バーボンとスコッチの違いは?味・原料が違う?それぞれウイスキーの特徴を紹介!

バーボンとスコッチの違いを知っていますか?今回は、バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違いや特徴を〈味・原料〉などで比較しながら紹介します。バーボン・スコッチそれぞれのおすすめ商品や、ライウイスキー・ブランデーとの違いも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違いは?それぞれの特徴は?
  2. バーボンとスコッチはどちらもウイスキーの1種
  3. バーボンウイスキーの特徴・定義
  4. スコッチウイスキーの特徴・定義
  5. バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違い①味わい・香り
  6. バーボンウイスキーの味わい・香り
  7. スコッチウイスキーの味わい・香り
  8. バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違い②原料
  9. バーボンウイスキーの原料
  10. スコッチウイスキーの原料
  11. バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違い③産地
  12. バーボンウイスキーの産地
  13. スコッチウイスキーの産地
  14. バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違い④製造方法
  15. バーボンウイスキーの製造方法
  16. スコッチウイスキーの製造方法
  17. バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違い⑤熟成方法・年数
  18. バーボンウイスキーの熟成方法・年数
  19. スコッチウイスキーの熟成方法・年数
  20. バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違い⑥種類
  21. バーボンウイスキーの種類
  22. スコッチウイスキーの種類
  23. バーボン・スコッチとライウイスキー・ブランデーの違いも知っておこう
  24. ライウイスキーの特徴
  25. ライウイスキーとバーボン・スコッチの違い
  26. ブランデーの特徴
  27. ブランデーとウイスキーの違い
  28. バーボンウイスキーのおすすめ銘柄5選!
  29. ①ワイルドターキー 8年(4,303円)
  30. ②IWハーパー ゴールドメダル(1,978円)
  31. ③フォアローゼズ(1,710円)
  32. ④ジムビーム(1,140円)
  33. ⑤アーリータイムズ イエローラベル(7,800円)
  34. スコッチウイスキーのおすすめ銘柄5選!
  35. ①ラフロイグ セレクトカスク(4,620円)
  36. ②ザ・マッカラン 12年(14,300円)
  37. ③グレンフィディック 12年(4,980円)
  38. ④フェイマスグラウス ファイネスト(1,425円)
  39. ⑤オールドパー 12年(3241円)
  40. バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違いを知っておこう

バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違いは?それぞれの特徴は?

出典:https://twitter.com/pinetree_golden/status/1589955432638214144?s=20&t=34XfOLEaBz2BuOofkgNWWg

バーボンとスコッチは2大ウイスキーと呼ばれ、世界中に愛飲者がいます。ウイスキーが好きでも、バーボンとスコッチの違いがわからない人もいるかもしれません。ここではバーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違いについて、それぞれの特徴も交えて説明します。

バーボンとスコッチはどちらもウイスキーの1種

バーボンとスコッチはどちらもウイスキーの1種で、それ以外にも以下のような種類があります。

・モルトウイスキー
・グレーンウイスキー
・ブレンデッドウイスキー
・ライウイスキー
・コーンウイスキー
・アイリッシュウイスキー
・ウェルシュウイスキー


ウイスキーとは大麦をはじめライ麦や小麦など穀物を原料として糖化・発酵・蒸留のプロセスを経て作られた原酒を、木の樽で寝かせて熟成させるお酒です。上記のように原料や製法により、名称が異なります。バーボンとスコッチはアイリッシュやカナディアン、ジャパニーズとともに世界5大ウイスキーに名前を連ねている人気の種類です。

バーボンウイスキーの特徴・定義

バーボンは原料の半分以上がトウモロコシで着色料を使わず、内側を焦がした新品のホワイトオーク樽を用いて熟成させたアルコール度数が40%以上のアメリカンウイスキーと定義されています。ケンタッキー州で栽培されたトウモロコシとライムストーンウォーターを合わせて作るので、力強さを感じさせる味わいが特徴です。

