シーブリーズとはどんなお酒?カクテル言葉・意味は?レシピ・度数も紹介!

シーブリーズとはどんなお酒か知っていますか?カクテル言葉が気になりますね。今回は、シーブリーズについて〈味・度数・カロリー〉や〈カクテル言葉・意味・語源〉など特徴を、作り方・レシピとともに紹介します。シーブリーズのノンアルコールカクテルの作り方・レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. シーブリーズとはどんなお酒?カクテル言葉の意味は?
  2. シーブリーズはウォッカベースで作るカクテル
  3. シーブリーズのカクテル言葉は「海のそよ風」
  4. シーブリーズの味・アルコール度数は?カロリーはどれぐらい?
  5. シーブリーズの味わい・香り
  6. シーブリーズのアルコール度数は10〜13%程度
  7. シーブリーズのカロリー
  8. シーブリーズのカクテルレシピ・作り方
  9. 材料
  10. 作り方・手順
  11. シーブリーズのカクテルレシピ・作り方【ノンアルコール】
  12. 材料
  13. 作り方・手順
  14. シーブリーズを飲んでみよう

シーブリーズとはどんなお酒?カクテル言葉の意味は?

シーブリーズはほのかなピンク色が綺麗なカクテルですが、飲んだことがないという人も多いです。女性にも人気のお酒ですが、どんなお酒なのでしょうか。ここでは、シーブリーズというカクテルについて紹介します。

シーブリーズはウォッカベースで作るカクテル

シーブリーズはウォッカをベースにしたカクテルで、クランベリージュースを使うのでほのかなピンク色に染まります。1980年ごろにアメリカで作られたのが始まりで、シェークロックの流行りの中で生まれたカクテルです。シェークロックは、シェークしたカクテルを、氷を入れたグラスに注いで楽しむカクテルのことです。

シーブリーズもシェークしたまろやかな風味と、すっきり冷たいロックののど越しを持つシェークロックカクテルに含まれます。

シーブリーズのカクテル言葉は「海のそよ風」

シーブリーズのカクテル言葉は「海のそよ風」です。以下によく似た意味のカクテル言葉を持つカクテルを紹介します。

・ヨコハマ:海が見たくて
・ジン・デイジー:ひと夏の恋
・ピニャコラーダ:淡い思い出
・アビエイション:そよ風に吹かれて
・エバグリーン:晴れやかな心

シーブリーズは、そのさわやかな味わいから、「海のそよ風」という澄み渡った美しい海や風をイメージさせるカクテル言葉があてられています。潮風という意味のシーブリーズの語源も、そのさわやかで海風を連想させる味わいが由来です。カクテル言葉に、このような自然を表す言葉が付けられているのは珍しいです。

よく似た、海や風をイメージさせるカクテル言葉ではヨコハマの「海が見たくて」やアビエイションの「そよ風に吹かれて」があげられます。他にも淡く透き通ったイメージでは、ピニャコラーダの「淡い思い出」やエバグリーンの「晴れやかな心」なども有名です。

(*カクテル言葉の一覧について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

カクテル言葉66選!意味や誕生日は?恋愛・失恋などシーン別に一覧で紹介!

シーブリーズの味・アルコール度数は?カロリーはどれぐらい?

シーブリーズは潮風と名付けられるほどさわやかな味わいのカクテルですが、アルコール度数やカロリーはどれくらいあるのでしょうか。ここでは、シーブリーズの味わいや香りのほか、アルコール度数なども紹介します。

シーブリーズの味わい・香り

シーブリーズはほのかに甘酸っぱくフルーティーで、優しい味わいがするカクテルです。甘みも酸味も強くなく、そよ風というカクテル言葉通り、柔らかい風味があります。アルコールの強い刺激も中和され、ジュースに近い飲みやすさを持っていて、お酒が苦手な女性にもおすすめです。

