味噌汁の隠し味の人気ランキングTOP22!料亭風に仕上げるコツ・レシピも紹介!

噌汁の隠し味はどんな調味料が最適か知っていますか?料亭風にできるのでしょうか?今回は、〈みりん・バター・醤油〉など、味噌汁の隠し味のおすすめ22選をレシピとともに紹介します。味噌汁を美味しく仕上げるコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 味噌汁を料亭の味に仕上げたい!
  2. 味噌汁の隠し味の人気ランキング【22選】
  3. 22位:生クリーム
  4. 21位:ヨーグルト
  5. 20位:ねりごま
  6. 19位:胡椒
  7. 18位:ゆず胡椒
  8. 17位:ラー油
  9. 16位:カレー粉
  10. 15位:オリーブオイル
  11. 14位:ケチャップ
  12. 13位:牛乳
  13. 12位:バター
  14. 11位:酢
  15. 10位:マヨネーズ
  16. 9位:ごま油
  17. 8位:オイスターソース
  18. 7位:砂糖
  19. 6位:塩
  20. 5位:めんつゆ
  21. 4位:白だし
  22. 3位:料理酒
  23. 2位:みりん
  24. 1位:醤油
  25. 味噌汁を料亭風に仕上げるコツは?
  26. ①味噌は沸騰させない
  27. ②味噌は鍋で直接溶かない
  28. ③出汁をしっかりととる
  29. 味噌汁に隠し味をちょい足しで料亭風に仕上げよう

隠し味として調味料をちょい足しする以外に、味噌汁を料亭のように仕上げるコツがあります。ここでは、美味しい味噌汁を作るためのコツを紹介します。

①味噌は沸騰させない

味噌汁を作るときは、味噌を沸騰させないようにしましょう。味噌は、沸騰させてしまうとアルコール由来の風味がなくなってしまい、美味しさが半減してしまいます。90℃以上になると香りが揮発してしまうので、75℃程度に留めるのがおすすめです。

(*味噌汁を沸騰させない方が良い理由について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

「味噌汁は沸騰させない」が鉄則の理由は?まずい原因に?美味しい作り方も紹介!

②味噌は鍋で直接溶かない

味噌を鍋の中で直接溶いてしまうと、味噌がうまく溶けきれず味が均等にならない可能性があります。味噌こしを使うか、出汁で味噌を溶いてから鍋の中に入れると良いでしょう。味噌を溶くタイミングは、火を止めてゆっくり溶くのがおすすめです。

(*味噌汁に使う味噌の適量について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

味噌汁に使う味噌の適量は?一人前だと?だしの量別に計算表で紹介!

③出汁をしっかりととる

味噌汁は、出汁がとても重要な役割をしています。料亭のように美味しい味噌汁にする一番のコツは、自分でかつおや煮干しから出汁をとって作ることですが、難しければ出汁入りの味噌や顆粒だしを活用するのも良いでしょう。出汁の種類によって仕上がりも変わるので、出汁の違いを楽しんでみるのもおすすめです。

味噌汁に隠し味をちょい足しで料亭風に仕上げよう

日本人に馴染みが深く人気のある味噌汁は、隠し味に調味料をちょい足しすることで料亭風に仕上げることができます。今回は、隠し味を使った味噌汁のレシピも紹介しているので参考にしてみてください。美味しく作るポイントをおさえて、料亭のような味噌汁を作ってみましょう。

関連する記事

×