世界のゲテモノ料理ランキングTOP30|味わい・臭いなど体験談とともに紹介!

世界にはどんなゲテモノ料理があるかを知っていますか?今回は、世界・日本のゲテモノ料理ランキングTOP30を、食べた人の口コミとともに一覧で紹介します。日本で食べられるゲテモノ料理についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ゲテモノ料理が世界・日本に沢山…!
  2. 世界のゲテモノ料理ランキングTOP30!
  3. 30位:タガメ(タイ)
  4. 29位:カブトガニ(マレーシア)
  5. 28位:ポンテギ(韓国)
  6. 27位:ピュラチレンシス(ペルー)
  7. 26位:エスカモーレ(メキシコ)
  8. 25位:カエル(中国)
  9. 24位:ベジマイト(オーストラリア)
  10. 23位:蜂の子(日本)
  11. 22位:ワニ(オーストラリア)
  12. 21位:ユムシ(中国)
  13. 20位:ウイトラコチェ(メキシコ)
  14. 19位:スヴィズ(アイスランド)
  15. 18位:テンジクネズミ(ペルー)
  16. 17位:コウモリ(パラオ共和国)
  17. 16位:カメムシ(メキシコ)
  18. 15位:臭豆腐(中国)
  19. 14位:ハカール(アイスランド)
  20. 13位:キビヤック(アラスカ)
  21. 12位:ホンオフェ(韓国)
  22. 11位:シュールストレミング(スウェーデン)
  23. 10位:童子蛋(中国)
  24. 9位:毒蛇(ベトナム)
  25. 8位:犬(中国)
  26. 7位:ロッキーマウンテン・オイスター(アメリカ)
  27. 6位:カイモッデーン(タイ)
  28. 5位:タランチュラ(カンボジア)
  29. 4位:ゴキブリ(マダガスカル)
  30. 3位:カースマルツゥ(イタリア)
  31. 2位:バロット(中国)
  32. 1位:いもむし(ベネズエラ)
  33. 世界のゲテモノ料理で日本で食べられるのは?
  34. ①食べられる昆虫シリーズ ミックスバグ 15g 塩味(1850円)
  35. ② ミートガイ クロコダイルつめ (ワニ肉)(3060円)
  36. ③シュールストレミング300g(5940円)
  37. ゲテモノ料理を食べてみよう

(*ベジマイトについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

ベジマイトとは?味わい・原料や栄養価は?食べ方・活用レシピのおすめも紹介!

23位:蜂の子(日本)

出典:https://www.cbshop.jp/shop/chinmi/hatinoko.php

日本の一部地域で食べられている蜂の子も、世界のゲテモノ料理にランクインしています。小さな芋虫のような見た目の蜂の子は、古くから山間部において動物性のタンパク源として食べられてきました。なお、日本ではクロスズメバチの幼虫が用いられることが多いです。

蜂の子と聞くと佃煮をイメージする人が多いと考えられますが、炒め物や蒸し物、炊き込みご飯の具材としても用いられています。味は濃厚ながらも淡泊で食感はまったりとしており、お酒のおつまみにもよい珍味です。ビタミンやミネラル、アミノ酸が含まれている栄養価の高い日本のゲテモノ料理は、試してみる価値のある美味しさです。

22位:ワニ(オーストラリア)

出典:https://chinniku.nav1.net/gator/


*購入サイト|楽天市場*
ワニ肉 50g オーストラリア産 冷凍

肉食の捕食者のイメージが強いワニですが、オーストラリアをはじめアフリカや東南アジアでは食べられており、世界のゲテモノ料理にラインナップされています。その理由は、写真映えを意識して爪や皮膚を残したまま提供するレストランが多く、ワイルドなイメージがあるからでしょう。

しかし表皮の硬さとは裏腹に身は淡泊で、鶏肉を思わせる味わいなので、ステーキやスープにすると美味しいです。臭みもなく適度に脂ものっているので、照り焼きにしても美味しく仕上がります。ワニ肉は和洋中どの料理にも活用できるうえ、日本でも購入可能なのでぜひ試してほしい食材です。

21位:ユムシ(中国)

出典:https://blog.goo.ne.jp/n-hayataro/e/9c99ad11be475113c39cd40ac89edcdb

ユムシは日本では釣り餌として用いられることが多いですが、中国や韓国では食材として使われています。ミミズを太らせて太くしたような見た目がグロテスクなことから、世界のゲテモノ料理にその名前を連ねています。中国や韓国でユムシを調理する際には、串焼きにしたり炒めたりするだけでなく、刺身として提供されることもある食材です。

またユムシは日本でも食べる地域があり、その場合は干物や味噌和えにするほか、珍味に加工されることもあります。刺身として食べるのに抵抗があっても、加工食品は美味しく食べられる人も少なくありません。また見た目はグロテスクですが、ユムシはアミノ酸が多く含まれているため、刺身で食べるとミル貝やツブ貝のような甘みがあるまろやかさを堪能できます。

日本国内では北海道の石狩市でも「るっつ」と呼ばれるユムシ料理が食べられるので、興味がある人は足を運んでみると良いでしょう。なお、ユムシはしゃぶしゃぶにするのもおすすめだそうです。

20位:ウイトラコチェ(メキシコ)

出典:https://jiburi.com/huitlacoche/

メキシコの裏グルメと評されることのあるウイトラコチェは、トウモロコシに生えるキノコを指します。キノコといってもカビの一種なので、ついてしまうとトウモロコシが真っ黒になり、グロテスクな見た目になることから世界のゲテモノ料理に認定されているのです。

ウイトラコチェを食べる際には他の食材と一緒に調理するのが基本で、生食するとほろ苦いことからニンニクやハーブと煮込まれることが多く、煮込むことで苦味が消えます。またウイトラコチェの食感は鶏レバーやトリュフに例えられることが多く、そこに魅力を感じる人も珍しくありません。

(*ウイトラコチェについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

関連する記事

×