おでんの具材人気ランキング35選!関西・関東で違う?変わり種も紹介!

おでんの具材を何にするか迷ったことはありませんか?今回は、<定番・肉・野菜・魚介・練り物・変わり種>別におでんの具材をランキング形式で35選を紹介します。関東・関西別の具材ランキングも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. おでんの具といえば?何がある?
  2. おでんの具ランキングを関東・関西で比べてみよう
  3. おでんの具材ランキングTOP6【定番】
  4. 6位:しらたき
  5. 5位:ちくわ
  6. 4位:こんにゃく
  7. 3位:餅入り巾着
  8. 2位:ゆで卵
  9. 1位:大根
  10. おでんの具材ランキングTOP6【肉】
  11. 6位:豚足
  12. 5位:豚バラ
  13. 4位:手羽先
  14. 3位:ロールキャベツ
  15. 2位:ウインナー
  16. 1位:牛すじ串
  17. おでんの具材ランキングTOP6【野菜】
  18. 6位:にんじん
  19. 5位:しいたけ
  20. 4位:トマト
  21. 3位:里芋
  22. 2位:昆布
  23. 1位:じゃがいも
  24. おでんの具材ランキングTOP6【魚介類・海鮮】
  25. 6位:ぶり
  26. 5位:ホタテ
  27. 4位:あさり
  28. 3位:いか
  29. 2位:かに
  30. 1位:たこ
  31. おでんの具材ランキングTOP6【練り物】
  32. 6位:ごぼう巻き
  33. 5位:ちくわぶ
  34. 4位:つみれ
  35. 3位:がんもどき
  36. 2位:さつま揚げ
  37. 1位:はんぺん
  38. おでんの具材ランキングTOP5【変わり種】
  39. 6位:馬すじ
  40. 5位:春菊
  41. 4位:スパム
  42. 3位:玉ねぎ
  43. 2位:シュウマイ
  44. 1位:だし巻き卵
  45. おでんのレシピのおすすめを紹介!
  46. 材料
  47. 作り方・手順
  48. おでんの具材を色々試してみよう!

あさりは味噌汁に使ってもその旨みを感じられて美味しいですが、おでんに入れても美味しい出汁が出ます。あさりを入れる場合は、塩水に2時間以上つけて砂抜きをしてからよく洗って使いましょう。煮込みすぎると身が小さく硬くなってしまうので気をつけてください。

3位:いか

いかは練り物にも使われますが、いかそのものをおでんに入れても意外によく合います。おでんの中にいかを入れれば、かみごたえがあって美味しいです。いかはよく洗ったら食べやすい大きさに切り、硬くならないように弱火でじっくり煮てください。

2位:かに

かにも鍋料理には定番の具材ですが、おでんに入れれば彩りもよく豪華なおでんになります。石川県はかにの産地としても有名で、石川県のおでんの場合にはかには定番の具材です。なお、かには殻を剥いてからおでんの出汁に入れて煮込んでください。

1位:たこ

たこはしゃぶしゃぶなどの鍋料理で食べられることがありますが、関西では定番のおでんの具材です。そのままおでんの出汁で煮ると出汁が赤くなってしまうので、下ゆでしてから一口大にカットし、串に刺して食べてください。

おでんの具材ランキングTOP6【練り物】

おでんの具材といえば練り物も基本の具材で、色々な種類のものが売られています。練り物は魚をすりつぶして作るので味は似ていますが、形や具材が豊富で目を楽しませてくれます。ここではそんな練り物の中から、おでんの具材として人気のものを6つ紹介しましょう。

6位:ごぼう巻き

ごぼう巻きはさつま揚げの中にごぼうが入っているもので、西日本ではごぼう天と言われます。ごぼうの香りとぽりぽりした食感が美味しい練り物で、熱湯をかけて油抜きをしてからおでんの出汁の中に入れると美味しく食べることができます。

5位:ちくわぶ

ちくわぶは関東のおでんの定番具材ですが、他の地域ではあまり食べられない具材です。形はちくわに似ていますが、小麦粉を練って作った麩なのでちくわぶと呼ばれています。もちもちした食感と味がしみやすいことが特徴で、下ゆでしてからおでんの出汁の中で煮込むと粉っぽさがなくなります。

(*ちくわぶについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ちくわぶとは?「ちくわ」と違いある?名前の由来や味・作り方なども紹介!

関連する記事

×