リエットとは?パテと違いある?名前の意味や食べ方・作り方など紹介!

リエットとはどんな料理か知っていますか?リエットの名前の意味・由来や味など〈パテ・テリーヌ・ムース〉と違いを比較しながら紹介します。リエットの食べ方・作り方やアレンジレシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. リエットとは?どんな料理?
  2. リエットはフランス発祥の豚肉を使った保存食
  3. リエットの名前の意味・由来
  4. リエットの味・食感
  5. リエットの食べ方は?
  6. ①野菜など食材をディップする
  7. ②パンに塗る
  8. ③パスタと混ぜる
  9. リエットとパテ・テリーヌ・ムースの違いは?
  10. パテについて
  11. ムースについて
  12. テリーヌについて
  13. リエットの基本の作り方
  14. 材料
  15. 作り方・レシピ
  16. リエットのアレンジレシピ
  17. ①サバのリエット
  18. ②きのこのリエット
  19. ③ツナとクリームチーズのリエット
  20. リエットを食べてみよう

リエットとは?どんな料理?

リエットと呼ばれる料理はどのような料理なのでしょうか。リエット発祥の国や、リエットを作るのに必要な材料、名前の意味などについて詳しく見ていきます。

リエットはフランス発祥の豚肉を使った保存食

リエットはフランスが発祥の保存食品で、主に豚肉や鶏肉を脂肪とともに煮て溶かした料理です。細かくした豚肉をラードと塩と合わせて弱火でじっくり煮込むことでクリーミーな食感が生まれ、それを密閉容器に保存することで、長い場合には数か月間保存が可能になります。

豚肉を使ったリエットをポークリエットと呼び、魚を原料にしたリエットと区別することもあります。

(*ラードについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ラードとは健康にいい脂?使い道や活用レシピは?保存方法や賞味期限も紹介!

リエットの名前の意味・由来

リエットとは、フランス語で豚肉の塊という意味を持ち、豚肉を刻んで細かくした後に煮込んで作られることが名前の由来になったとされています。元々は豚肉を使った料理を意味していましたが、最近では豚肉を使っていなくても同じような調理法で作られたものがリエットと呼ばれています。

リエットの味・食感

リエットは細かくした豚肉をラードと塩と一緒に煮詰めていく料理なので、豚肉の濃厚な味を感じることができます。ラードを使用していますが、口に入れた時には油がとろけるのでしつこさは感じません。塩気も強く感じることができるので、お酒が進むおつまみにもなります。

リエットの食べ方は?

リエットは豚肉とラード、塩を煮詰めて作ったフランス料理だと分かりましたが、どのようにして食べる料理なのでしょうか。リエットのおすすめの食べ方をいくつか紹介します。

①野菜など食材をディップする

濃厚な味わいのリエットは、野菜などのさっぱりとした味の食材との相性が抜群です。旬の野菜をスティック状にカットして、リエットをディップして食べれば、たくさんの野菜を食べることができるでしょう。この食べ方は、お酒のおつまみとしてもおすすめです。

②パンに塗る

バゲットなどの硬めのパンを軽くトーストし、そこにリエットを好みの量乗せて食べるのは、リエットの本場であるフランスでもオーソドックスな食べ方です。塩気の強いリエットとパンの相性はとてもよく、他の野菜と一緒にサンドイッチの具材にするのもおすすめです。

③パスタと混ぜる

リエットを茹でたパスタに混ぜると、パスタによく絡んで美味しく食べることができます。リエットそのものの塩気が強く、豚肉の味も濃厚なのでリエットだけで味が決まり簡単においしいパスタを作ることができます。リエットは保存がきくので、大量に作っておけば、忙しい日にも簡単にメインの一皿を仕上げることができるでしょう。

リエットとパテ・テリーヌ・ムースの違いは?