バーボンの基本的な飲み方はストレートで、ロックや水割りにして楽しむ人も少なくありません。

スコッチウイスキーの特徴・定義

スコッチはスコットランドの蒸留所において700ml以上のオーク樽に3年以上入れた無添加のウイスキーで、熟成による色と香りと味をもちアルコール度数が40%以上になっているものと定義されています。原料である穀類を乾燥させる目的で泥炭(ピート)を燃やした煙を用いており、スコッチウイスキーを含むと燻した香りが鼻に抜けることが特徴です。

飲み方の基本がストレートであることはバーボンと同じですが、ロックミストやとワイスアップにしても美味しいです。

バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違い①味わい・香り

ウイスキーの異なる種類であるバーボンとスコッチは味わいや香りが異なるので、どっちが好きかの好みは分かれます。ここではバーボンとスコッチにおける味わいと香りの違いについて説明するので、ウイスキー初心者は参考にしてください。

バーボンウイスキーの味わい・香り

バーボンウイスキーは原料であるトウモロコシの甘味と、スパイシーさが感じられる味わいです。焦がした新樽で熟成させることで生まれる、バニラやキャラメルを思わせる香りも楽しめます。ウイスキーの中でもまろやかな甘味が楽しめる種類なので、初心者でも飲みやすいです。

スコッチウイスキーの味わい・香り

樽の中で3年以上熟成させるスコッチウイスキーは、重厚な味わいに仕上がります。原料である大麦を泥炭の煙で乾燥させることで、特有のスモーキーな香りがつくようです。大麦の甘味と酸味に加えて熟成させる樽の成分から出る渋味や苦味も感じられ、熟成年数が長くなるほどにまろやかな味わいに変化していきます。

バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違い②原料

バーボンウイスキーとスコッチウイスキーは、原料が違います。原料の違いが味わいや香りにも大きな影響を与えているので、覚えておくとよいかもしれません。ここではバーボンウイスキーとスコッチウイスキーの主な原料について、詳しく説明します。

バーボンウイスキーの原料

バーボンウイスキーの主な原料はケンタッキー州で栽培されたトウモロコシで、割合によって名称が変わります。トウモロコシが51%の場合はバーボンウイスキーと呼ばれますが、80%以上だとコーンウイスキーを名称が変わるのです。トウモロコシ以外には大麦や小麦、ライ麦などの穀物を使用しています。

スコッチウイスキーの原料

スコッチウイスキーの主な原料は、モルトと呼ばれる大麦麦芽です。大麦麦芽にも様々な種類がありますが、スコッチウイスキーには粒が大きい二条種が使われています。二条大麦はでんぷんの含有量が多いことで知られ、タンパク質も含まれています。

二条大麦の種子を水分が12%以下になるように乾燥させ、スコッチウイスキーを作る際に重さの30%ほどの水分を吸収させて使っているそうです。このプロセスによりでんぷんとでんぷんの分解酵素を同時に存在させることで、高品質のスコッチウイスキーが作られます。

バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違い③産地

バーボンウイスキーとスコッチウイスキーでは、産地にも違いがあります。ウイスキーの種類としての定義にも関わる部分なので、覚えておくとよいでしょう。ここではバーボンウイスキーとスコッチウイスキー、それぞれの産地について説明します。

バーボンウイスキーの産地

バーボンウイスキーの産地はアメリカ合衆国で、中でもケンタッキー州が有名です。バーボンウイスキーはテネシー州でも作られており、アメリカンウイスキーの中でも最も生産量が多いことでも知られています。バーボンウイスキーは産地だけでなく製造された蒸留所によって味わいが異なるので、好みのものを探してみましょう。

スコッチウイスキーの産地

スコッチの産地はスコットランドで、以下の6つが有名です。

・ハイランド
・スペイサイド
・キャンベルタウン
・ローランド
・アイラ
・アイランズ


産地によって風土が異なり、その特徴がスコッチウイスキーの味わいに大きな影響を与えています。スコッチウイスキーの愛飲者の中でも、どの産地が一番美味しいかについての意見は分かれるほどです。様々な種類のスコッチウイスキーを飲み比べるのも、楽しいかもしれません。

バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違い④製造方法

出典:https://twitter.com/yuna1634/status/1591885010612629505?s=20&t=34XfOLEaBz2BuOofkgNWWg

バーボンウイスキーとスコッチウイスキーは原料や産地だけでなく、製造方法も違います。同じウイスキーに分類されていても、製造方法の違いが味わいにあらわれるようです。ここでは、バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの製造方法の違いについて説明します。

バーボンウイスキーの製造方法

バーボンウイスキーの製造方法は、連続式蒸留です。連続式蒸留機の中で何度も蒸留が行うことで不純物を除去し、効率的にアルコール度数を高めます。90%以上の無色透明な蒸留酒に加水してアルコール度数を62.5%以下になるように調整し、内側を焦がした新樽に入れて熟成させます。

スコッチウイスキーの製造方法

スコッチウイスキーの製造方法は単式蒸留で、ポットスチルと呼ばれる単式蒸留器を用いて2~3回蒸留を行います。1回の単式蒸留で作り出せるアルコール度数は、元の液体の3倍ほどと多くありません。スコッチウイスキーは元のモロミのアルコール度数が7%程度なので、数回の蒸留を必要とします。

2~3回の蒸留をくり返すとアルコール度数が40~90%のお酒ができるので、樽で貯蔵熟成させて仕上げます。

バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違い⑤熟成方法・年数

出典:https://twitter.com/SportsMusicBar1/status/1592314249036300288?s=20&t=34XfOLEaBz2BuOofkgNWWg

バーボンウイスキーとスコッチウイスキーは、熟成させる樽や年数にも違いがあります。バーボンウイスキーとスコッチウイスキーでは、市場に出るまでにかかる手間が違うのです。ここではバーボンウイスキーとスコッチウイスキーの熟成方法と、必要な年数を説明します。

バーボンウイスキーの熟成方法・年数

バーボンウイスキーを作る際に使われるのはホワイトオークの新しい樽で、内側を必ずバーナーで焦がします。樽で2年以上貯蔵したものはバーボンウイスキーと名乗ることが可能ですが、一般的な熟成年数は4~6年です。熟成期間に樽の材料であるホワイトオークのエキスを吸収し、スパイシーな風味に変化していきます。

スコッチウイスキーの熟成方法・年数

スコッチウイスキーを作る際に使われるのは使用済みの樽でシェリー酒やワイン、ビール、バーボンなど様々なものが使われています。スコッチウイスキーは最低3年以上、樽の中で熟成させるのがルールです。実際には樽の中で10~12年ほど熟成させたスコッチウイスキーが、スタンダードとされています。

使用済みの樽で長い時間熟成させることで、別なお酒のエキスを吸収し味に深みが加わっていきます。

バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違い⑥種類

出典:https://twitter.com/sukugawaa/status/1591618013115330560?s=20&t=34XfOLEaBz2BuOofkgNWWg

バーボンウイスキーやスコッチウイスキーは原料や製造方法の違いによって、いくつかの種類に分かれます。自分好みのお酒を探す際に、覚えておくと便利かもしれません。ここではバーボンウイスキーとスコッチウイスキーの種類について、詳しく説明します。

バーボンウイスキーの種類

バーボンウイスキーの種類は、以下の通りです。

・ストレート・バーボン
・シングル・バレル・バーボン
・スモール・バッチ・バーボン

ストレート・バーボンは樽の中で2年以上熟成させたものをさし、貯蔵期間が異なる原酒をブレンドして商品化する場合には最も短い年数を明記するのがルールです。8年あるいは12年もののストレート・バーボンも多く、時間の経過とともに香りが複雑になり、まろやかで緻密な味わいに変化します。

シングル・バレル・バーボンは原酒をブレンドせずに瓶詰したもので、樽の個性が最も感じられる一品です。スモール・バッチ・バーボンは厳選された5~10種類の原酒をブレンドして作るバーボンで、希少価値が高く味わいも個性的です。

