007のカクテル「ヴェスパー」とは?言葉の意味・味や作り方も紹介!

ヴェスパーマティーニとはどんなカクテルなのでしょうか?007の主人公「ジェームズボンド」が作ったお酒なのでしょうか?今回は、ヴェスパーマティーニとはどんなカクテルなのかを〈007・ジェームズボンド・カジノロワイヤル〉などヴェスパーの意味・由来や〈味・度数〉など特徴を、〈ウォッカ・キナリレ〉など作り方・レシピとともに紹介します。ヴェスパーマティーニ以外の007で有名なマティーニも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ヴェスパーマティーニはどんなカクテル?意味・由来は?007のお酒?
  2. ヴェスパーマティーニとは「007カジノロワイヤル」に出てくるカクテル
  3. ヴェスパーの意味・由来
  4. 現在はヴェスパーマティーニを完璧に再現することは難しい
  5. ヴェスパーマティーニの味わい・アルコール度数は?
  6. ヴェスパーマティーニの味わい・香り
  7. ヴェスパーマティーニのアルコール度数は約30%程度
  8. ヴェスパーマティーニの作り方・レシピ
  9. 材料
  10. 作り方・手順
  11. リバースヴェイパーの作り方
  12. ヴェスパーマティーニ以外の007のマティーニも知っておこう
  13. ①ウォッカマティーニ
  14. ②ウォッカマティーニの作り方
  15. ヴェスパーマティーニとはどんなカクテルか知っておこう

ヴェスパーマティーニはどんなカクテル?意味・由来は?007のお酒?

出典:https://twitter.com/meiku03/status/1446835360005189643?s=20&t=45KMuX6YgUl5s2pcJvo7qg

ヴェスパーマティーニと名付けられたカクテルを飲んだことはあっても、映画に由来しているとは知らないかもしれません。ヴェスパーマティーニの由来を知っておくと、酒席で話題を提供できそうです。ここではヴェスパーマティーニとはどのようなカクテルかを説明します。

ヴェスパーマティーニとは「007カジノロワイヤル」に出てくるカクテル

ヴェスパーマティーニとは2006年に公開された、映画「007カジノロワイヤル」に出てくるカクテルのことです。映画のヒロインであるヴェスパー・リンドの名前が用いられています。「007カジノロワイヤル」はジェームズボンドがスパイとして受けた初任務を描いた映画であり、初代ボンドガールであるは生涯において最も愛した女性とされています。

ヴェスパーの意味・由来

007と呼ばれるジェームズボンドが窮地に陥った時に、ヴェスパー・リンドとの名を持つ女性に助けられます。その後にジェームズボンドがカジノで国際テロ組織の黒幕であるル・シッフルとバカラで勝負する際に、頼んだオリジナルカクテルがヴェスパーマティーニです。

カジノでの勝負を終えたジェームズボンドがヴェスパー・リンドと食事をする際に、同じオリジナルカクテルを頼みます。その際にジェームズボンドがセリフで「このカクテルをヴェスパーと呼ぼう」と言ったのが始まりです。

作中でジェームズボンドはヴェスパー・リンドとの結婚を考え辞表を提出します。その後にヴェスパー・リンドはジェームズボンドの命を救うために裏切り、自ら水中に消えていきました。ヴェスパーはそもそも宵の明星を意味する言葉で、映画のテーマによく合うためヒロインの名前に用いたと考えられます。

現在はヴェスパーマティーニを完璧に再現することは難しい

現在は映画「007カジノロワイヤル」と同じヴェスパーマティーニを、日本において完璧に再現することは難しいです。ヴェスパーマティーニの本場のレシピでは、キニーネが入ったキナリレと呼ばれる白ワインが使われます。しかしキナリレは現在生産が停止されているうえ、日本ではキニーネが劇薬指定されているので入手できないことが理由です。

ヴェスパーマティーニの味わい・アルコール度数は?

