モスコミュールとは?カクテル言葉の意味や由来は?味や糖質・カロリーも紹介!

モスコミュールとはどんなお酒か知っていますか?女性に人気のカクテルですよね。今回は、モスコミュールの〈カクテル言葉・由来〉や、〈味・度数〉を、〈割合〉など作り方とともに紹介します。ノンアルコールのレシピや、モヒートとの違いも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. モスコミュールとはどんなお酒?カクテル言葉や由来・日本語の意味は?
  2. モスコミュールとはウォッカをベースにジンジャーエール・ライムなどを加えたカクテル
  3. モスコミュールのカクテル言葉は「けんかをしたら、その日のうちに仲直りする」
  4. モスコミュールの由来・日本語の意味
  5. モスコミュールと似てるカクテル「モヒート」との違い
  6. モスコミュールの味・度数は?カロリー・糖質も紹介!
  7. モスコミュールの味わい
  8. モスコミュールのアルコール度数は10〜15%程度
  9. モスコミュールのカロリー・糖質
  10. モスコミュールの作り方は?ノンアルコールのレシピも紹介!
  11. モスコミュールの作り方
  12. モスコミュールのノンアルコールの作り方
  13. モスコミュールにおすすめのウォッカ5選を紹介!
  14. ①スカイウォッカ (990円)
  15. ②シロック ウォッカ(4158円)
  16. ③スミノフ ウォッカ レッド(1040円)
  17. ④ギルビー ウォッカ(916円)
  18. ⑤ウィルキンソン ウォッカ (1790円)
  19. モスコミュール以外のウォッカベースのカクテルも知っておこう
  20. ①シーブリーズ
  21. ②バラライカ
  22. ③ブラッディ・メアリー
  23. モスコミュールとはどんなカクテルか知っておこう

モスコミュールとはどんなお酒?カクテル言葉や由来・日本語の意味は?

出典:https://twitter.com/ZtQBbgoCQc4jM8N/status/1592932573818257408

モスコミューバーやパブパブなどでよく耳にするカクテルですが、どんなカクテルなのでしょうか。ここでは、モスコミュールについて、その味わいや作り方、アルコール度数なども紹介します。

モスコミュールとはウォッカをベースにジンジャーエール・ライムなどを加えたカクテル

モスコミュールの中身はウォッカをベースにしたカクテルで、ライムジュースとジンジャーエールを加えて作ります。4大スピリッツでもあるウォッカをベースに使っていて、身近な材料だけで作れるので自宅で楽しみたい人にもおすすめです。

モスコミュールのカクテル言葉は「けんかをしたら、その日のうちに仲直りする」

モスコミュールのカクテル言葉は「けんかをしたら、その日のうちに仲直りする」で、よく似たカクテル言葉には以下のようなものがあります。

・アメール・ピコン・ハイボール:分かり合えたら
・サイドカー:いつも二人で
・ジンリッキー:素直な心
・トム・コリンズ:親友


モスコミュールの「けんかをしたら仲直り」というカクテル言葉なので、恋愛にも友情にもつながるカクテル言葉で、誰かと仲直りしたい時におすすめです。よく似た意味のカクテル言葉では、仲のいい関係をイメージさせる、サイドカーの「いつも二人で」やトム・コリンズに「親友」などがあげられます。

また、仲直りする時に欠かせない「素直な心」というカクテル言葉はジン・リッキーのものです。アメール・ピコン・ハイボールの「分かり合えたら」なども、仲直りによく似た意味の言葉です。

(*カクテル言葉の一覧について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

カクテル言葉66選!意味や誕生日は?恋愛・失恋などシーン別に一覧で紹介!

モスコミュールの由来・日本語の意味

モスコミュールというカクテルの名前の由来は、英語の「Moscow Mule」からきています。Muleはラバという意味なので、「Moscow Mule」を直訳すると、日本語の「モスクワのラバ」となります。ラバは雄のロバと雌のウマの交雑種で、後ろ足でける習慣があることから強い刺激をイメージさせます。

モスコミュールはジンジャーの刺激と強いウォッカのアルコールの刺激が感じられるお酒なので、「ラバに蹴られたかのような刺激がある」という意味から名づけられたようです。さらに、モスコミュールのカクテルベースとなっているウォッカの原産国はロシアなので、ラバだけではなくモスクワという都市の名前も付けられています。

モスコミュールと似てるカクテル「モヒート」との違い

モスコミュールは見た目がモヒートとよく似ているので、混同されやすいですが、両者はベースのお酒や何と何を使うかが違います。モスコミュールのベースはウォッカで、ライムとジンジャーエールを使いますが、モヒートのベースになるお酒はラム酒です。

ライムを使うところは共通していますが、メインの割り材は炭酸水で、ミントも使うので味わいはかなり異なります。炭酸の泡が立っているところやライムを飾るところから、見た目はよく似ているので間違えやすいようです。

モスコミュールの味・度数は?カロリー・糖質も紹介!

