柿の品種ランキングTOP17!甘い・糖度が高い順に紹介!

【サカヤ農園監修】柿の種類・品種数はどれくらいか知っていますか?今回は、柿の品種を糖度・甘さの高い順ランキング17選で〈味・旬の時期・産地・大きさ・値段・硬さ〉など特徴で比較しつつおすすめを紹介します。柿の選び方・見分け方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |その他の専門家 狩野尚希
HP
Facebook
Instagram
YouTube
サカヤ農園園主。100年の歴史を持つ幻のブランド柿「天野柿」のほか、イチジク、カンキツ類およびトウモロコシを栽培している。...
HP
Facebook
Instagram
YouTube
サカヤ農園園主。100年の歴史を持つ幻のブランド柿「天野柿」のほか、イチジク、カンキツ類およびトウモロコシを栽培している。柿のネット通販では毎年予約開始から半日で主力商品が完売する。記事を通じて皆様に柿の魅力をお伝えしたい。

目次

  1. 柿とは?品種数はどれくらい?
  2. 柿は世界で1000種以上ある
  3. 柿の平均糖度
  4. 柿の品種の糖度ランキングTOP17!人気・高級ブランド品など紹介!
  5. 第17位:次郎柿(14度)
  6. 同率第15位:平核無柿(14度)
  7. 同率第15位:刀根早生柿(14度)
  8. 第14位:おけさ柿(14〜16度)
  9. 同率第12位:富有柿(16度)
  10. 同率第12位:筆書(16度)
  11. 第11位:水島柿(16〜17度)
  12. 第10位:太秋柿(17度)
  13. 第9位:富士柿(16〜18度)
  14. 同率第7位:陽豊柿(17〜18度)
  15. 同率第7位:紀の川柿(17〜18度)
  16. 同率第5位:横野柿(20度)
  17. 同率第5位:吉美人(20度)
  18. 第4位:花御所柿(20度以上)
  19. 第3位:あんぽ柿(40〜50度)
  20. 第2位:枯露柿(60度)
  21. 第1位:市田柿(65度)
  22. 柿の選び方・見分け方は?
  23. 柿の種類は様々

柿とは?品種数はどれくらい?

柿は日本で古くから親しまれている、秋を代表する美味しい果物のひとつです。旬を迎えると数種類の柿がスーパーの店頭に並んでいるのを見かけますが、柿にはどのくらいの品種が存在しているのでしょうか。まずは柿の品種数や、甘さなどについて紹介します。

柿は世界で1000種以上ある

現在日本で栽培されている柿は、中国が原産地であるとされています。しかし今では、日本から海外へと輸出される果物となりました。柿の品種改良は世界中で進み、現在1000種以上の品種があると言われています。柿の旬は種類によりますが、最も収穫されるのは10月から11月にかけてです。この時期に採れた柿は甘くて美味しく、栄養価も高くなっています。

(*柿の種類や品種について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

柿の種類や人気品種の一覧!旬・味・形など特徴や甘柿と渋柿の見分け方についても紹介!

狩野尚希

サカヤ農園

甘柿の種を採って育てても育ててもそのほとんどは渋柿になるそうです。これは渋柿の遺伝子が顕性(優性)で、柿が甘柿となる遺伝子が潜性(劣性)のためです。そのため柿の品種の多くは渋柿で、甘柿の種類は限られています。

柿の平均糖度

柿は含まれる渋み成分タンニンの性質により、甘柿と渋柿に分けられます。渋柿に含まれるのが水溶性タンニン、甘柿に含まれるのが不溶性タンニンです。渋柿の水溶性タンニンは口の中で溶けだすため、人の味覚で甘みよりも渋みを強く感じます。一方、甘柿の不溶性タンニンは口の中で溶けないため渋みを感じず、甘みを強く感じて美味しいのです。

甘味の強さは糖度で表されますが、柿の平均糖度は16度程度と言われています。渋柿は干すことで水溶性タンニンが不溶性になり、さらに水分が抜けて糖分が凝縮されるので、甘柿よりも甘い干し柿になるものもあります。

柿の品種の糖度ランキングTOP17!人気・高級ブランド品など紹介!

柿は世界で1000種以上の品種が存在しており、種類によって甘さに差があります。ここからは、甘味の強さを表す糖度の順に柿の品種を並べたランキングを紹介します。

第17位:次郎柿(14度)

出典:https://twitter.com/mizuki_nakano/status/1319831754346090496?s=20

・主産地:愛知県
・旬の時期:10月下旬〜12月初旬
・大きさ:大きい
・硬さ:硬い
・値段:500円(Lサイズ1kg)
・味わい:あっさりした甘み


甘柿の代表的な品種ですが、富有柿より甘味や果汁は少なめで、さくさくと硬い食感が特徴です。種がほとんど入っていないので食べやすく、価格も手頃で人気があります。

同率第15位:平核無柿(14度)

