無添加で安全な味噌のおすすめランキング7選!スーパーで買える商品も紹介!

無添加で安全な味噌は市販で買えるか知っていますか?今回は、スーパー・市販で買える無添加で安全な味噌のおすすめランキング7選を紹介します。味噌に含まれる添加物・成分の種類や体に悪いとされる理由とともについても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 無添加で安全な味噌は?スーパーなど市販に売ってる?
  2. 味噌の添加物・成分が危険視されてる理由って?体に悪いの?
  3. 添加物/成分①酒精
  4. 添加物/成分②調味料
  5. 添加物/成分③還元水飴(ソルビトール)
  6. 無添加な味噌の市販おすすめランキング7選!
  7. 7位:良い国残そう私たちの国日本|マルカワ(1,365円/600g)
  8. 6位:無添加みそ|ホシサン(1,380円/750g)
  9. 5位:無添加信州こうじみそ|ハナマルキ(308円/750g)
  10. 4位:有機玄米みそ|オーサワ(1,296円/750g)
  11. 3位:無添加有機味噌|ヒカリミソ(472円/750g)
  12. 2位:無添加生みそ|マルマン(596円/750g)
  13. 1位:丸の内タニタ食堂の減塩みそ|マルコメ(393円/650g)
  14. 無添加で安全な味噌を買ってみては?

無添加で安全な味噌は?スーパーなど市販に売ってる?

味噌は日本食に欠かせない調味料ですが、無添加で安全な味噌がどのような味噌なのかを詳しく知っている人は少ないかもしれません。子供や赤ちゃんがいる家庭では、少しでも安全な食事を作るために添加物の入っていない味噌を選択できると安心です。今回は、安全な味噌はどのようなものか、スーパーなどで手に入るかなどについて解説します。

味噌の添加物・成分が危険視されてる理由って?体に悪いの?

添加物が入っている味噌は、主に以下のようなものが挙げられます。

・だし入り味噌
・赤だし味噌
・合わせ味噌


これらの味噌は便利な味噌として人気のある商品ですが、原材料をよく見ると添加物が使われています。味噌に使われる添加物はどのようなものがあるのか、また体にどんな影響を及ぼすのか、味噌の添加物について詳しく解説するので参考にしてください。

添加物/成分①酒精

酒精とは一般的に殺菌を目的として使われる添加物で、発酵アルコールとも呼ばれるアルコールの一種です。味噌に添加する理由は、発酵による容器の変形を防ぐため発酵を止める役割を持ちます。酒精は科学的に作られたアルコールですが、健康に大きな悪影響を及ぼすわけではありません。

しかし、発酵食品である味噌は酵母が生きた状態のままを食べることが健康に良いとされています。酒精が添加された味噌は酵母が死んでいることになるため、健康食品としての味噌を選ぶには、酒精が添加されていない商品を選ぶことが大切です。

添加物/成分②調味料

調味料は旨み成分のことで、科学的に合成された成分を添加することにより、食材の旨みや風味を高める目的で使われます。調味料には、化学的な味覚に慣れることにより本来備わっている味覚を失ってしまう危険性のほか、発がん性の危険があるものも中にはあります。

だし入りなどと書かれている商品のほとんどに使われているのが現状なので、調味料が添加されている商品を避けたい場合は、表示をよく見て購入するとよいでしょう。

添加物/成分③還元水飴(ソルビトール)

味噌には、還元水飴やソルビトールと表示される添加物が使われていることもあります。還元水飴はぶどう糖から科学的に作られる糖アルコールのことで、主に甘みを加えたり安定性を高めるために使われている添加物です。発がん性はなく安全性に問題はないと言われていますが、科学的に合成された成分のため、積極的に摂取する必要はないと言えるでしょう。

摂取し過ぎると腹痛や下痢を起こす場合があるほか、糖尿病の人には健康に悪影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。

(*添加物の還元水飴・ソルビトールについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ソルビトール(ソルビット)とは?危険性や添加物としての用途・効果も紹介!

無添加な味噌の市販おすすめランキング7選!