モスコミュールはウォッカをベースにしたカクテルですが、アルコール度数やカロリーはどれくらいあるのでしょうか。ここではモスコミュールの味わいやアルコール度数、カロリーなどを紹介します。

モスコミュールの味わい

モスコミュールはジンジャーエールを使っているので、少し甘味もあり、生姜の刺激も心地よくすっきりした後味のお酒です。使うジンジャーエールによっては甘みも出るので、女性でも飲みやすく、ジュース感覚で飲みたい人にもおすすめです。ライムの爽やかな酸味もバランスよく、食事とも相性が良いので食中酒にも人気があります。

のど越しの良いカクテルで、程よい甘みと酸味、生姜のスパイシーな風味が調和した味わいです。

モスコミュールのアルコール度数は10〜15%程度

モスコミュールのアルコール度数は、10〜15%程度で、ワインや日本酒に近いです。ビールよりもアルコール度数は高くなりますが、のど越しがよく飲みやすいので、ぐいぐい飲んでしまうと酔いも回りやすいので注意してください。

(*モスコミュールのアルコール度数について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

モスコミュールの度数は高い?居酒屋だと?他のカクテルと比較して紹介!

モスコミュールのカロリー・糖質

100mlあたり カロリー 糖質
モスコミュール 約140kcal 約14g

モスコミュールのカロリーや糖質は、レシピにもよりますがおよそ1杯あたり140kcalと約14gです。ビール中ジョッキのカロリーが約200kcalと言われているので、ややカロリーは低めです。しかし、糖質は少し高いので、糖質制限が気になる人は注意してください。

モスコミュールの作り方は?ノンアルコールのレシピも紹介!

モスコミュールは身近な材料で作れるカクテルなので、基本のレシピを覚えておけば自宅でも楽しめます。ここでは、モスコミュールの作り方や材料を紹介するので、参考にしてください。

モスコミュールの作り方

出典:https://cocktailrecipe.suntory.co.jp/wnb/cocktail/recipe/moscow_mule/

【材料】
・ウォッカ:45ml
・ライムジュース:15ml
・ジンジャーエール:適量

【作り方】
1.冷えたグラスに氷を入れ、ウォッカを注ぐ
2.ライムジュースとジンジャーエールを加え、軽く混ぜる


モスコミュールを作るときは、冷やしたグラスと氷を使って冷たい状態を保ちます。一般的にウォッカ:ライムジュース:ジンジャーエールに割合は3:1:6ですが、お好みで調整しても構いません。アルコールが苦手な人はジンジャーエールを多めにするなど、お好みの量で作ってみてください。

モスコーミュール レシピ

(*モスコミュールの作り方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

モスコミュールの作り方・レシピは?ライムなしや割合のおすすめも紹介!

モスコミュールのノンアルコールの作り方

出典:https://cookpad.com/recipe/2383971

【材料】
・ライムジュース:小さじ2
・ジンジャーエール:250ml

【作り方】
1.冷えたグラスに氷を入れる
2.ライムジュースとジンジャーエールを加え、軽く混ぜる


モスコミュールはノンアルコールカクテルでも作れるので、アルコールが苦手な人や運転をする人におすすめです。ウォッカはあまり癖のある味わいではないので、ウォッカ以外の材料を混ぜればモスコミュール風のノンアルコールカクテルが作れます。ライムジュースとジンジャーエールの割合も、お好みで調整してください。

ノンアルコールカクテル☆モスコミュール風 by ycafe 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが376万品

モスコミュールにおすすめのウォッカ5選を紹介!

