スノースタイルのカクテルとは?種類は?飲み方・正しいやり方も紹介!

スノースタイルのカクテルを知っていますか?塩・砂糖を付ける正しいやり方が気になりますね。今回は、スノースタイルのカクテルの〈種類・飲み方〉や〈やり方・方法〉を、〈塩・砂糖・レモン〉など作り方のコツとともに紹介します。〈マルガリータ〉などスノースタイルで作るおすすめのカクテルも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. スノースタイルのカクテルとは?塩・砂糖を使う?
  2. スノースタイルとは塩や砂糖をカクテルのグラスに付ける飲み方
  3. スノースタイルカクテルの種類一覧
  4. スノースタイルの正しいやり方・方法は?作り方のコツはある?
  5. コツ①果汁の付け方
  6. コツ②塩・砂糖の付け方
  7. コツ③塩の種類にこだわるのもおすすめ
  8. スノースタイルカクテルの飲み方は?塩の舐め方は?
  9. スノースタイルの飲み方・塩の舐め方
  10. スノースタイルのおすすめのカクテル3選も!
  11. ①雪国
  12. ②マルガリータ
  13. ③ソルティドッグ
  14. スノースタイルのカクテルを飲んでみよう

スノースタイルのカクテルとは?塩・砂糖を使う?

カクテルグラスのふちが雪のようになっている、おしゃれなカクテルはスノースタイルと呼ばれています。スノースタイルは見た目だけでなく、カクテルの味わいも決める技法です。ここでは、スノースタイルについて詳しく紹介します。

スノースタイルとは塩や砂糖をカクテルのグラスに付ける飲み方

出典:https://twitter.com/benjamina0_0/status/1512012449419243521

スノースタイルとは、カクテルグラスのふちに塩や砂糖をまぶし付ける技法のことで、グラスのふちに雪が降り積もったように見えるところからこの名前が付けられています。ただし、スノースタイルという呼び方は日本だけで使われている和製英語で、正しい英語表記はrimmed with salt/sugarです。

英語の表記からもわかるように、スノースタイルは塩または砂糖で作ることが多いです。グラスのふちにカットしたレモンやライムの断面をつけ、塩や砂糖をまぶしつけて作りますが、きれいにつけるのは難しく慣れも必要です。

スノースタイルカクテルの種類一覧

ここでは、スノースタイルを使った代表的なカクテルを紹介します。

・ソルティドッグ(塩)
・マルガリータ(塩)
・ライジングサン(塩)
・雪国(砂糖)
・キッスオブファイアー(砂糖)
・シカゴ(砂糖)
・クラシック(砂糖)


マルガリータやソルティドッグは、バーでもよく見かける人気のカクテルで、塩を使ったスノースタイルのカクテルです。ほのかな塩気がカクテルの風味のアクセントになり、味わいも引き締まります。雪国は、砂糖を使ったスノースタイルで知られている、日本生まれのカクテルです。

クラシックやシカゴなども砂糖を使ったカクテルで、砂糖の甘味がカクテルの味わいを印象付けます。

スノースタイルの正しいやり方・方法は?作り方のコツはある?

ここでは、スノースタイルの正しいやり方やスノースタイルスタイルを作る時のコツなどを紹介します。慣れると簡単にきれいなスノースタイルが作れるので、試してみてください。

コツ①果汁の付け方

スノースタイルは、レモンやライムなどの切り口をグラスのふちにつけて作ります。グラスのふちにしっかりと果汁がつくように、一周ぐるりと回します。ふちの上部だけでなく側面にも少し果汁がつくくらいのイメージで、やや力を入れてつけるのがコツです。

コツ②塩・砂糖の付け方

塩や砂糖をつける時は、まんべんなくしっかりつくように小皿を用意するのがおすすめです。グラスのふちが丸ごと入るくらいの小皿に、塩や砂糖を平たく盛ります。そこへ果汁をつけたグラスを伏せるようにして置くと、まんべんなく塩や砂糖がついて雪のようになります。

