カラフェとは?ワインを入れる?使い方やピッチャー・デキャンタとの違いも紹介!

カラフェとはどんな容器か知っていますか?使い方が気になりますね。今回は、カラフェの〈容量〉やワインを入れた使い方を、〈デキャンタ・ピッチャー〉との違いとともに紹介します。カラフェのおすすめ商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カラフェとは?ワインを入れる容器?
  2. カラフェとはフランス語で水差しの意味
  3. カラフェの目的はワインを空気に触れさせること
  4. カラフェの使い方とは?
  5. カラフェとピッチャー・デキャンタとの違いは?
  6. カラフェとデキャンタの違い
  7. カラフェとピッチャーは同じ意味
  8. カラフェのおすすめ商品3選も紹介!
  9. ①TWO TONE CARAFE|amabro(5,830円)
  10. ②コーヒーカラフェ|KINTO(2,200円)
  11. ③カラフェ大|無印良品(790円)
  12. カラフェとはどんな容器か知っておこう

カラフェとは?ワインを入れる容器?

この記事では、カラフェとはどんな容器を指すのか、ワインを入れる方法について解説します。ほかにもデキャンタや水差しなど似た容器との違い、英語圏での呼ばれ方なども説明するので、参考にしてください。

カラフェとはフランス語で水差しの意味

出典:https://item.rakuten.co.jp/wstg/p6431lg/

カラフェとは、フランス語で水差しを意味します。そのため、水やフルーツウォーターを入れることも珍しくありません。カラフェの容量はさまざまで、用途に合わせて選びやすくなっています。ちなみに、英語で水差しはピッチャーと表され、日本でもこの言葉を耳にするでしょう。

カラフェの目的はワインを空気に触れさせること

カラフェを使うと、ワインに空気を触れさせることができます。そうすることで、香りや味わいがいっそう華やかになります。カラフェを使って、ワインと空気を混ぜ合わせることを、カラフェージュと呼びます。成熟の進んでいない、いわゆるハウスワインと呼ばれる手ごろな価格のワインも、カラフェージュさせるだけで豊かな味わいが楽しめるでしょう。

カラフェの使い方とは?

実際のカラフェの使い方は、以下のような手順になります。

1.カラフェに必要な量のワインを注ぐ
2.カラフェを傾け、ワインと空気を馴染ませるようにしてグラスに注ぐ

カラフェの使い方のポイントは、ワインと空気を触れさせるように扱うことです。少し高い位置から注いだり、軽くカラフェを揺すってカラフェージュさせるとよいでしょう。

カラフェとピッチャー・デキャンタとの違いは?

カラフェと並んで、デキャンタワインという言葉を見かける人も多いかもしれません。カラフェの意味や使い方を説明した後は、デキャンタやピッチャーとの違いについて説明します。

カラフェとデキャンタの違い

デキャンタも、カラフェと同様にフランス語です。デキャンタは、底面積が大きく、注ぎ口が細くなっています。そのため、成熟したワインの澱(おり)を沈殿させて飲むことができます。このように、カデキャンタは澱を沈殿させる目的があるため、容量は一般的にどれもワインボトル1本分です。

(*デカンタについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

デカンタとは?意味・由来は?デキャンタージュの正しいやり方も!

カラフェとピッチャーは同じ意味

前述したように、ピッチャーは英語で水差しを意味し、カラフェと同じ意味になります。しかしながら、英語圏でもフランス語同様にカラフェという言葉が存在し、ガラス製で円柱状をしたワイン容器をカラフェ、そのほかの水差しをピッチャーやジャグと呼んで区別する傾向にあるようです。

カラフェのおすすめ商品3選も紹介!

水差しやピッチャーとしても活躍するカラフェは、一つ備えておくと重宝するでしょう。最後に、カラフェのおすすめ商品を3つ紹介します。

①TWO TONE CARAFE|amabro(5,830円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/zen-you/ama-ttca/

ワインだけではなく、水差しやミルクピッチャー、花器などさまざまな用途で使えるカラフェが欲しい人におすすめなのが、TWO TONE CARAFEです。容量は1000mLでカップ2~3杯あるため、パーティーテーブルを彩るのにも一役買ってくれるでしょう。

楽天市場|TWO TONE CARAFE

②コーヒーカラフェ|KINTO(2,200円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/smartkitchen/10005024/

コンパクトなカラフェが欲しい人におすすめなのが、容量600mLのKINTOのコーヒーカラフェです。注ぎ口が広くなっているのが特徴で、別売りのコーヒードリッパーをセットすれば、ドリップコーヒーのピッチャーとしても使用できます。

楽天市場|KINTOコーヒーカラフェ

③カラフェ大|無印良品(790円)

出典:https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4547315293612#

無印良品のカラフェは手ごろな価格で、シンプルなデザインが使いやすいと評判です。価格は2022年現在790円と非常に手ごろで、初めてのカラフェにもおすすめです。また、同シリーズのカラフェ小の容量は約290mLで、一人暮らしの人におすすめのサイズになっています。

無印良品|カラフェ 大

カラフェとはどんな容器か知っておこう

いつもの手ごろなハウスワインが華やかな味わいになるので、カラフェがあるとワインライフが充実します。この記事で紹介したカラフェの使い方を参考に、暮らしにあったカラフェを選んでみてください。

関連する記事

×