モスコミュールはモスクワのラバという意味のカクテルで、ベースとなるお酒はロシアなどでよく飲まれているウォッカです。ここでは、モスコミュールにおすすめのウォッカを紹介します。

①スカイウォッカ (990円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/liquorsbest/302002501/?iasid=07rpp_10095___eb-laks7j8s-7y-573c1f5c-b027-4613-a555-a590daff9e74

スカイウォッカはアメリカで作られているウォッカで、比較的値段も手ごろで手に入りやすいです。4回の蒸留と3回の濾過を経て作られた蒸留酒で、不純物のないすっきりとクリアな味わいでモスコミュールにも向いています。

楽天市場│スカイウォッカ 750ml

②シロック ウォッカ(4158円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/hamonika/10001248/

シロックはフランス産のウォッカで、一般的に穀物から作られるウォッカをブドウだけで作っている珍しいお酒です。口当たりがよくまろやかな味わいが特徴で、柑橘類のようなフルーティーさもあり、上品で華やかなモスコミュールが作れます。

楽天市場│シロック ウォッカ 700ml

③スミノフ ウォッカ レッド(1040円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/ledled/6-smirnoff-40/

スミノフはモスクワのラバを称するモスコミュールを作るのに向いている、ロシアを代表するウォッカの銘柄です。すっきりとクリアな味わいで、ジンジャーエールなどの風味の邪魔をしないので、モスコミュールを作るのにも向いています。

楽天市場│スミノフ ウォッカ レッド

④ギルビー ウォッカ(916円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/newyork001/390407/?iasid=07rpp_10095___e0-laks9m48-7q-430b6443-e322-45ea-97a9-eb7ab6713ee6

ギルビーは、イギリスの老舗メーカーW&Aギルビーが手掛けるウォッカで、手頃な価格で買いやすくウォッカ初心者にもおすすめです。まろやかな口当たりと透明感も感じるクリアな風味をあわせもつお酒で、癖もないのでカクテルベースにも人気です。

楽天市場│ギルビー ウォッカ

⑤ウィルキンソン ウォッカ (1790円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/wineuki/9907000001536/?iasid=07rpp_10095___e3-laksc8ct-7s-9c97d125-7db2-4beb-adb6-7a520b06c8f4

ウィルキンソンのウォッカは大容量でも安く手頃なので、カクテルベースとしても使いやすいです。癖もなくクリアな味わいが特徴で、コスパ良くモスコミュールを楽しみたい人におすすめです。

楽天市場│ウィルキンソン ウォッカ

モスコミュール以外のウォッカベースのカクテルも知っておこう

モスコミュールはウォッカをベースにしたカクテルですが、ウォッカはカクテルベースとしても人気のお酒で、他にもいろいろなカクテルに使われています。ここでは、ウォッカを使ったモスコミュール以外のカクテルレシピを紹介します。

①シーブリーズ

出典:https://cocktailrecipe.suntory.co.jp/wnb/cocktail/recipe/Sea_Breeze/index.html

【材料】
・ウォッカ:20ml
・グレープフルーツジュース:20ml
・クランベリージュース:20ml

シーブリーズは、潮風をイメージさせるすっきりと爽やかな味わいのカクテルです。モスコミュールよりもフルーティーで、甘めのお酒が好きな人に向いています。グレープフルーツジュースのほろ苦さと、クランベリージュースの甘酸っぱさが加わり、フルーティーでも奥深い風味が楽しめます。

シーブリーズ レシピ

②バラライカ

出典:https://cocktailrecipe.suntory.co.jp/wnb/cocktail/recipe/balalaika/index.html

【材料】
・ウォッカ:30ml
・ホワイトキュラソー:15ml
・レモンジュース:15ml

バラライカはウォッカにホワイトキュラソーも加えたショートカクテルで、アルコールに強い人におすすめです。レモンの爽やかな風味にほのかな甘みもありますが、少し辛口のお酒が好きな人に好まれます。

バラライカ レシピ

③ブラッディ・メアリー

出典:https://cocktailrecipe.suntory.co.jp/wnb/cocktail/recipe/bloody_mary/index.html

【材料】
・ウォッカ:45ml
・トマトジュース:適量
・レモンジュース:15ml


ブラッディ・メアリーはウォッカとトマトジュースを合わせたカクテルで、モスコミュールと同じくらいのアルコール度数です。トマトジュースのまろやかな風味で飲みやすく、お酒が苦手な人でもジュース感覚で飲みやすいです。

ブラッディ・メアリー レシピ

モスコミュールとはどんなカクテルか知っておこう

モスコミュールはモスクワのラバという名前のカクテルで、ウォッカをベースにしています。ジンジャーエールで割るので比較的飲みやすく、度数もそれほど高くありません。紹介したレシピやおすすめのウォッカなども参考に、自分好みのモスコミュールを作ってみてください。

関連する記事

×