ネギの食べ過ぎに要注意?どのくらいが適量?症状や対策・予防法など紹介!

【管理栄養士監修】ネギを食べ過ぎるとどうなるか知っていますか?今回は、ネギの食べ過ぎによる頭痛・下痢・口臭問題・貧血など悪影響の例を症状・原因とともに紹介します。ネギの食べ過ぎの量はどれくらいかや、食べ過ぎによる症状を防止・対策する方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 住吉彩
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”...
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”という思いから独立し、講座を主宰したり、講演、執筆、監修などを行っている。趣味は家庭菜園。万年ダイエッターを卒業するためのポイントをまとめたメルマガも配信中。

目次

  1. ネギの食べ過ぎに注意?
  2. ネギを適量食べた時の効果・効能
  3. ネギを食べ過ぎるとどうなる?
  4. ①頭痛
  5. ②下痢・腹痛
  6. ③口臭・おならがきつくなる
  7. ④貧血
  8. ネギの食べ過ぎの量はどのくらい?
  9. 胃腸の強さ・弱さで変わる
  10. ネギを食べ過ぎによる症状の防止法・対策は?
  11. ①加熱する
  12. ②水にさらす
  13. ③乳製品を食べる
  14. ④緑茶・コーヒーを飲む
  15. ネギは適度な量を食べよう

ネギは適度な量を食べよう

ネギは食べ過ぎると頭痛や腹痛になったり臭いが残ることがわかりました。ネギを食べ過ぎて体調が悪くなったことがある人は症状を防止する対策を取り入れながら適度な量を食べましょう。

関連する記事

×