電気ブランとは?味・度数やカロリーは?種類や由来・発祥なども紹介!

電気ブランとはどんなお酒か知っていますか?偽電気ブランとは何かも気になりますね。今回は、電気ブランの〈味・由来〉や〈浅草・神谷バー〉など発祥を、〈度数・種類・カロリー〉とともに紹介します。電気ブランの美味しい飲み方ややばいと言われる理由も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 電気ブランとはどんなお酒?浅草が発祥?
  2. 電気ブランとはブランデーベースのカクテル
  3. 電気ブランは浅草の神谷バー発祥のお酒
  4. 電気ブランの味は?名前の由来と関係してる?
  5. 電気ブランの味わい
  6. 電気ブランの名前の由来
  7. 電気ブランの種類は?度数やカロリーはどれぐらい?
  8. 電気ブランは全部で2種類
  9. 種類①電気ブラン
  10. 種類②電気ブランオールド
  11. 電気ブランの美味しい飲み方は?
  12. 電気ブランはビールをチェイサーにして飲むのがメジャーな飲み方
  13. 電気ブランはやばい?失明するとの噂もあるけど本当?
  14. 電気ブランと似ている「偽電気ブラン」とは何かも知っておこう
  15. 偽電気ブランは森見登美彦著「夜は短し歩けよ乙女」に出てくるカクテル
  16. ちなみに偽電気ブランは実際に飲むこともできる
  17. 電気ブランとはどんなお酒か知っておこう

電気ブランとはどんなお酒?浅草が発祥?

出典:https://twitter.com/kotugairu/status/1592023275626172416?s=20&t=34XfOLEaBz2BuOofkgNWWg

電気ブランの名前は知っていても、実際に飲んだ経験がない人も多いでしょう。ウイスキーやブランデーを思わせる色合いですが、味も似ているのかが気になるところです。ここでは電気ブランがどのようなお酒かについて、発祥地も含めて説明します。

電気ブランとはブランデーベースのカクテル

電気ブランとは、ブランデーベースのカクテルのことです。何が入ってるかを説明するとブランデーにジン、ワインキュラソーと薬草を加えています。電気ブランのカクテルレシピは秘伝とされており、アルコール度数は高めです。

電気ブランは浅草の神谷バー発祥のお酒

電気ブランは浅草の神谷バー発祥のお酒で定休日である火曜日を除き、営業時間である11:30~22:00の間は楽しむことができます。神谷バーで飲む電気ブラン一杯の値段は、種類によって異なります。電気ブランは1階の神谷バーだけでなく、2階のレストランカミヤや3階の割烹神谷でも頼めるので飲んでみましょう。

電気ブランの味は?名前の由来と関係してる?

出典:https://twitter.com/870photo/status/1589150457381150720?s=20&t=34XfOLEaBz2BuOofkgNWWg

電気ブランはカクテルですが、なぜその名前がついたのかが気になる人もいるかもしれません。カクテルに使われている材料にも、電気に由来するものはないのに不思議です。ここでは電気ブランの味について、名前の由来とともに説明します。

電気ブランの味わい

電気ブランは口に含むとほんのりとした甘さが感じられる、ベルモットのような味わいです。また電気ブランならではの華やかな香りが、鼻を抜けるお酒でもあります。ブランデーを思わせる甘味なのですっきり飲めるので、アルコールに慣れていない人にもおすすめです。

電気ブランの名前の由来

その名前の由来は、明治時代に日本にもたらされた電気です。文明開化により様々な舶来品が輸入された当時の日本では、目新しいものは何でも「電気○○」と呼ばれていました。また電気ブランが誕生した当初はアルコール度数が45度と高かったため、電気のイメージに合っていたことも由来の1つです。

電気ブランの種類は?度数やカロリーはどれぐらい?

出典:https://twitter.com/owaconmania/status/1589274498259636224?s=20&t=34XfOLEaBz2BuOofkgNWWg

100年以上の歴史を誇る電気ブランは、かつてはアルコール度数が高かったと前述しました。今もアルコール度数が高いままなのか、カロリーはどの程度かが気になる人もいるでしょう。ここでは電気ブランのアルコール度数と、カロリーについて説明します。

電気ブランは全部で2種類

電気ブランは以下の通り、全部で2種類あります。

・電気ブラン
・電気ブランオールド


種類によってアルコール度数が違うので、自分のお酒の強さに合わせて頼むのが得策です。次章以降で2種類の電気ブランについて、神谷バーでの値段も交えて詳しく説明します。

種類①電気ブラン

出典:https://item.rakuten.co.jp/kuranosuke/25345/?iasid=07rpp_10095___ev-lak8gpmp-7c-189a57ec-cd2f-4db2-a171-da034c61c550

