ウェルカムドリンクとは?ホテル・結婚式で出す意味は?マナーや費用も紹介!

ウェルカムドリンクとはどんな意味があるか知っていますか?なしでもいいのでしょうか?今回は、ウェルカムドリンクの意味を〈ホテル・結婚式〉など状況別や〈アルコール・ノンアルコール〉などおすすめの種類を、おかわりは何杯までかや飲む際のマナーとともに紹介します。ウェルカムドリンクを出す際の費用やレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ウェルカムドリンクとは?どんな意味がある?
  2. ウェルカムドリンクとは結婚式やホテルなどで感謝を示すために用意するもの
  3. ウェルカムドリンクは出さなくてもOK
  4. ウェルカムドリンクの種類のおすすめは?ノンアルコールでもOK?
  5. ウェルカムドリンクの選び方
  6. アルコール類のおすすめ
  7. ノンアルコール・ソフトドリンク類のおすすめ
  8. ウェルカムドリンクを飲む際のマナーは?おかわりは何杯まで?
  9. マナー①ウェルカムドリンクは開宴前に飲んでおく
  10. マナー②ナプキンはグラスに添える
  11. マナー③おかわりは自由な場合が多い
  12. ウェルカムドリンクを出す際の費用の目安も知っておこう
  13. ウェルカムドリンクの1人当たりの相場
  14. ウェルカムドリンクを自分で用意する方法も
  15. ウェルカムドリンクのおすすめレシピ3選!
  16. ①食べても美味しいウェルカムドリンク
  17. ②マンゴーとオレンジのウェルカムドリンク
  18. ③ホットサングリア
  19. ウェルカムドリンクとはどんなものか知っておこう

ウェルカムドリンクとは?どんな意味がある?

ウェルカムドリンクとは、結婚式や披露宴の会場、ホテルでゲストに提供される飲み物のことを指します。ウェルカムドリンクは、必ず出す必要や意味深な気持ちがあるものなのでしょうか。ここでは、ウェルカムドリンクの意味やゲストに提供する際のメリット、デメリットを紹介します。

ウェルカムドリンクとは結婚式やホテルなどで感謝を示すために用意するもの

ウェルカムドリンクには、結婚式や披露宴に足を運んでくれたゲストに対する主催者からの感謝やおもてなしの気持ちが込められています。食前酒として振舞われることも多く、会場に着いて開宴前まで時間がある場合には、ゲストが時間を持て余さずに済むというメリットもあります。

ウェルカムドリンクには、ゲストに対する様々な意味深い気持ちが込められているので、時間や予算に余裕がある場合は提供するのが良いでしょう。

ウェルカムドリンクは出さなくてもOK

ウェルカムドリンクは、ゆっくりと飲む時間がない場合や予算を削る必要がある場合には無理して提供する必要はありません。挙式後から披露宴の開宴までのスケジュールが詰まっている場合は、飲み物を飲む時間がないので、ウェルカムドリンクの提供はいらないでしょう。

また、ウェルカムドリンクの費用は主催者持ちになることが多く、費用が膨らんでしまうというデメリットもあります。ウェルカムドリンクを無しにして、他のことに費用を回すのも良いでしょう。

ウェルカムドリンクの種類のおすすめは?ノンアルコールでもOK?

ウェルカムドリンクは、アルコールだけでなくノンアルコールのカクテルやソフトドリンクでも良いのでしょうか。ここでは、ウェルカムドリンクの選び方やおすすめの飲み物を紹介します。

ウェルカムドリンクの選び方

ウェルカムドリンクの選び方のポイントは、以下の通りです。

・アルコール度数が低いものを選ぶ
・アルコールとソフトドリンクで5種類ほど用意する
・冬場はホットドリンクがあると喜ばれる


ウェルカムドリンクは、酔いが回らないように度数の低いアルコールを選ぶのがおすすめです。車を運転する必要がある人にはノンアルコールビールやノンアルコールカクテルを、子供やお酒が飲めないゲストにはソフトドリンクを用意しましょう。

暑い夏に結婚式を行う場合はアイス付きのドリンクを提供すると、大人だけでなく子供からも喜ばれるでしょう。寒い冬には、ホットドリンクを用意すると主催者側の心遣いがゲストにも伝わります。

アルコール類のおすすめ

ウェルカムドリンクでは、以下のようなアルコールがおすすめです。

・シャンパン
・カクテル
・ビール


定番のビールに加え、華やかな宴に最適なカクテルやシャンパン、スパークリングワインがおすすめです。またウェルカムドリンクの種類に決まりはないため、主催者が好きなお酒や出身地の地酒などで個性を出すのも良いでしょう。

