世界のゲテモノ料理ランキングTOP30|味わい・臭いなど体験談とともに紹介!

世界にはどんなゲテモノ料理があるかを知っていますか?今回は、世界・日本のゲテモノ料理ランキングTOP30を、食べた人の口コミとともに一覧で紹介します。日本で食べられるゲテモノ料理についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ゲテモノ料理が世界・日本に沢山…!
  2. 世界のゲテモノ料理ランキングTOP30!
  3. 30位:タガメ(タイ)
  4. 29位:カブトガニ(マレーシア)
  5. 28位:ポンテギ(韓国)
  6. 27位:ピュラチレンシス(ペルー)
  7. 26位:エスカモーレ(メキシコ)
  8. 25位:カエル(中国)
  9. 24位:ベジマイト(オーストラリア)
  10. 23位:蜂の子(日本)
  11. 22位:ワニ(オーストラリア)
  12. 21位:ユムシ(中国)
  13. 20位:ウイトラコチェ(メキシコ)
  14. 19位:スヴィズ(アイスランド)
  15. 18位:テンジクネズミ(ペルー)
  16. 17位:コウモリ(パラオ共和国)
  17. 16位:カメムシ(メキシコ)
  18. 15位:臭豆腐(中国)
  19. 14位:ハカール(アイスランド)
  20. 13位:キビヤック(アラスカ)
  21. 12位:ホンオフェ(韓国)
  22. 11位:シュールストレミング(スウェーデン)
  23. 10位:童子蛋(中国)
  24. 9位:毒蛇(ベトナム)
  25. 8位:犬(中国)
  26. 7位:ロッキーマウンテン・オイスター(アメリカ)
  27. 6位:カイモッデーン(タイ)
  28. 5位:タランチュラ(カンボジア)
  29. 4位:ゴキブリ(マダガスカル)
  30. 3位:カースマルツゥ(イタリア)
  31. 2位:バロット(中国)
  32. 1位:いもむし(ベネズエラ)
  33. 世界のゲテモノ料理で日本で食べられるのは?
  34. ①食べられる昆虫シリーズ ミックスバグ 15g 塩味(1850円)
  35. ② ミートガイ クロコダイルつめ (ワニ肉)(3060円)
  36. ③シュールストレミング300g(5940円)
  37. ゲテモノ料理を食べてみよう

*購入サイト|楽天市場*
王致和臭豆腐3点セット 330g×3 中国産

世界のゲテモノ料理には臭いが強いものも多いですが、臭豆腐もその一つです。臭豆腐はカビを生やした豆腐を塩水に漬けるものと、植物が由来の発酵液に豆腐を漬けるものの2種類があります。前者は中国で、後者は台湾で主につくられているものです。臭豆腐の臭い指数を計ると実は納豆と変わらないので、日本人には抵抗感を持たない人も少なくありません。

世界のゲテモノ料理にラインナップされている臭豆腐はニンニクが入っており、キュウリやキャベツが付け合わせになるのが一般的です。中国には黒い臭豆腐もあり、発酵食品ならではの臭いはあるものの味は美味しいと評判です。

台湾の臭豆腐は中国のものより臭いが強烈とされていますが、口に含むと気にならなくなり、甘めの醤油ダレとネギとの相性が抜群でビールにもよく合うようです。

(*臭豆腐について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

臭豆腐とは?どんな臭い・味?作り方や食べ方・レシピのおすすめも紹介!

14位:ハカール(アイスランド)

出典:https://world-food.info/hakarl

世界のゲテモノ料理においてもその臭いの強烈さで知られているものに、ハカールがあります。ハカールはアイスランドの名物で、グリーンランド・ シャークもしくはウバザメから骨を取り除き、2~4ヶ月かけて発酵・乾燥させたものです。サメ肉が発酵する過程で強いアンモニア臭を放つようになるため、世界のゲテモノ料理に認定されています。

ハカールはキューブ状に切って食べる珍味の一種で、つまようじなどで刺して食べるのが一般的です。口に含むと強烈なアンモニアの臭いが広がり、食感は柔らかいゴムに似ています。アイルランドのブレニヴィーンと呼ばれる酒と合わせると美味しいとされています。

(*ハカールについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

アイスランド料理「ハカール」とは?臭い・味わいの特徴は?日本の販売情報も紹介!

13位:キビヤック(アラスカ)

出典:https://travel-star.jp/posts/24714

世界のゲテモノ料理の中でも臭い食べ物として上位につけているのが、キビヤックです。アラスカのエスキモーやイヌイットが保存食としてつくってきた伝統的な食品で、アザラシの体内に数多くの海鳥を詰めてから地中に埋めて発酵させます。土に埋めてから2ヶ月以上、発酵・熟成させるのですが、その臭いは強烈です。

そしてキビヤックが世界のゲテモノ料理にランクインする理由は、その食べ方とも関係します。アザラシの体内に詰めた海鳥の羽根をむしった後、その肛門から発酵によって液状化した内臓をすすって食べる、独特な食べ方をするのです。

残った海鳥の肉も皮を取り除いて食べ、頭蓋骨の中身も余すことなく口にします。強い臭いはあるものの、濃厚な鶏肉の味わいが感じられるそうです。

(*キビヤックの味について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

キビヤックの味は?食べてみた人の感想は?作り方や食べ方など徹底調査!

12位:ホンオフェ(韓国)

出典:https://www.konest.com/contents/gourmet_guide_detail.html?sc=2092

ガンギエイと呼ばれるエイの一種を壺などに入れ、発酵させて作る韓国のホンオフェも、臭いの強烈さによって世界のゲテモノ料理にランクインする一品です。しかし韓国の一部地域では冠婚葬祭の場で提供される、高級料理となっています。ホンオフェは、その発酵の過程で強いアンモニア臭を発し、その臭い指数は納豆の14倍にもなるそうです。

ホンオフェはポッサムと呼ばれる豚肉とキムチを合わせて食べるのが一般的で、生ニンニクとテンジャンをのせます。口に含むとツンとした刺激臭を感じるものの、旨味が感じられます。また軟骨がついているため、コリコリした食感も楽しめるでしょう。

関連する記事

×