アボカドの中の黒い斑点・筋はカビ?腐ってるの?原因や食べられるか解説!

【野菜ソムリエ監修】アボカドの黒い斑点や筋は食べてよいのでしょうか?カビや腐敗ではないか心配ですね。今回は、アボカドに黒い部分がある理由や食べて良いかどうかの見分け方を紹介します。アボカドが腐るとどうなるかや黒く変色しにくい保存方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 福光佳奈子
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、...
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、おうち時間を充実させるメソッドを様々なカタチで提案している。著書『体にうれしい果実酒・野菜酒・薬用酒200』(秀和システム)は、台湾など世界5か国で翻訳版も出版している。

目次

  1. アボカドが黒いけど大丈夫?
  2. アボカドの中の黒い筋・斑点はカビ?
  3. 黒い筋・斑点は酸化で変色した維管束
  4. カビではないので食べられる
  5. アボカドの皮が黒いのは腐ってる?
  6. アボカドが熟して食べ頃になった証拠
  7. 熟しすぎると腐っている場合もある
  8. アボカドが腐るとどうなる?
  9. ①臭い
  10. ②見た目
  11. ③感触
  12. アボカドの黒く変色しにくい保存方法は?
  13. ①温度管理に気を遣う
  14. ②カット済みの場合は断面をラップで覆う
  15. ③レモン汁をかけて酸化を遅らせる
  16. アボカドの保存期間・賞味期限の目安は?
  17. ①常温保存の場合
  18. ②冷蔵保存の場合
  19. ③冷凍保存の場合
  20. 新鮮なアボカドの選び方も紹介!
  21. ①皮にハリ・ツヤがありしっかりしている
  22. ②ヘタと皮に隙間が無い
  23. ③皮の色が緑~チョコレート色
  24. アボカドが黒いときは見極めが大事

アボカドは皮の色が黒っぽく変化して完熟した後も熟成が進み、そのまま腐ってしまう場合があります。ただし、アボカドは腐り始めても、外見から腐っているかどうかを判断するのは難しいようです。アボカドが腐敗した時に見られる具体的な変化については、次の見出しで見てみましょう。

アボカドが腐るとどうなる?

アボカドが腐った場合、臭いや見た目・感触などで判断できるのでしょうか。ここでは、アボカドが腐った状態の特徴的な、臭い・見た目・感触の変化を紹介するので参考にしてみて下さい。

①臭い

アボカドが腐ると果肉から以下のような臭いがします。

・ツンとした臭い
・ガスっぽい臭い
・酸っぱい臭い

アボカドからこの様な異臭がした時は、果肉に雑菌やカビなどが繁殖して腐っています。買ってきたばかりであっても、切ってみて異臭がした場合は処分した方が良いでしょう。

②見た目

出典:https://pbs.twimg.com/media/EaYZC3jUYAIBEVX?format=jpg&name=medium

腐ったアボカドの見た目には以下の変化が表れます。

・果肉全体が黒っぽい
・白っぽいカビが生えている
・果肉と種子・皮の間に隙間がある


果肉全体が灰色がかったような黒色に変色していて、アボカド本来のきれいな緑色がほとんど見られない場合は腐っていると判断できます。上の写真は実際に腐ったアボカドを写したものですが、種子と果肉の間に隙間ができ、白いカビのようなものがあることが分かります。

(*アボカドにカビが生えても食べられるかについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

アボカドにカビが生えても食べられる?白・黒色など種類別の見分け方を紹介!

③感触

アボカドが腐った時の感触の変化としては、次のような特徴が挙げられます。

・ヘタの部分を押すと浮いたような感触がある
・指で押すと弾力がない
・果肉が柔らかく崩れやすい


アボカドが腐ると果肉が柔らかくなり、形が崩れてきます。また、ヘタ・皮・種子と果肉との間に隙間が出来る為、ヘタの部分を指で押すと空間ができて少し浮いたような感触になるのが特徴です。ヘタを押した時にこのような感触があるアボカドは、果肉が腐っている可能性があるので避けたほうが良いでしょう。

(*アボカドが腐るとどうなるのかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

アボカドの賞味期限は?腐るとどうなる?日持ちする保存法も紹介!

アボカドの黒く変色しにくい保存方法は?

ここからは、酸化によるアボカドの変色を抑えて保存する方法を紹介します。保存方法に気を付ける事で、アボカドの綺麗な薄黄緑色が長持ちするので、アボカドを保存する時の参考にして見て下さい。

①温度管理に気を遣う

アボカドは熱帯雨林が原産地の熱帯フルーツです。そのためバナナやパイナップルといったトロピカルフルーツと同じように、5度以下で保存すると冷害を起こし、また27度を超えると高温障害を起こして果肉が真っ黒に変色してしまいます。

アボカドの保存温度は5度から27度の間が最適で、15度以上になると追熟が始まるので、状態に合わせた温度管理を心がけましょう。

関連する記事

×