ビールのアルコール度数は高い?低い?メーカー別に一覧で紹介!

ビールのアルコール度数はどれぐらいか知っていますか?他のお酒よりも高いのか低いのか気になりますね。今回は、ビールのアルコール度数を〈チューハイ〉など他のお酒と比較するとともに、発泡酒のアルコール度数も紹介します。ビールのアルコール量の計算方法や日本で買える高度数のビールも紹介するので参考にしてみてくださいね。

・【お酒、飲酒は20 歳を過ぎてから】
・【未成年者の飲酒は法律で禁じられています】

目次

  1. ビールのアルコール度数はどれぐらい?高い?
  2. ビールのアルコール度数は5%程度と低い
  3. ビールの度数をチューハイなど他のお酒と比較すると?
  4. ビールのアルコール度数別の商品一覧
  5. ビールとよく似た発泡酒のアルコール度数は?
  6. 発泡酒のアルコール度数は4〜5%程度
  7. 発泡酒のアルコール度数別の商品一覧
  8. ビールのアルコール量の計算方法も知っておこう
  9. アルコール量の計算式
  10. ビール(5%)に含まれるアルコール量
  11. ビール(9%)に含まれるアルコール量
  12. アルコール度数が高い日本で買える缶ビールのおすすめ銘柄3選を紹介
  13. ①ブリュードッグ トリプルヘイジー(9.5度/715円)
  14. ②ストーンIPA 3本セット(6.9度/1,980円)
  15. ③ブリュードッグ ミスタープレジデント(9.2度/781円)
  16. アルコール度数が低いビールの缶おすすめ銘柄3選を紹介
  17. ①サッポロ ザ ドラフティ(0.7度/3,680円)
  18. ②アサヒビアリー(0.5度/4,498円)
  19. ③アサヒビアリー香るクラフト(0.5度/4,498円)
  20. ビールのアルコール度数は高いものから低いものまで様々

ビールのアルコール度数はどれぐらい?高い?

ビールは、居酒屋での飲み会や宅飲みの際に欠かすことのできないお酒ですが、アルコール度数は何パーセント程度なのでしょうか。ここでは、生ビールや缶ビールの一般的なアルコール度数を、チューハイや日本酒などの他のお酒と比較しながら紹介します。

ビールのアルコール度数は5%程度と低い

日本で販売されている生ビールや缶ビールに含まれるアルコール度数は、約5%程度のものがほとんどです。なお、アルコール度数は、ビールが15℃の状態の時にエチルアルコールがどの程度含まれるかを示しています。また、アルコール濃度を示す5%と5度は、表示方法が違うだけで同じ意味です。

ビールの度数をチューハイなど他のお酒と比較すると?

お酒 アルコール度数
ビール 5%
チューハイ 5%
日本酒 15%
ワイン 15%
焼酎 20%
ラム酒 40%
ウイスキー 40%

一般的なチューハイのアルコール度数は、ビールと同程度です。一方、日本酒やワイン、焼酎などはビールよりアルコール度数が高く、酔いやすいお酒です。また、ラム酒やウイスキーなどはアルコール度数が非常に高いのが特徴で、少量飲んだだけでも泥酔する危険性があります。

ビールのアルコール度数別の商品一覧

以下は、人気のビールのアルコール度数を示したものです。

・アサヒ ビアリー:0.5%
・キリン 一番搾り生ビール:5%
・アサヒ スーパードライ:5%
・サッポロ エビスビール:5%
・サントリー ザ・プレミアム・モルツ:5.5%
・ストーンIPA:6.9%
・ブリュードッグ トリプルヘイジー:9.5%


日本で販売されているビールはアルコール度数5%程度が一般的ですが、近年は1%未満の微アルコールタイプも増えてきています。一方、海外製造のビールにはアルコール度数7%以上のものも多くあります。中でも、ブリュードッグのトリプルヘイジーは、爽快なのどごしがクセになることで人気の輸入ビールです。

ビールとよく似た発泡酒のアルコール度数は?

ビールとよく似たお酒に発泡酒がありますが、アルコール度数に違いはあるのでしょうか。ここでは、発泡酒の一般的なアルコール度数を紹介します。また、発泡酒の人気商品のアルコール度数もいくつか例を挙げて紹介するので、参考にしてください。

発泡酒のアルコール度数は4〜5%程度

発泡酒は一般的にアルコール度数が4~5%程度の商品が多く、ビールと比較して少し低めです。なお、ビールと発泡酒は原料である麦芽の割合にも違いがあります。ビールは麦芽を50%以上使用しているもの、発泡酒は50%未満のものを言います。発泡酒は麦芽の比率やアルコール度数が低いため、ビールに比べて淡白な味わいが特徴です。

