小松菜とほうれん草の違いは?栄養面の比較や見た目での見分け方など紹介!

【管理栄養士監修】小松菜とほうれん草は見た目がとても似ていますが、違う野菜です。小松菜とほうれん草の違いを<味><値段><アク抜きの必要性>や鉄分・カルシウムなど<栄養素>などで比較して紹介していきます。見た目での見分け方でも紹介するので参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 kay
Instagram Ameba
管理栄養士。海外一人旅、観光地での勤務がきっかけで、もっと日本を知ってほしいと思うようになり、海外の方に日本の伝統食である「和食」や「日本文化」...
Instagram Ameba
管理栄養士。海外一人旅、観光地での勤務がきっかけで、もっと日本を知ってほしいと思うようになり、海外の方に日本の伝統食である「和食」や「日本文化」を伝える活動をしています。また、「和食」をベースに予防医学、健康、美容を発信。職に縛られず”人との出会い・繋がり”を大切に、世界中、日本中をまわり「食」で繋がる旅をしています。ドラッグストア管理栄養士として食事指導、レシピ作成を経験、その後フリーランスの勉強をしながら観光地のカフェにて外国人観光客の接客をし、現在はバリスタとして働いています。皆さんのお役に立てるように最新の栄養学に基づいた情報をわかりやすく発信していきます。よろしくお願いします。

目次

  1. 小松菜とほうれん草は仲間?違う野菜?
  2. 小松菜とほうれん草の違いを比較
  3. 小松菜とほうれん草の栄養価の違いは?
  4. 小松菜とほうれん草の見分け方は?
  5. 小松菜とほうれん草は違う野菜
野菜名 含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
小松菜 2.8mg 7.5mg 37%
ほうれん草 2mg 7.5mg 27%

鉄分は、赤血球の構成物質であるヘモグロビンをつくる栄養素で、ヘモグロビンは体内の酸素運搬に役立っています。そのため、鉄分の摂取は、ヘモグロビンの生成を補助し、貧血予防に効果を発揮します。息切れやめまいなど貧血の疑いがあるは、鉄分を摂取するといいでしょう。(※1)

②ビタミンC

野菜名 含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
小松菜 39mg 100mg 39%
ほうれん草 35mg 100mg 35%

ビタミンCには抗酸化作用があり、有害な活性酸素の活動を阻害し健康を守ったり、肌の老化防止に役立ち肌にツヤ・ハリを取り戻します。また、コラーゲンの生成にも不可欠な栄養素であり、皮膚・粘膜を健康に保ちます。鉄分の吸収率もあげる効能があるため、貧血のかたにとっても見逃せない栄養素となっています。(※2)

kay

管理栄養士

鉄分の吸収率をあげる栄養素にはビタミンCの他に、動物性たんぱく質もあります。 食品中の鉄分の種類は主に2種類あり、肉、魚、レバーなどの動物性食品に含まれる吸収率の高い「ヘム鉄」、野菜や大豆などの植物性食品に含まれる吸収率の低い「非ヘム鉄」があります。ビタミンCや動物性たんぱく質と組み合わせる場合は、特に「非ヘム鉄」と一緒に摂取すると効率よく鉄分を吸収できますよ。

③カルシウム

野菜名 含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
小松菜 170mg 650mg 26%
ほうれん草 49mg 650mg 8%

カルシウムは体内で一番多く含まれるミネラルで、骨・歯の形成に一番重要な栄養素です。とはいえ、全てが骨・歯の形成に使われるわけではなく、99%が骨・歯の形成に、その他1%が血中などに含まれ、止血や神経の興奮を抑えて精神を安定させる働きもあります。(※3)

④β-カロテン

野菜名 含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
小松菜 3100μg - -
ほうれん草 4200μg - -

β-カロテンは体内でビタミンAに変換されるため、プロビタミンAとも呼ばれていて、変換後のビタミンAの抗酸化作用により動脈硬化・心筋梗塞など生活習慣病への予防効果があります。暗い所に移動した際に目が慣れるまで時間がかかる人は、β-カロテン不足の可能性があるので、ほうれん草を食べてカロテン不足を解消しましょう。(※4)

(*ほうれん草と小松菜の栄養素について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ほうれん草の栄養素・効能は?栄養を逃さない茹で方や効率的な食べ方も紹介!
小松菜の栄養素と効能は?ほうれん草との比較や栄養を逃さない調理法のおすすめも紹介!

小松菜とほうれん草の見分け方は?

出典:https://www.1242.com/lf/asset/uploads/2017/05/47f52fe0aee4da3f47c8f399abf8a163-61.jpg

(左がほうれん草/右が小松菜)
小松菜とほうれん草は見た目がとても似ているため、パッと見ただけでは分からないです。ですが、「根元」「葉の形状」この2点をしっかりと把握しておけば、すぐに見分けることが可能です。以下では小松菜とほうれん草の「根元」と「葉の形状」について詳しく紹介します。

根元

小松菜の根元は「緑色」で、ほうれん草の根元が「赤色」になっています。小松菜とほうれん草は、全体を見ただけでは全く区別がつかないぐらい似ていますが、このように根元部分には大きな違いがあります。この確認方法が1番簡単な見分け方です。

関連する記事

×