リエットは滑らかな食感が特徴的なフランス料理ですが、同じような見た目をしたパテやテリーヌ、ムースとはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの料理の特徴とリエットとの違いを見ていきます。

パテについて

パテは肉や野菜などの素材をミンチ状にして、パイ生地で包み焼いた料理のことを指します。ただし、現在ではパイ生地で包んで焼かないリエットのように滑らかにした料理をパテと呼ぶことがあり、違いがあいまいになっています。

ムースについて

泡が語源となっているムースは、生クリームや卵白を泡立てたものを具材と混ぜて蒸し焼きにするか、冷やし固めた料理を指します。しかし、ムースをパテとして提供する料理店もあることから、厳格に区別されてはいない場合もあるようです。

(*ムースについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ムースとは?ババロアやパンナコッタなどと違いは?作り方・レシピも紹介!

テリーヌについて

肉や野菜、魚介類などを原料として、それらをペーストかミンチ状にしたものを専用の方に流し込んで焼いたものがテリーヌです。そもそもテリーヌとは料理の名前ではなく調理の際に使用する型の名前で、テリーヌ型に材料を入れて調理したものをテリーヌと呼びます。

テリーヌは基本的には焼き上げる料理ですが、ゼラチンを混ぜて冷やし固める調理法が近年確立されてきていることに加えて、型の形も様々な種類のものがあり多様な食べ方で提供される料理であると言えます。

(*テリーヌについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

テリーヌとは?パテやリエットとの違いは?名前の意味やレシピのおすすめを紹介!

リエットの基本の作り方

リエットがパテやテリーヌなどとは違う料理であることがわかりましたが、リエットの作り方はどのようなものなのでしょうか。具体的な作り方と材料を紹介していきます。

材料

(4人分)
・豚バラブロック肉 500g
・玉ねぎ 1/2個
・ニンニク 1片
・塩 小さじ1
・白ワイン 大さじ1
・白ワイン 100cc
・水 250cc
・ブーケガルニ 適量

作り方・レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/5487830

塩を振りかけた豚バラ肉をじっくり煮込み、柔らかくなったらヘラでつぶして滑らかなペーストにします。それを塩コショウで味を調えれば保存の効くリエットの完成です。このレシピでは油を冷やし固めて除去するので、くどくなくさっぱりとした味を楽しむことができます。

ポークリエット by がーべら☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

リエットのアレンジレシピ

リエットの基本の作り方がわかりましたが、他の材料を使ってもリエットを作ることはできるのでしょうか。リエットの様々なアレンジレシピを見ていきます。

①サバのリエット

出典:https://cookpad.com/recipe/6236169

手に入りやすいサバの水煮をフードプロセッサーに入れて、玉ねぎ・レモン汁などの材料と一緒にペースト状になるまでかけて仕上げたサバのリエットのレシピです。レモン汁と合わせることでさっぱりとした味わいを楽しむことができます。

☺簡単♪レモン風味のさばのリエット☺ by hirokoh 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

②きのこのリエット

出典:https://cookpad.com/recipe/6321012

豚肉を使用せず、インゲン豆やしいたけ、マッシュルームをフードプロセッサーでペースト状にしたリエットです。材料がキノコや豆類なので豚のリエットよりヘルシーになりますが、食べ応えは十分にあります。

きのこのリエット by JuJuKueche 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

③ツナとクリームチーズのリエット

出典:https://cookpad.com/recipe/4822987

溶かしたバターとクリームチーズを混ぜ合わせて、そこにツナ缶と調味料を入れるだけで完成する手軽なリエットのレシピです。クリームチーズとツナの相性が良く、お酒のおつまみにもぴったりの味になります。

ツナとクリームチーズのリエット風 by sachi825 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

リエットを食べてみよう

リエットとはどのような料理か、その発祥地や作り方、パテなどの違いなどについて解説しました。リエットは保存がきく上に色々な食べ方もできるので、多めに作っておいて冷蔵庫にストックしておくのもおすすめです。アレンジレシピも多くあるので、いろいろな食べかたを試してみましょう。

関連する記事

×