ビール中瓶・大瓶はどっちが得?1本の容量・値段を比較して解説!

ビール中瓶・大瓶の特徴を知っていますか?今回は、ビール中瓶・大瓶の〈容量・カロリー・アルコール量〉などや、値段からどっちが得なのかも紹介します。ビール中瓶の美味しい飲み方・注ぎ方や商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ビール中瓶・大瓶1本の容量って?
  2. ビール中瓶は「500ml」
  3. ビール大瓶は「633ml」
  4. ビール中瓶・大瓶1本のカロリー・アルコール量は?
  5. ビール中瓶・大瓶1本のカロリー
  6. ビール中瓶・大瓶1本のアルコール量
  7. ビール中瓶と大瓶は値段的にどっちが得?
  8. ビール中瓶の美味しい飲み方・注ぎ方は?
  9. ビールは瓶・容器どちらも冷やす
  10. ビールの美味しい注ぎ方
  11. ビール中瓶のおすすめ商品
  12. ①アサヒスーパードライ中瓶500ml×20本(5,850円)
  13. ②キリン ラガー中瓶500ml×20本入(6,170円)
  14. ③サントリー プレミアムモルツ 中瓶 500ml×1ケース(20本)(5,840円)
  15. ビール中瓶を飲んでみよう

ビール中瓶・大瓶1本の容量って?

自宅で飲むビールは、缶ビールよりも瓶ビールの方が美味しいという人も多いでしょう。瓶ビールにも中瓶や大瓶などの種類があり、それぞれ容量が違います。まずは、瓶ビールのそれぞれの容量について確認しておきましょう。

ビール中瓶は「500ml」

程よいサイズ感である中瓶の容量は500mlであり、一般的なペットボトルと同じサイズということになります。中瓶の容量が500mlである理由については、中瓶は他の大瓶や小瓶よりも後に規格が定められたため、他のサイズの中間でありキリの良い数字である500mlに設定されたのでしょう。

ビール大瓶は「633ml」

ビール瓶の中で最も容量の多い大瓶の容量は、633mlと定められています。中途半端な数字の理由は規格が定められる前の1940年頃、当時のビール大瓶の容量は各メーカーでバラバラでした。それぞれのメーカーの容量を確認すると、最も大きい大瓶の容量が643mlで、最も小さい大瓶の容量が633mlだったのです。

最も容量の小さい大瓶に規格を合わせることで、容量の大きい瓶を製造していたメーカーでも、内容量のみを変更することで規格に対応できるようにしたのでしょう。

ビール中瓶・大瓶1本のカロリー・アルコール量は?

ビールの中瓶と大瓶で、カロリーとアルコール量にどの程度違いがあるのでしょうか。中瓶と大瓶のカロリーとアルコール量を、他のお酒などと共に比較してみましょう。

ビール中瓶・大瓶1本のカロリー

カロリー 糖質
ご飯(100g) 168kcal 35.6g
ビール(100ml) 40kcal 3.1g
ビール中瓶(500ml) 200kcal 15.5g
ビール大瓶(633ml) 253.2kcal 19.6g


※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

上の表は、ビールの中瓶と大瓶のカロリーと糖質の量を比較したものです。ご飯をお茶碗1杯(150g)食べた場合のカロリーが252kcalのため、中瓶を全て飲み切った場合は少し低く、大瓶を飲み切った場合は同じくらいのカロリーを摂取することとなります。

ビール中瓶・大瓶1本のアルコール量

1本あたり アルコール量
ビール中瓶(500ml) 18.5g
ビール大瓶(633ml) 23.4g
日本酒(720ml) 88.6g
赤ワイン(750ml) 69.8g
焼酎(720ml) 147.6g

上の表は、各お酒の瓶1本あたりのアルコール量を比較したものです。他のお酒と比較してビールのアルコール量は低めですが、一度に多くの量を飲めてしまうので飲み過ぎには注意しましょう。

各お酒を比較すると焼酎のアルコール量が飛びぬけて多いですが、一般的に焼酎はそのままストレートで飲むことは少ないでしょう。水やお湯などで割って飲むことが多いので、実際にはそこまでアルコールを摂取することはありません。

ビール中瓶と大瓶は値段的にどっちが得?

