果物(フルーツ)の漢字の読み方40選!バナナ/りんご/みかん/パイナップル等一覧で紹介!

果物には様々な難しい漢字があることを知っていますか?クイズ番組などでも難しい漢字の果物を目にすることがありますが、今回は、クイズ向きの果物の名前の難しい漢字の〈読み方・由来〉などを紹介します。五十音順で全40種類を一覧で紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 果物の難しい漢字何個分かる?
  2. 果物の難読漢字【あ行】
  3. ①木通(読み方:あけび)
  4. ②西印度櫻桃(読み方:アセロラ)
  5. ③鰐梨(読み方:アボカド)
  6. ④杏(読み方:あんず)
  7. ⑤苺(読み方:いちご)
  8. ⑥無花果(読み方:いちじく)
  9. ⑦橄欖(読み方:オリーブ)
  10. 果物の難読漢字【か行】
  11. ⑧臭橙(読み方:かぼす)
  12. ⑨花梨(読み方:かりん)
  13. ⑩彌猴桃(読み方:キウイ)
  14. ⑪蕃石榴(読み方:グアバ)
  15. ⑫枸杞(読み方:クコ)
  16. ⑬蔓苔桃(読み方:クランベリー)
  17. ⑭葡萄柚(読み方:グレープフルーツ)
  18. 果物の難読漢字【さ行】
  19. ⑮桜桃(読み方:さくらんぼ)
  20. ⑯柘榴(読み方:ザクロ)
  21. ⑰平実檸檬(読み方:シークワサー)
  22. ⑱波羅蜜(読み方:ジャックフルーツ)
  23. ⑲西瓜(読み方:スイカ)
  24. ⑳五歛子(読み方:スターフルーツ)
  25. ㉑酢橘(読み方:すだち)
  26. 果物の難読漢字【た行】
  27. ㉒火龍果(読み方:ドラゴンフルーツ)
  28. ㉓麝香猫果(読み方:ドリアン)
  29. 果物の難読漢字【な行】
  30. ㉔梨(読み方:なし)
  31. 果物の難読漢字【は行】
  32. ㉕鳳梨(読み方:パイナップル)
  33. ㉖黒実鶯神楽(読み方:ハスカップ)
  34. ㉗八朔(読み方:はっさく)
  35. ㉘果物時計草(読み方:パッションフルーツ)
  36. ㉙甘蕉(読み方:バナナ)
  37. ㉚万寿果(読み方:パパイヤ)
  38. ㉛枇杷(読み方:びわ)
  39. ㉜葡萄(読み方:ぶどう)
  40. ㉝藍苺(読み方:ブルーベリー)
  41. ㉞西洋李(読み方:プルーン)
  42. 果物の難読漢字【ま行】
  43. ㉟麝香葡萄(読み方:マスカット)
  44. ㊱蜜柑(読み方:みかん)
  45. ㊲甜瓜(読み方:メロン)
  46. 果物の難読漢字【ら行】
  47. ㊳茘枝(読み方:ライチ)
  48. ㊴林檎(読み方:りんご)
  49. ㊵檸檬(読み方:レモン)
  50. 果物の名前には難しい漢字が多い

果物の難読漢字【ま行】

—名前(読み方) 漢字 難しさ
㉟マスカット 麝香葡萄 ★★★★☆
㊱みかん 蜜柑 ★★☆☆☆
㊲メロン 甜瓜 ★★★★☆

㉟麝香葡萄(読み方:マスカット)

甘味が強くそのまま食べることが多いマスカットは、「麝香葡萄」と書きます。「麝香」とはドリアン(麝香猫果)の項でも説明した通り強い香りを意味する言葉で、「強い香りを持つ葡萄」であることから「麝香葡萄」という漢字となりました。

㊱蜜柑(読み方:みかん)

様々な種類があり日本を代表する果物であるみかんは、生食、ジュース、ジャムなど多くの用途で親しまれています。「蜜柑」という漢字は「蜜のように甘い柑橘」という意味から付けられたものです。多くの品種があるみかんですが、一般的にみかんというと温州みかんを指します。

㊲甜瓜(読み方:メロン)

高級フルーツの代名詞ともいえるメロンは北海道の夕張が産地として有名ですが、漢字では「甜瓜」と書きます。「甜」の漢字には「甘い」という意味があり、甘い瓜であることからこの漢字表記になりました。

(*メロンの漢字表記について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

メロンを漢字で書くと?当て字では?由来や他の果物の難読漢字も紹介!

果物の難読漢字【ら行】

名前(読み方) 漢字 難しさ
㊳ライチ 茘枝 ★★★★★
㊴りんご 林檎 ★★☆☆☆
㊵レモン 檸檬 ★★★☆☆

㊳茘枝(読み方:ライチ)

ライチはレイシという果樹の実ですが、木であるレイシも、実を意味するライチも「茘枝」という漢字で表記されます。「茘」という漢字が使われているのは、中国の異民族が住んでいた土地である「大茘」が原産地であることが理由です。

(*ライチの漢字表記について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ライチを漢字「茘枝」の語源・由来は?読み方は「レイシ」?他の難しい果物の漢字も紹介!

㊴林檎(読み方:りんご)

青森県が生産量1位のりんごは漢字で「林檎」と書きますが、これは当て字であり本来は「ひんか」と呼びます。「檎」という漢字1文字は鳥を意味し、「甘い果実を求めて鳥が林に集まる」ことから林檎と表記されるようになったそうです。

関連する記事

×