健康的な食事を作るためには、なるべく添加物の入っていない味噌を購入するのがおすすめです。無添加の味噌のランキング7選を紹介するので、購入する際の参考にしてください。

7位:良い国残そう私たちの国日本|マルカワ(1,365円/600g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/kenyu-kan/5324/

【原材料】有機大豆(国産)、有機米(国産)、食塩

マルカワでは自主採取麹菌を用いて味噌作りをしており、1年の長期熟成を経た昔ながらの味わいの味噌を製造しています。有機国産大豆や有機米など国産の原材料にもこだわりがあり、価格は安いわけではないですが、それだけ価値のある商品と言えます。塩分が控えめでまろやかな味わいの味噌は、家族全員が安心して食べられるでしょう。

良い国残そう 私達の国 日本/600g【マルカワみそ】

6位:無添加みそ|ホシサン(1,380円/750g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/hoshisan/mutenka1000/

原材料:
米(国産)、大豆(遺伝子組換えでない)、大麦、食塩

完全無添加のホシサンの味噌は、麦麹と米麹の2種類の麹を使って作られます。深みがありまろやかな味わいの商品で、味噌の独特なクセや匂いが苦手な人も食べやすいでしょう。味噌の自然な甘みと天然のだしと合わせて作る味噌汁は、だしの旨みを引き立てる特別な一杯を作れます。

無添加みそ【送料無料(込み)】 ≪九州こだわり無添加みそ 750gカップ≫

5位:無添加信州こうじみそ|ハナマルキ(308円/750g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/e-godai/4902401504469/

原材料:大豆(遺伝子組換えでない)、米、食塩

味噌を販売する会社として知られるハナマルキの無添加こうじみそは、まろやかですっきりとした旨みがあるのが特徴です。スーパーでも購入でき買い求めやすい値段なので、これから無添加の味噌を使い始めたいと思う人にもおすすめの商品です。

ハナマルキ無添加こうじ  750g

4位:有機玄米みそ|オーサワ(1,296円/750g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/e329343h/

原材料名:有機玄米、有機大豆、食塩

オーサワの有機玄米味噌は、国産のオーガニックの玄米や大豆など原材料にこだわった商品で、甘みがあり深みのある味わいを楽しめます。値段は高めですが、一度食べたらこの味噌以外は食べれなくなる人も多い、美味しい健康的な商品なので試してみるのもおすすめです。

オーサワ 有機立科玄米みそ カップ(750g)

3位:無添加有機味噌|ヒカリミソ(472円/750g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/seijoishii/4902663009306/

原材料:有機大豆(遺伝子組み換えでない)、有機米、食塩

ヒカリミソの無添加有機味噌はスーパーでも購入できる、比較的低価格なおすすめの無添加の味噌です。深みのある味わいと自然な甘みを感じられ、毎日の食事で健康的な発酵食品を手軽に摂り入れたい人にもおすすめします。国産の大豆や米を原材料にした味噌や特撰こうじ味噌など、ほかのシリーズも販売されているようです。

ひかり味噌 無添加有機味噌 750g

2位:無添加生みそ|マルマン(596円/750g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/maruman-miso/0002/?iasid=07rpp_10095___ej-l39ki1v5-9hv-68882721-04e3-4a5d-9c35-da269ff5ee99

原材料:大豆、米、食塩

マルマンの無添加の生みそは酵母が生きていると表示されているように、健康的な発酵食品なので誰もが安心して食べられます。中辛口の赤みそは、根菜類の野菜は豚肉との相性が良いため豚汁を作る際にもおすすめの味噌です。ほかにも、中甘口や赤みそなどのシリーズもあり、スーパーでの購入が可能です。

【工場直送】 マルマン無添加生みそ(赤) 750g

1位:丸の内タニタ食堂の減塩みそ|マルコメ(393円/650g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/enetkome/7180795/

原材料
米、大豆(遺伝子組換えでない)、食塩

タニタ食堂の減塩みそは、塩分量を気にしている人にもおすすめの無添加味噌で、赤ちゃんから大人まで安心して食べられます。この味噌を用いて作られたフリーズドライの味噌汁も販売されており、短時間で手軽に味噌汁を味わいたい時におすすめです。

丸の内タニタ食堂の減塩みそ 650g 422008 タニタ みそ 減塩 無添加 生みそ タニタ食堂 丸の内 マルコメ

無添加で安全な味噌を買ってみては?

体に良いと思って食べていた味噌でも、選び方を間違えると健康に悪影響を及ぼしてしまう場合もあります。どのような大豆や米を原料としているか、添加物の使用の有無などは原材料表示をよく見れば分かるので、無添加で安全な味噌を購入してみましょう。

関連する記事

×