スコッチウイスキーの種類

スコッチウイスキーの種類は、以下の通りです。

・スコッチ・モルト
・スコッチ・グレーン
・ブレンデッド


スコッチ・モルトとは原料が大麦麦芽だけで作られたウイスキーで、個性的で風味豊かな味と香りが楽しめます。大麦麦芽の香りを残すために製造過程も手間がかかり、高価な商品になる傾向が強いです。

一方で大麦麦芽以外のライ麦や小麦、オート麦、トウモロコシを原料とするウイスキーをスコッチ・グレーンと呼びます。スコッチ・モルトより高いアルコール度数での蒸留となるため原料の香りが失われ、クセのないクリアな味わいに仕上がると人気です。

ブレンデッドはスコッチ・モルトとスコッチ・グレーンを調合したもので、味も香りも安定しています。

バーボン・スコッチとライウイスキー・ブランデーの違いも知っておこう

出典:https://twitter.com/V0zojS1enBqgdib/status/1591889653023805440?s=20&t=34XfOLEaBz2BuOofkgNWWg

バーボンやスコッチ以外にもライウイスキーやブランデーなど、人気の洋酒がいくつもあります。バーボンやスコッチとの違いは何かを理解しておくと、役立つかもしれません。ここではライウイスキーやブランデーの特徴とともに、バーボンやスコッチとの違いを説明します。

ライウイスキーの特徴

ライウイスキーとはライ麦を原料とするウイスキーをさし、スパイシーでオイリーな風味が特徴です。口に含むとライウイスキー特有の香ばしさと共に、ほろ苦い味わいが楽しめます。アルコール度数は40%ほどで、通が好むアメリカンウイスキーとしても有名です。

ライウイスキーとバーボン・スコッチの違い

ライウイスキーとバーボン並びにスコッチの違いは、味わいにあります。ライウイスキーはドライでスパイシーな味わいですが、バーボンやスコッチは甘味とコクが感じられます。中でもスコッチは使用した樽から吸収した風味が出るので、奥行きのある味わいです。嗜好性によって、3つのウイスキーの評価は分かれます。

ブランデーの特徴

果物を蒸留して作るブランデーは、香り豊かなお酒として有名です。原料の果物によって風味が異なるものの、ほんのりした甘味が感じられる点は共通しています。ブランデーは穀物が原料であるバーボンやスコッチより香りが楽しめて、ゆっくり時間をかけて飲むお酒であるところも違いといえるでしょう。

ブランデーとウイスキーの違い

ブランデーとウイスキーは同じ蒸留酒に分類され色が似ていますが、原料由来の味と香りに大きな違いがあります。ウイスキーはスモーキーな香りが特徴ですが、ブランデーのフレーバーは甘さを感じさせるのが一般的です。味わいもウイスキーよりブランデーの方が、甘さを強く感じる傾向があります。

(*ブランデーとウイスキーの違いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

ブランデーとウイスキーの違いは?原料は一緒?カロリー・糖質や値段・味など比較して紹介!

バーボンウイスキーのおすすめ銘柄5選!

甘さとスパイシーさを兼ね備えたバーボンウイスキーは、熟成させた年数によっても美味しさが異なると人気です。ここではバーボンウイスキーのなかでも、おすすめの銘柄を紹介するので飲み比べてみましょう。

①ワイルドターキー 8年(4,303円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/yo-sake/4481a01/

アルコール度数が50%もある、力強いスパイシーさを感じるバーボンウイスキーです。内側を焦がした樽にバーボンを入れて熟成させているので、深いコクと香ばしさが楽しめます。ハイボールにしても独特な風味が残るので、飲みごたえがあると評判です。

楽天市場|ワイルドターキー 8年 50.5度 [瓶] 1L 1000ml

②IWハーパー ゴールドメダル(1,978円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/whisky/510205/

原料に豊富なトウモロコシが使用されているので、強い甘味を感じながらも繊細なテイストに仕上がっています。とろみを感じる口当たりのよさを好む愛飲家も多く、ハイボールにすると甘味に適度な酸味や苦味が加わって美味しいです。

楽天市場|IWハーパー ゴールドメダル<正規品> 40度 700ml

③フォアローゼズ(1,710円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/ricaoh/490608/