・主産地:山形県
・旬の時期:10月下旬~11月下旬
・大きさ:やや大きい
・硬さ:やや硬い
・値段:400〜700円(1kg)
・味わい:果汁が多く、程よく甘い

ひらたねなしがき、と呼ぶこの柿の最大の特徴は、名前の通り種がないことです。そのためとても食べやすく、価格も手頃なので人気が高い品種のひとつです。

同率第15位:刀根早生柿(14度)

・主産地:和歌山県
・旬の時期:9月下旬~10月下旬
・大きさ:平核無柿と同程度
・硬さ:やや硬い
・値段:400〜700円(1kg)
・味わい:果汁が多く、程よく甘い


とねわせがき、と呼ぶこの柿は、平核無柿が突然変異して誕生した品種です。平核無柿と比べると、種がなく扁平な四角形である点は似ていますが、平核無柿よりも2週間程早く収穫できます。

第14位:おけさ柿(14〜16度)

出典:http://asamana-farm.blog.jp/archives/4208669.html

・主産地:新潟県
・旬の時期:9月下旬~11月中旬
・大きさ:大きい
・硬さ:柔らかい
・値段:600〜700円(Lサイズ1kg)
・味わい:濃厚な甘みがある


新潟県で生産されている、平核無柿の美味しいブランド品種です。果肉の色が濃く、脱渋された渋柿の、とろけるような甘さと柔らかい食感が特徴です。

同率第12位:富有柿(16度)

・主産地:奈良県
・旬の時期:11月〜12月上旬
・大きさ:大きい
・硬さ:柔らかい
・値段:900円(Lサイズ1kg)
・味わい:程よく甘い


国内で最も生産量が多い、甘柿の代表的な品種です。岐阜県が原産地ですが、現在では奈良県五條市や福岡県うきは市など日本各地で生産されています。お取り寄せできる上質で高級な富有柿もありますが、手頃なものは1個100円程度で購入できます。

同率第12位:筆書(16度)

出典:https://plaza.rakuten.co.jp/so1947/diary/202109270000/

・主産地:愛知県
・旬の時期:9月下旬〜10月
・大きさ:小さい
・硬さ:柔らかい
・値段:1,200〜1,400円(1kg)
・味わい:なめらかな食感で程よく甘い

やや小ぶりで、筆先のように細長い形をした甘柿です。皮が比較的薄いのでそのまま食べられますが、干し柿にすると水分が抜けてより濃厚な甘みを楽しめます。

第11位:水島柿(16〜17度)

出典:https://twitter.com/ittoumono/status/1318746107308953601?s=20

・主産地:富山県
・旬の時期:9月下旬~10月下旬
・大きさ:大きい
・硬さ:柔らかい
・値段:600〜700円(1kg)
・味わい:ほのかな渋みと甘みがある


果肉が柔らかく、ごまのような黒い点があるのが特徴の甘柿です。富山県の在来種であるため他県ではあまり流通していないので、お取り寄せで味わってみてください。

第10位:太秋柿(17度)

・主産地:熊本県
・旬の時期:10月中旬〜11月中旬
・大きさ:とても大きい
・硬さ:やや柔らかい
・値段:700〜1,000円(1kg)
・味わい:果汁が多くて甘い


富有柿をベースに品種改良されていますが、梨のような独特の歯触りが楽しめる甘い柿です。熟しても果皮が青みがかっている、大玉になる傾向があるなどの特徴もあります。

第9位:富士柿(16〜18度)

・主産地:愛媛県
・旬の時期:10月下旬〜11月下旬
・大きさ:とても大きい
・硬さ:やや柔らかい
・値段:700〜1,000円(1kg)
・味わい:まろやかな甘みがある


へたを下にして伏せて置くと富士山のように見える形から、富士柿と名付けられました。とても大きく種がないので、食べ応えのある美味しい柿のひとつです。

同率第7位:陽豊柿(17〜18度)

出典:https://twitter.com/ka_me_Ryu_Z_thN/status/1464088209839693832?s=20

・主産地:岐阜県
・旬の時期:10月下旬〜12月初旬
・大きさ:大きい
・硬さ:やや硬い
・値段:800〜900円(3Lサイズ1kg)
・味わい:果汁が多くて甘い


富有柿と次郎柿を交配させて作られた甘柿で、形は富有柿に似ています。ほとんどが種無しで食べやすく、甘味が強いためとても美味しい品種です。しかし生産量がとても少ないので、お取り寄せして食べてみてください。

同率第7位:紀の川柿(17〜18度)

・主産地:和歌山県
・旬の時期:10月下旬〜11月中旬
・大きさ:平核無柿と同程度
・硬さ:柔らかい
・値段:2,300円(3Lサイズ1kg)
・味わい:果汁が多くてとても甘い