出典:https://twitter.com/alaska_nomilog/status/1548681472973742081?s=20&t=45KMuX6YgUl5s2pcJvo7qg

映画「007カジノロワイヤル」と同じヴェスパーマティーニを再現することはできなくても、現代風のアレンジを楽しむことはできます。ここではヴェスパーマティーニの味わいやアルコール度数について、詳しく説明します。

ヴェスパーマティーニの味わい・香り

ドライジンとウォッカにリレ・ブランと呼ばれるフレーバードワインを合わせて作る、ヴェスパーマティーニの味は辛口です。ヴェスパーマティーニはステアではなくシェイクするのでマイルドな口当たりで、グラスに飾るらせん状のレモンが華やかな香りを醸し出します。おすすめな人はドライジンの味わいが好きで、アルコール度数に強い人です。

ヴェスパーマティーニのアルコール度数は約30%程度

ドライジンとウォッカとリレ・ブランで作るヴェスパーマティーニのアルコール度数は、約30%程度とカクテルの中でも高めです。映画「007カジノロワイヤル」のレシピは日本人向けではないので、自宅で作る際には分量を減らすことをおすすめします。

ヴェスパーマティーニの作り方・レシピ

ヴェスパーマティーニは道具と材料があれば、自宅で作ることが可能です。ドライジンとウォッカとリレ・ブランがあればできますが、映画007の味に近づけるには一工夫するのがおすすめです。ここでは映画007に近い味わいが楽しめる、リレ・ブランのレシピを紹介します。

材料

・ゴールドジン 30ml
・ゴールドジン(オールドボトル) 15ml
・ソビエスキーウォッカ 15ml
・キナ ラエロ ドール(リレ・ブラン) 7.5ml

作り方・手順

ヴェスパーマティーニの作り方は、以下の通りです。

①ソーサー型のカクテルグラスをあらかじめ冷やしておく
②すべての材料をシェイカーに入れる
③②に氷を入れてシェイカーが冷たくなるまでシェイクする
④シェイカーを逆さまにして回しながら、①にカクテルを注ぐ
⑤レモンピールを絞って香りづけする
⑥らせん状にレモンピールを飾ったら出来上がり


シェイカーに入れる氷は小さめのものを選び、キンキンに冷えるまでシェイクします。香りづけの際にはカクテルにふりかけるだけでなく、グラスにも果汁を飛ばしておくのがポイントです。飾りに使うらせん状のレモンピールは、別に用意しておきましょう。

リバースヴェイパーの作り方

ヴェスパーマティーニのアレンジレシピであるリバースヴェイパーの材料と作り方は、以下の通りです。

【材料】
・リレ・ブラン 50ml
・ドライジン 10ml
・ウォッカ 20ml
・レモンピールもしくはオレンジピール


作り方はヴェスパーマティーニと同様に、すべての材料と氷をシェイカーに入れてキンキンに冷えるまでシェイクするだけです。あらかじめ冷やしておいたカクテルグラスにそそぐとヴェスパーマティーニよりアルコール度数が低く、さっぱりと飲みやすい一杯に仕上がります。

ヴェスパーマティーニ以外の007のマティーニも知っておこう

ヴェスパーマティーニ以外のマティーニも007の映画に登場し、一般的な作り方とは違う方法で提供されます。ヴェスパーマティーニと飲み比べてみるのも、楽しいでしょう。ここでは007の映画に出てくる、他のマティーニについて説明します。

①ウォッカマティーニ

ウォッカマティーニは有名なカクテルで、作り方は材料をステアするのが一般的です。しかし007の映画ではジェームズボンドが、ステアではなくシェイクするよう依頼するシーンがあります。シェイクしたウォッカマティーニはアルコールの風味が強くなり、キリリとした辛味が感じられる仕上がりとなります。

②ウォッカマティーニの作り方

出典:https://cocktailrecipe.suntory.co.jp/wnb/cocktail/recipe/vodka_martini/

【材料】
・ウォッカ:45ml
・ドライベルモット:15ml
・レモンピール


マティーニに使われているジンをウォッカに替え、ステアではなくシェイクして作ります。ベルガモットが香る、切れのあるクリアな辛口に仕上がります。飲み応えのあるショートカクテルを好む人におすすめです。

カクテル「ウォッカ・マティーニ」の作り方|Jazz&Cocktail

ヴェスパーマティーニとはどんなカクテルか知っておこう

ヴェスパーマティーニはアルコール度数が高く、辛口のショートカクテルです。誕生の由来を知ると、映画「007カジノロワイヤル」を見たくなる人もいるかもしれません。カクテルの由来を知ったうえで、ヴェスパーマティーニの美味しさを堪能してみましょう。

関連する記事

×