10種類の原酒をブレンドして作られるバーボンウイスキーで、口に含むと様々な風味が広がります。まろやかな味わいと花のような甘い香りが特徴で、ストレートもしくは水割りで楽しんでほしいバーボンの1つです。

楽天市場|フォアローゼス イエロー 40度 1000ml 1L バーボン ウイスキー 箱なし

④ジムビーム(1,140円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/ledled/3-jimbeam-x/

居酒屋でも目にすることの多いバーボンウイスキーで、さっぱりとした味わいです。甘さが控えめでトウモロコシ由来の香ばしさが感じられ、クセがありません。ハイボールにするのがおすすめで、揚げ物によく合うと人気です。

楽天市場|ジムビーム 40度 箱なし 700ml 並行

⑤アーリータイムズ イエローラベル(7,800円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/marutyu-sake/2018-8588/

華やかな香りと、甘味のなかに苦味を感じる味わいが人気のバーボンウイスキーです。クセがないのでバーボン初心者でも飲みやすいことも、人気の理由とされています。ストレートでもロックでも楽しめる、スタンダードな一品です。

楽天市場| (古酒・750ml・オールドボトル) アーリータイムズ イエローラベル 40度 750ml

スコッチウイスキーのおすすめ銘柄5選!

フルーティーさとスモーキーさを兼ね備えたスコッチウイスキーを愛飲する人は、世界中にいます。メーカーによって味わいの特徴が異なるので、自分好みの銘柄を探してみるのもよいでしょう。ここではスコッチウイスキーのなかから、おすすめの銘柄を紹介します。

①ラフロイグ セレクトカスク(4,620円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/ledled/3-laphroaig-sc/

泥炭を使って作られたシングルモルトで、スコッチらしい香りが楽しめると人気です。口に含むとスモーキーな香りが鼻に抜け、後からドライな甘さが広がります。味わいにクセがあるのでストレートで飲めない時には、ハイボールにしましょう。

楽天市場|ラフロイグ セレクトカスク 40度 箱付 700ml 包装不可

②ザ・マッカラン 12年(14,300円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/ledled/3-sun-book-04/

濃厚で重みのあるスコッチウイスキーですが、飲みやすさに定評があります。口に含むとドライフルーツを思わせる香りが広がり、後からスパイシーな風味が立ち上ります。甘さを楽しむならストレートで、飲みやすさ重視ならハイボールにするとよいでしょう。

楽天市場|ザ マッカラン トリプルカスク 12年 グラスセット 40度 本型箱付 700ml

③グレンフィディック 12年(4,980円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/up-liquor/10001484/

スコッチウイスキー初心者でも飲みやすいと評判で、まろみのある柔らかな甘味が楽しめます。洋梨のようなフルーティーな香りと上品な味わいが感じられ、アルコール度数の割に重たさを感じることもありません。

楽天市場|グレンフィディック12年 スペシャルリザーブ

④フェイマスグラウス ファイネスト(1,425円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/ricaoh/180955/

奥行きのあるスコッチウイスキーを好む人におすすめする、本場スコットランドで作られているウイスキーです。ナッツのような香ばしさのなかにプラムを思わせる甘味のある香りが加わり、口に含むと様々な味わいが広がります。

楽天市場|ザ フェイマス グラウス ファイネスト 40度 700ml 箱なし

⑤オールドパー 12年(3241円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/ledled/3-old-parr-12-p/

食中酒としておすすめのスコッチウイスキーで、まろやかさと柔らかさが感じられます。甘さを感じさせる華やかな香りと、味の深みが特徴です。スコッチウイスキーならではの風味を楽しみたいなら、水割りにするのがおすすめです。

楽天市場|オールドパー 12年 40度 並行 箱付 750ml

バーボンウイスキーとスコッチウイスキーの違いを知っておこう

バーボンウイスキーとスコッチウイスキーを比べると様々な違いがあるものの、飲むうえで大切なのは自分好みの味であることでしょう。人気のバーボンウイスキーとスコッチウイスキーを飲み比べ、異なる風味を楽しんでみてください。

関連する記事

×