シーブリーズは、グレープフルーツジュースとクランベリージュースを使います。グレープフルーツの独特の酸味や苦みが、全体をうまく引き締めますが、クランベリージュースの甘みで鋭くなりすぎません。ベリー系の甘酸っぱさが、グレープフルーツの苦みやウォッカのアルコールの刺激をうまく中和し、香りも良くなります。

シーブリーズのアルコール度数は10〜13%程度

シーブリーズのアルコール度数はおよそ10~13%程度ですが、有名なカクテルのアルコール度数を以下に紹介します。

・カシスオレンジ:4~5度
・モスコミュール:13度
・ピンクレディ:18度
・ロングアイランドアイスティー:20度程度
・ゴッドファーザー:25度程度
・マティーニ:30度


シーブリーズのアルコール度数は、レシピにもよりますがおよそ10~13%で、比較的アルコール度数は低いカクテルです。カクテルの中には、マティーニなどアルコール度数が30度あるものもあります。ゴッドファーザーやロングアイランドアイスティーなど、20度を超えるカクテルは多く、お酒が苦手な人には飲みにくいものも少なくありません。

シーブリーズのアルコール度数はワインと同じくらいで、日本酒よりも少し低いというのが目安です。大まかなアルコール度数の目安を知っておけば、知らずに酔いつぶれることもなくなるので、参考にしてください。

シーブリーズのカロリー

シーブリーズのカロリーはレシピにもよりますが、約95~150kcal程度です。カクテルの中では、比較的カロリーが低い方で、ダイエットが気になる人にも飲みやすいです。モヒートやキューバリブレなども、カロリーが約100~170kcal程度で低カロリーなカクテルとして知られています。

シーブリーズのカクテルレシピ・作り方

ここでは、シーブリーズの基本的な作り方を紹介します。シーブリーズは作るのも簡単で、シェーカーがあれば自宅でも作れるので、好きな時に自宅でカクテルを楽しみたい人におすすめです。

材料

・ウォッカ:30ml
・グレープフルーツジュース:30ml
・クランベリージュース:30ml
・氷:適量

作り方・手順

シーブリーズの基本的な作り方は、以下の通りです。

①シェーカーに材料をすべて入れてよくシェークする
②クラッシュドアイスを入れたグラスに注ぐ


シーブリーズは材料をシェークした後、氷が入ったグラスに注いで楽しむシェーカーロックスタイルのカクテルです。グレープフルーツの酸味とクランベリージュースの甘みが、シェークすることによって一体となり、口当たりの優しい風味に仕上がります。お好みでミントやグレープフルーツを飾れば、よりおしゃれなカクテルの完成です。

シーブリーズのカクテルレシピ・作り方【ノンアルコール】

ここでは、ノンアルコールのシーブリーズの作り方を紹介します。ノンアルコールカクテルは、モクテルとも呼ばれ、お酒が苦手な人でも楽しくお酒の場で過ごせるので注目されています。シーブリーズもアルコールなしで作れるので、試してみてください。

材料

・グレープフルーツジュース:60ml
・クランベリージュース:60ml
・氷:適量
・レモン:お好みで

作り方・手順

ノンアルコールのシーブリーズの基本的な作り方は、以下の通りです。

①冷えたグラスにジュースをそれぞれ注ぐ
②氷を入れ、お好みでレモンを絞る
③全体をひと混ぜして完成


ノンアルコールのシーブリーズは、バージンブリーズという名前でも呼ばれています。ウォッカは基本的に無味無臭のお酒なので、シーブリーズのレシピからウォッカを抜けば簡単にノンアルコールのシーブリーズになります。シェークしても良いですが、アルコールの強い刺激もないので、ステアして作っても問題ありません。

シーブリーズを飲んでみよう

シーブリーズは、ウォッカにグレープフルーツジュースやクランベリージュースを加えて作る、さわやかな甘酸っぱいカクテルです。おしゃれなカクテル言葉も持っているお酒で、見た目も綺麗なので女性にも人気があります。自分で作ることもできるので、シーブリーズを一度味わってみてください。

関連する記事

×