ノンアルコール・ソフトドリンク類のおすすめ

ノンアルコール・ソフトドリンクでのおすすめは、以下の通りです。

・烏龍茶
・オレンジジュース
・ジンジャーエール
・ノンアルコールカクテル


ソフトドリンクは、好き嫌いがはっきりと分かれないドリンクであればどれを選んでも良いでしょう。目でも楽しめるおしゃれなノンアルコールカクテルや、お酒を飲むゲストのためにウコンドリンクを用意するのもおすすめです。持って帰ったり会場に持ち込んだりできるように、飲み切りサイズのペットボトル飲料を用意すると喜ばれることが多いです。

ウェルカムドリンクを飲む際のマナーは?おかわりは何杯まで?

ウェルカムドリンクを飲む際のマナーや、気を付けるべきことはあるのでしょうか。ここからは、ゲストとして招かれた場合のウェルカムドリンクのマナーを紹介します。

マナー①ウェルカムドリンクは開宴前に飲んでおく

ウェルカムドリンクは、結婚式や披露宴の開宴前に提供されるドリンクなので開宴の前に飲んでおきましょう。残すことはマナー違反ではないので、飲み切れない場合には無理せずに残して構いません。

マナー②ナプキンはグラスに添える

ウェルカムドリンクと一緒にナプキンが配られることがありますが、このナプキンは口を拭くためのものではありません。グラスに付いたしずくで手や服が濡れるのを防ぐために配られるので、ナプキンはグラスに添えましょう。

マナー③おかわりは自由な場合が多い

ホテルで提供されるウェルカムドリンクは1杯のみのことが多いですが、結婚式ではおかわり自由の飲み放題のことが多いです。しかし披露宴前に酔ってしまったり、具合が悪くなったりすると主催者や他のゲストの迷惑になることがあるので、飲み過ぎには注意しましょう。

ウェルカムドリンクを出す際の費用の目安も知っておこう

ウェルカムドリンクは、ゲストに対するおもてなしの気持ちで出す飲み物ですが、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは、ウェルカムドリンクの相場や自分で用意する方法を紹介します。

ウェルカムドリンクの1人当たりの相場

ウェルカムドリンクの相場は、ゲスト1人当たり500円~3500円ほどで平均は約1,000円ほどでしょう。シャンパンなどの高級酒を多く出したり、おつまみを一緒に出したりすると費用が多くかかってしまいます。予算内で収まるように、スパークリングワインを代わりに提供したりおつまみの提供は省いたりしましょう。

ウェルカムドリンクを自分で用意する方法も

珍しいソフトドリンクや地酒など、会場で用意ができない飲み物を自分で用意する方法もあります。しかし、衛生上の問題や会場の決まりなどでドリンクの持ち込みが出来ないこともあるので、必ず事前に会場側に相談をする必要があります。

ウェルカムドリンクのおすすめレシピ3選!

ここからは、ホームパーティーに最適なウェルカムドリンクのおすすめレシピを3品紹介します。どの飲み物もおしゃれで美味しいので、おもてなしの際に作ってみてください。

①食べても美味しいウェルカムドリンク

出典:https://cookpad.com/recipe/2013949

白ワインをベースに好みのベリーでゼリーを作り、クラッシュしてグラスに入れシャンパンやサイダーを注げば完成です。見た目がおしゃれで華やかな、飲んでも食べても美味しいおもてなしに最適な飲み物と言えます。

大人の為の♪クリスマスパーティ用ドリンク by ケーキとパンの先生 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが371万品

②マンゴーとオレンジのウェルカムドリンク

出典:https://cookpad.com/recipe/3861640

アルコールを使用していないので、子供でも飲めるウェルカムドリンクです。夏のホームパーティーやおもてなしの席に適した爽やかな飲み物で、3層のグラデーションがおしゃれな1杯です。

マンゴー&オレンジのジュース by komisキッチン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが371万品

③ホットサングリア

出典:https://cookpad.com/recipe/5954723

オレンジジュースと赤ワインに、スパイスやハーブを加えたホットサングリアです。出来立ても美味しいですが、一晩寝かせるとスパイスの香りがより引き立つのでさらに美味しくなります。

オレンジジュースのホットサングリア by モンテ物産 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが371万品

ウェルカムドリンクとはどんなものか知っておこう

ウェルカムドリンクは、結婚式や披露宴で必ず必要なものではありませんが、ゲストに対する主催者からの感謝やおもてなしの気持ちが込められた飲み物です。会場や時間、予算の都合もありますが、足を運んでくれたゲストからも喜ばれるので検討してみると良いでしょう。

関連する記事

×