乳食後期(1歳頃)が与えられる時期の目安
  3. ケチャップの子供に安全な与え方は?
  4. ①まずは少量・薄めて様子を見る
  5. ②与える量・頻度に注意する
  6. ③病院にいけるような状況にしておくと安心
  7. ④赤ちゃん用のケチャップを使うのもおすすめ
  8. ケチャップを子供に何歳からあげた?【先輩ママの口コミ調査】
  9. ケチャップを使った離乳食後期〜完了期のレシピ!
  10. ①レンジで簡単に作れるオムライス
  11. ②なすのボロネーゼ風
  12. ③ミネストローネ
  13. ケチャップ以外に子供に与える食べ物で注意すべきものはある?
  14. ケチャップを子供に与える際は注意点を守ろう

ケチャップ以外にも、子供に与える時期を配慮した方がよい食材はたくさんありますが、以下は一例です。

・とろろ
・梅干し
・カニカマ
・生クリーム

アレルギーや刺激性接触性皮膚炎を発症するリスクがあるとろろや塩分が高い梅干し並びにカニカマ、脂質が多い生クリームなどは与え方に注意が必要です。いずれも離乳食完了期に与えるの基本で、少量ずつ様子を見ながら食べさせましょう。塩分が高い梅干しやカニカマは塩抜きしてから、使う方が安心です。

(*とろろやカニカマは何歳から食べられるかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

とろろは何歳から?子供の離乳食NG?安全な与え方も紹介!
カニカマは何歳から?離乳食NG?赤ちゃんへの安全な与え方も紹介!

ケチャップを子供に与える際は注意点を守ろう

ケチャップを離乳食で使えるようになると、味のバリエーションが広がります。一方で大人用のケチャップは塩分が高すぎるので、そのまま子供に食べさせるのはよくありません。子供用のケチャップを使うほか大人用を使用する場合は薄めるように配慮し、万が一体調不良が起こった時に対処できる時間帯に食べさせましょう。

関連する記事

×