渋柿の平核無柿を樹木に実らせたまま脱渋して完熟させるため、果皮が赤く色づいています。特徴的な果肉のごま状の黒い点は、渋みが抜けたタンニンです。黒い点が多いほど甘味のある証拠であり、お取り寄せでも人気が高い品種です。

同率第5位:横野柿(20度)

出典:http://hibikudamono.blogspot.com/2012/12/blog-post_14.html

・主産地:愛媛県
・旬の時期:11月中旬〜12月中旬
・大きさ:大きい
・硬さ:柔らかい
・値段:700円(2Lサイズ1kg)
・味わい:とろけるような甘さ

糖度が高くて美味しいのですが、渋抜きが難しいために生産者が少なく、希少な品種です。百貨店やお取り寄せで見かけたら、ぜひ購入してみてください。

同率第5位:吉美人(20度)

出典:https://twitter.com/_futagonohoshi_/status/1469489088483196930?s=20

・主産地:福島県
・旬の時期:11月中旬〜12月中旬
・大きさ:やや大きい
・硬さ:柔らかい
・値段:1,300〜1,500円(3Lサイズ1kg)
・味わい:とろけるような甘さ


みしらず柿という品種の、福島県で生産されている高級ブランド柿です。果肉はなめらかで、濃厚な甘みが感じられます。果皮につやがあって美しく、贈答用にも人気です。

第4位:花御所柿(20度以上)

出典:https://hasamatsushin.blog.fc2.com/blog-entry-1640.html

・主産地:鳥取県
・旬の時期:11月下旬〜12月中旬
・大きさ:富有柿と同程度
・硬さ:柔らかい
・値段:1,300〜1,500円(3Lサイズ1kg)
・味わい:果汁が多くとても甘い

はなごしょがきと呼び、甘柿の中では最も旬が遅く、12月頃まで美味しく食べられる品種です。糖度がとても高く、とろけるような甘味が特徴のブランド柿で、お取り寄せでも人気でおすすめです。

第3位:あんぽ柿(40〜50度)

出典:https://twitter.com/fukushima_fun1/status/1481480249833844736?s=20

・主産地:福島県
・旬の時期:11月〜2月
・大きさ:大きい
・硬さ:柔らかい
・値段:3,000〜4,000円(1kg)
・味わい:とろりとした食感で柿本来の甘みがある

普通の干し柿とは異なり、あんぽ柿は硫黄で燻蒸して乾燥させるため、半生のようなジューシーで柔らかさのある干し柿になります。少々高級ではありますが、お取り寄せでも人気のある、比較的手に入りやすいブランド干し柿です。

(*あんぽ柿について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

あんぽ柿とは?干し柿との違いは?栄養価・作り方や食べ方のおすすめも紹介!

狩野尚希

サカヤ農園

渋柿は渋抜きしなければ食べることができません。渋抜きの方法はいくつかありますが、硫黄燻蒸したものがあんぽ柿と呼ばれています。柿は渋抜き方法によっても味や食感が大きく変わるので、おもしろい果物だと思います。

第2位:枯露柿(60度)

・主産地:山梨県
・旬の時期:12月上旬~1月下旬
・大きさ:大きい
・硬さ:やや硬め
・値段:5,000〜7,000円(3Lサイズ1kg)
・味わい:ねっとりとした食感で凝縮された甘みがある

ころがきと呼ばれるこちらの柿は、渋柿を自然乾燥させた高級干し柿のひとつです。天日で乾燥させるときに、実にまんべんなく太陽光が当たるように、ころころと位置を変えたことが名前の由来です。 

第1位:市田柿(65度)

出典:https://www.ja-mis.iijan.or.jp/directsales/information/2012/01/post_94.php

・主産地:長野県
・旬の時期:12月
・大きさ:小さい
・硬さ:柔らかい
・値段:4,000円以上(Lサイズ1kg)
・味わい:しっかりとした上品な甘さ

市田柿は干し柿に加工されると、果肉の糖分が結晶化した白い粉に覆われます。しっかりした甘み、飴色の果肉やもっちりとした食感が特徴の高級干し柿でおすすめです。お茶請けとしてそのまま食べても美味しく、上品な甘みを活かしてスイーツにも使われます。

柿の選び方・見分け方は?

以下は、美味しい柿の見分け方のポイントです。

・果皮の色が鮮やかで張りがある
・へたが緑色で乾燥していない
・へたと果実の間に隙間がない
・ずっしりと重さがある


種類にもよりますが、柿は熟して糖度が増してくると、果皮がきれいなオレンジ色になります。果皮が赤みがかっていると、熟して果肉が柔らかくなっている証拠です。へたと果実の間に隙間があると、品質や食味があまりよくない可能性があります。

柿の種類は様々

秋の味覚の代表である柿は、日本人になじみ深い果物のひとつです。世界中に多くの品種が存在し、中には糖度が高くとても甘い柿もあります。スーパーで購入したり、高級ブランド柿をお取り寄せしたりして、甘くて美味しい柿を味わってみてください。

関連する記事