値段 1mlあたりの値段
ビール中瓶 500ml 293円 0.6円
ビール大瓶 633ml 386円 0.6円

上記は、Amazonで瓶ビールケースを購入した場合の1本あたりの値段を計算した表になります。中瓶も大瓶も1ml当たりの値段で比較すると違いはほとんど無く、どちらを飲んでも損得は無いでしょう。

ビール中瓶の美味しい飲み方・注ぎ方は?

瓶ビールは缶ビールと比べて手軽さはありませんが、味が美味しいというイメージも持つ人も多いでしょう。ビール中瓶を更に美味しく飲むための方法やビールの注ぎ方について、ポイントを押さえておきましょう。

ビールは瓶・容器どちらも冷やす

ビールメーカーのサントリーによると、最もビールを美味しく感じる温度は「夏場は4~6℃、冬場は6~8℃」とのことです。瓶ビールも例外ではなく、飲む直前まで冷蔵庫で冷やしておくことがポイントでしょう。更にビールを注ぐグラスやジョッキも冷やしておくことで、注いだ後の温度上昇をある程度抑えることができ美味しさが長持ちします。

ビールの美味しい注ぎ方

瓶ビールの場合は特に重要なのが注ぎ方でしょう。美味しいビールの注ぎ方を、手順に沿って紹介します。

①冷やしたグラスをテーブルに置く。
②グラスの底面に当てるようにビールを注ぎ、グラスの半分まで入れる。
③粗い泡が落ち着くまで待つ。
④ゆっくりとグラスの9割程度までビールを注ぐ。
⑤粗い泡が落ち着くまで待つ。
⑥泡が盛り上がるようにゆっくりとビールを注げば完成。

瓶ビールを上手く注ぐには、上記のような3度注ぎがポイントでしょう。ビールと泡の比率が7:3になるように注ぐことが理想とされており、上手に注ぐにはある程度の練習が必要なため機会を見つけて練習してみてください。

ビール中瓶のおすすめ商品

ここまでの記事を読んで、瓶ビールを飲みたくなった人も多いのではないでしょうか。ここからはビール中瓶のおすすめ商品をいくつか紹介しますので、気になった商品があればチェックしてみて下さい。

①アサヒスーパードライ中瓶500ml×20本(5,850円)

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51rYE1xH9dL._AC_SX466_.jpg

ビールの定番と言えるアサヒのスーパードライは、キレの良い辛口が特長の日本を代表するビールです。すっきりとして飲みやすいため、中瓶でもあっという間に飲み切ってしまうでしょう。

Amazon.co.jp: アサヒ スーパードライ中瓶500ml×20本入: 食品・飲料・お酒

②キリン ラガー中瓶500ml×20本入(6,170円)

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41D32wq2dfL._AC_.jpg

キリンラガービールは、爽やかな苦味と共に麦のコクを楽しむことができる人気の高いビールです。万人に受ける味でどんな料理にも合わせやすいので、まとめ買いしておくのも良いでしょう。

Amazon.co.jp: キリン ラガー中瓶500ml×20本入: 食品・飲料・お酒

③サントリー プレミアムモルツ 中瓶 500ml×1ケース(20本)(5,840円)

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41kILbwUMKL._AC_.jpg

定番となったプレミアムビールの代表格である、サントリーのプレミアムモルツです。華やかなホップの香りが拡がる苦味と甘味のバランスが良いビールで、金曜日の夜などちょっと贅沢をしたい気分の時にピッタリな1本でしょう。

Amazon.co.jp: サントリー プレミアムモルツ 中瓶 500ml×1ケース(20本)P箱付き ■1ケースで1口の送料・同梱も不可: 食品・飲料・お酒

ビール中瓶を飲んでみよう

今回は、瓶ビールの中瓶について紹介しました。缶ビールとは違った美味しさを楽しむことができる瓶ビールは、500mlの中瓶がちょうどよい量という人も多いでしょう。普段は缶ビールという人も、たまにはビール中瓶で乾杯してみて下さい。

関連する記事