電気ブランの詳細は、以下の通りです。

・アルコール度数:30度
・カロリー:100mlで184kcal
・値段:一杯300円

口に含むとブランデーのような甘味が感じられるものの、飲み口はすっきりしています。アルコール度数が低めなので、電気ブラン初心者におすすめです。電気ブラン特有の香りに驚いたり、慣れるまでに時間がかかったりする人も少なくありません。

楽天市場|電気ブラン(デンキブラン) リキュール 合同酒精 30度 720ml瓶

種類②電気ブランオールド

出典:https://item.rakuten.co.jp/ledled/9-denki-bran-40/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868&icm_agid=&icm_cid=18638115256&icm_acid=255-776-8501&iasid=wem_icbs_&gclid=CjwKCAiA68ebBhB-EiwALVC-NnVRZSRkDMlKLWlQ1B4sbO2mlRqkrUs_y7iWin3t4kuCiEaH8fskpxoCDwEQAvD_BwE

電気ブランオールドの詳細は、以下の通りです。

・アルコール度数:40度
・カロリー100mlで240kcal
・値段:一杯400円


味わいは30度の電気ブランと変わりませんが、飲んだ後でアルコール度数の高さを実感します。かなり強いお酒ではあるものの、慣れると抵抗なく飲めるようになると評判です。甘さはしっかりと感じられるので、カクテル好きな人は試してみてください。

楽天市場|電気 ブラン オールド 40度 720ml

電気ブランの美味しい飲み方は?

出典:https://twitter.com/yukke_SAKE/status/1301746098436882434?s=20&t=34XfOLEaBz2BuOofkgNWWg

神谷バーで発祥した電気ブランは、独特な飲み方があることで有名です。そのまま飲んでも美味しいですが、通の飲み方を実践してみるのもよいでしょう。ここでは神谷バーで推奨されている、電気ブランの美味しい飲み方について説明します。

電気ブランはビールをチェイサーにして飲むのがメジャーな飲み方

電気ブランはビールをチェイサー代わりにして、飲むのがメジャーな飲み方です。海外ではビールをチェイサーにウイスキーをショットで飲むのが定番ですが、電気ブランの発祥当時に西洋文化を取り入れたのだと考えられます。アルコールに強い人は、ぜひ電気ブランのメジャーな飲み方を試してみましょう。

(*電気ブランの美味しい飲み方について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

電気ブランの美味しい飲み方は?カクテル・つまみのおすすめも紹介!

電気ブランはやばい?失明するとの噂もあるけど本当?

出典:https://twitter.com/eichel_/status/1586186890574561281?s=20&t=34XfOLEaBz2BuOofkgNWWg

電気ブランは長く愛されてきたカクテルである一方で、失明する可能性があるやばいお酒だとの噂が流れているものの、事実ではありません。しかしアルコール度数が高いので、飲み過ぎると悪酔いする可能性はあります。失明するとの噂は、戦後に流通していたメチルアルコールと混同されているだけです。適量を守ることが前提ですが、電気ブランは安心なお酒です。

(*電気ブランはやばいのかについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

電気ブランは悪酔いがやばい?失明する?味や飲み方のおすすめも紹介!

電気ブランと似ている「偽電気ブラン」とは何かも知っておこう

出典:https://twitter.com/kzk_509/status/1591711651937804289?s=20&t=34XfOLEaBz2BuOofkgNWWg

電気ブランだと思って飲んでいたお酒が、実は偽電気ブランだったとの声も聞こえてきます。巷に偽電気ブランが流通しているのかが、気になるところです。ここでは小説に出てきたこともあるらしい、偽電気ブランとは何かについて詳しく説明します。

偽電気ブランは森見登美彦著「夜は短し歩けよ乙女」に出てくるカクテル

偽電気ブランとは、森見登美彦さんの著作である「夜は短し歩けよ乙女」に出てくるカクテルです。秘伝である電気ブランのレシピを研究した結果として生まれたカクテルとして、作品内で紹介されていました。著作が発売された当初は、架空のカクテルと認識されていたようです。

ちなみに偽電気ブランは実際に飲むこともできる

ちなみに現在は、偽電気ブランは実際に飲むことができます。バーであるmoonwalkが「夜は短し歩けよ乙女」の映画化の際に、コラボ期間を設けて提供したのが始まりです。一杯200円と安いので、機会があったら電気ブランと飲み比べてみましょう。

電気ブランとはどんなお酒か知っておこう

日本の浅草で生まれた電気ブランは、100年を超えても愛されるカクテルです。神谷バーまで足を運ぶのが難しくても、通販サイトを利用すると購入することができます。一度電気ブランを飲んで、その味わいを確かめてみましょう。

関連する記事

×