コツ③塩の種類にこだわるのもおすすめ

スノースタイルを作るときは、塩の種類にこだわるのもおすすめです。特に重要なのは塩の粒の大きさで、粒度の荒い塩を使うと、口に含んだ時に祖の食感が残り素朴で強い塩気が感じられます。粒が細かくなるにつれて、カクテルとに溶けて一体感が生まれやすく滑らかな口当たりに仕上がります。

スノースタイルを作るときは、余分な塩や砂糖をふき取ると紹介されることがありますが、この方法は間違いです。塩や砂糖を付けた後は、グラスの底を軽くたたき、余分な分を振り落とすのが本当のスノースタイルです。

スノースタイルカクテルの飲み方は?塩の舐め方は?

バーでスノースタイルのカクテルを頼むときは、飲み方を知らないと緊張してしまいます。スノースタイルのカクテルは、どのように飲むのが良いのでしょうか。ここでは、スノースタイルの飲み方や塩のなめ方について紹介します。

スノースタイルの飲み方・塩の舐め方

スノースタイルは付けた塩とカクテルの調和が味わいの基本となるので、カクテルを口に含むときに一緒に塩も舐めるのがおすすめです。その際は舌を出してなめ回すようなことはせず、上品にそっと舐めてください。

一度口をつけた時に塩をなめたら、次は少しグラスを回して別の部分の塩を含みながら二口目を飲むようにすると、うまく塩とカクテルの両方を口に含むことができます。

スノースタイルのおすすめのカクテル3選も!

ここでは、スノースタイルのカクテルの作り方を紹介します。代表的な3種類のカクテルを紹介するので、自宅でスノースタイルを作る時の参考にしてください。

①雪国

出典:https://cocktailrecipe.suntory.co.jp/wnb/cocktail/recipe/yukiguni/

【材料】
・ウォッカ:40ml
・ホワイトキュラソー:20ml
・ライムジュース:20ml
・砂糖


カクテルグラスに砂糖をつけてスノースタイルにし、ウォッカやホワイトキュラソー、ライムジュースをシェークしたカクテルを注ぎます。ライムを使うので、スノースタイルもレモンではなくライムを使うのがおすすめです。砂糖の甘みと、ライムのすっきりした酸味の調和が絶妙です。

雪国 詳細情報 カクテルレシピ - Liqueur&Cocktail - サントリー

②マルガリータ

出典:https://cookpad.com/recipe/5886409

【材料】
・テキーラ:30ml
・ライムジュース:15ml
・ホワイトキュラソー:15ml
・塩


マルガリータはテキーラを使った有名なカクテルで、雪国と同じようにホワイトキュラソーやライムジュースを使います。スノースタイルは塩で作るので、塩気とライムの酸味でキレのある鋭い味わいが美味しいです。

マルガリータ by ターケンパパ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが371万品

③ソルティドッグ

出典:https://cookpad.com/recipe/6362164

【材料】
・ウォッカ:45ml
・グレープフルーツジュース:適量
・塩


ソルティドッグは名前に塩が使われているように、スノースタイルの塩気が重要なカクテルです。ウォッカとグレープフルーツジュースで作るすっきりした爽やかなカクテルで、塩がグレープフルーツの甘みや酸味を引き立てます。

ソルティドッグ by ターケンパパ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが371万品

(*ソルティドッグについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ソルティドッグとは?度数やカクテル言葉の意味は?飲み方・作り方も紹介!

スノースタイルのカクテルを飲んでみよう

スノースタイルのカクテルは、見た目もおしゃれで、その味わいも印象的なものが多いです。塩を変えるだけで、味わいや食感が変わるなど、同じスノースタイルでも作り方で味わいのバリエーションも変わります。自宅でも簡単に作れるので、自分好みのスノースタイルのカクテルを作ってみてください。

関連する記事

×