世界のゲテモノ料理ランキングTOP30|味わい・臭いなど体験談とともに紹介!

世界にはどんなゲテモノ料理があるかを知っていますか?今回は、世界・日本のゲテモノ料理ランキングTOP30を、食べた人の口コミとともに一覧で紹介します。日本で食べられるゲテモノ料理についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ゲテモノ料理が世界・日本に沢山…!
  2. 世界のゲテモノ料理ランキングTOP30!
  3. 30位:タガメ(タイ)
  4. 29位:カブトガニ(マレーシア)
  5. 28位:ポンテギ(韓国)
  6. 27位:ピュラチレンシス(ペルー)
  7. 26位:エスカモーレ(メキシコ)
  8. 25位:カエル(中国)
  9. 24位:ベジマイト(オーストラリア)
  10. 23位:蜂の子(日本)
  11. 22位:ワニ(オーストラリア)
  12. 21位:ユムシ(中国)
  13. 20位:ウイトラコチェ(メキシコ)
  14. 19位:スヴィズ(アイスランド)
  15. 18位:テンジクネズミ(ペルー)
  16. 17位:コウモリ(パラオ共和国)
  17. 16位:カメムシ(メキシコ)
  18. 15位:臭豆腐(中国)
  19. 14位:ハカール(アイスランド)
  20. 13位:キビヤック(アラスカ)
  21. 12位:ホンオフェ(韓国)
  22. 11位:シュールストレミング(スウェーデン)
  23. 10位:童子蛋(中国)
  24. 9位:毒蛇(ベトナム)
  25. 8位:犬(中国)
  26. 7位:ロッキーマウンテン・オイスター(アメリカ)
  27. 6位:カイモッデーン(タイ)
  28. 5位:タランチュラ(カンボジア)
  29. 4位:ゴキブリ(マダガスカル)
  30. 3位:カースマルツゥ(イタリア)
  31. 2位:バロット(中国)
  32. 1位:いもむし(ベネズエラ)
  33. 世界のゲテモノ料理で日本で食べられるのは?
  34. ①食べられる昆虫シリーズ ミックスバグ 15g 塩味(1850円)
  35. ② ミートガイ クロコダイルつめ (ワニ肉)(3060円)
  36. ③シュールストレミング300g(5940円)
  37. ゲテモノ料理を食べてみよう

世界のゲテモノ料理の中でも、インパクトのある見た目なものといえばスヴィズで、羊の頭を丸焼きにした料理です。島国であるアイスランドは厳しい気候で知られており、貴重なたんぱく源である羊を余すことなく食べるために、この料理が考案されました。市場でも羊の頭が二分割されて販売されています。

味は普通の羊肉と変わらず、特に頬肉が美味しいといわれています。魚と同様に目の周りは栄養価が高いので、好んで食べられているようです。またスヴィズを盛りつける際には、メインの客に顔の正面を向ける風習があります。見た目を乗り越えられれば、美味しく食べられるゲテモノ料理といえるでしょう。

18位:テンジクネズミ(ペルー)

出典:https://sekaitravel.net/bizzare-foods/

ペルーのレストランだけでなく屋台でも提供されている食材に、テンジクネズミがあります。世界のゲテモノ料理ランキングで18位に入るのは、ネズミそのものの見た目のインパクトが大きいからでしょう。ペルーではテンジクネズミをクイと呼んでおり、モルモットに分類されます。

クイのは日本のネズミの約3~4倍もの大きさがあり、姿焼きとして提供される際には皮が北京ダックのように仕上がります。現地では高級料理とされており、食べやすい大きさにその場でカットしてくれるようです。

なお、調理法としては焼いたり油で揚げたりしてから、ネギやじゃがいも、ニンニクで調味するケースが多いようです。見た目に抵抗感がある人も実際に口にすると、脂身のない鶏肉のような味なので美味しく食べられます。しかし鶏肉と比べると、テンジクネズミの肉は噛み応えがあります。

17位:コウモリ(パラオ共和国)

出典:https://rocketnews24.com/2017/11/10/979073/

ミクロネシアにはコウモリを食べる文化があるため、パラオ共和国でも様々な料理に用いられています。中でも世界のゲテモノ料理にランクインするのは、コウモリのスープです。コウモリの見た目そのままで提供されるので、初めて食べる人は驚きを隠せない一品です。

しかし実際に食べてみると、食感や味は鶏肉とほぼ変わりません。しかしコウモリにはそれほど多くの肉がついていないため、骨ばかりの印象を受けることが多いです。またコウモリの形状そのままに、焼いて提供してくれる店もあるそうです。

16位:カメムシ(メキシコ)

出典:https://jiburi.com/mushi/

メキシコは古くから昆虫食をしていることが知られていますが、中でもカメムシを使ったものは世界のゲテモノ料理にラインナップされます。これは先住民族の食習慣の名残りで、昆虫を食べることでカルシウムやプロテインを摂取していました。カメムシの中でもフミレスと呼ばれる種類が、旬を迎える10~5月に提供されます。

カメムシは生きたまま炒めて、タコスやサルサに入れて食べるのが一般的です。食感はカリカリしており、シナモンに似た独特な香りがあります。カメムシは日本では臭い虫のイメージが強いですが、メキシコの人にはそうした印象はなく、生食や串焼きにして食べることも珍しくありません。

15位:臭豆腐(中国)

出典:https://ameblo.jp/guguhoho/entry-12483497696.html

世界のゲテモノ料理には臭いが強いものも多いですが、臭豆腐もその一つです。臭豆腐はカビを生やした豆腐を塩水に漬けるものと、植物が由来の発酵液に豆腐を漬けるものの2種類があります。前者は中国で、後者は台湾で主につくられているものです。臭豆腐の臭い指数を計ると実は納豆と変わらないので、日本人には抵抗感を持たない人も少なくありません。

世界のゲテモノ料理にラインナップされている臭豆腐はニンニクが入っており、キュウリやキャベツが付け合わせになるのが一般的です。中国には黒い臭豆腐もあり、発酵食品ならではの臭いはあるものの味は美味しいと評判です。

台湾の臭豆腐は中国のものより臭いが強烈とされていますが、口に含むと気にならなくなり、甘めの醤油ダレとネギとの相性が抜群でビールにもよく合うようです。

(*臭豆腐について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

臭豆腐とは?どんな臭い・味?作り方や食べ方・レシピのおすすめも紹介!

関連する記事