発泡酒のアルコール度数別の商品一覧

発泡酒の人気商品のアルコール度数は、以下を参考にしてください。

・アサヒ スタイルフリー:4%
・サッポロ 極ZERO:4%
・キリン 淡麗グリーンラベル:4.5%
・サントリー おいしいZERO:5%
・サッポロ 麦とホップ:5%
・サントリー 金麦:5%
・キリン 淡麗生:5.5%

上記のように、発泡酒のアルコール度数は4~5%程度の商品がほとんどです。アルコール度数の高いキリンの淡麗生は、ビールと遜色ない刺激やのどごしが味わえることで人気があります。一方、お酒やアルコールが苦手な人は、アルコール度数4%程度の発泡酒の方が飲みやすく感じるようです。

ビールのアルコール量の計算方法も知っておこう

ビールから摂取したアルコールの重量は、どのようにして求めることができるのでしょうか。ここでは、アルコールの摂取量を求める計算式を紹介します。また、アルコール度数5%・9%のビールを飲んだ場合のアルコール摂取量もあわせて紹介するので参考にしてください。

アルコール量の計算式

ビールを飲んで摂取したアルコールの量は、純アルコール量(g)=ビールの摂取量(ml)×アルコール度数(%)/100×0.8の計算式から求めることができます。最後に乗じる0.8はアルコールの比重で、これをビールに含まれるアルコールの重量にかけることで正確な摂取量が求められます。

ビール(5%)に含まれるアルコール量

前述の計算式に当てはめると、アルコール度数5%のビールを飲んだ際の純アルコール摂取量は以下になります。

・350ml:純アルコール摂取量14g
・500ml:純アルコール摂取量20g
・700ml:純アルコール摂取量28g


純アルコール摂取量が14~20gの時は爽快期と呼ばれ、気分が晴れたり疲労感が軽減されたりして、楽しくお酒を飲める状態です。純アルコール摂取量が25gを越えるとほろ酔い期に入り、理性や判断能力が失われ始め、普段より身振り手振りが大きくなります。5%のビールであれば、500~700mlほど飲んでも悪酔いする危険性は低いでしょう。

ビール(9%)に含まれるアルコール量

アルコール度数9%のビールを飲んだ場合の純アルコール摂取量は、以下になります。

・350ml:純アルコール摂取量25.2g
・500ml:純アルコール摂取量36g
・700ml:純アルコール摂取量50.4g


アルコール度数が9%の場合は、350ml~500mlを摂取するとほろ酔い期に入ります。また、700mlを飲むと酩酊初期に入り、怒りっぽくなったり立ち上がった際にふらついたりする危険性が生じます。お酒の席で失敗したくない場合は、アルコール9%のビールは500mlまでに抑えましょう。

アルコール度数が高い日本で買える缶ビールのおすすめ銘柄3選を紹介

ここでは、日本で買える缶ビールの中からアルコール度数の高いおすすめ銘柄を3つ紹介します。アルコール度数が高く、刺激の強いビールを探している人は参考にしてみてください。

①ブリュードッグ トリプルヘイジー(9.5度/715円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/cbeer/21101012/

スコットランドで製造されているブリュードッグのトリプルヘイジーは、輸入ビールの中でも高度数の銘柄です。ピーチ・マンゴー・アプリコットを贅沢に使用し、フルーツの甘みとホップの苦味が絶妙に混ざり合っています。

<濃厚ヘイジーIPA!> ブリュードッグ トリプルヘイジー ニューイングランド IPA (缶) 9.5% 440ml 限定品

②ストーンIPA 3本セット(6.9度/1,980円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/tsutaya/10012655/

ストーンIPAは、アメリカを中心に世界中で人気の高いクラフトビールです。アルコール度数は6.9%と高く、1本飲むと気持ち良く酔うことができます。レモンやシトラスのフルーティーな風味を感じることができるので、爽やかな味わいのビールが好きな人におすすめです。

ストーンIPA 6.9% 355ml缶×3本組 【要冷蔵商品】【クラフトビール】【アメリカ】

③ブリュードッグ ミスタープレジデント(9.2度/781円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/cbeer/22022002/

ブリュードッグのミスタープレジデントも、アルコール度数が9度以上の刺激の強いビールです。キャラメルのように濃厚なモルトの風味が感じられるため、ビールの苦味が嫌いな人にもおすすめの銘柄です。マンゴーやパイナップルなど、果物の風味も楽しむことができます。

ブリュードッグ ミスター プレジデント ディファイアント ダブル IPA (缶) 9.2% 440ml

アルコール度数が低いビールの缶おすすめ銘柄3選を紹介

ここでは、アルコール度数が低い缶ビールの中からおすすめの銘柄を3つ紹介します。お酒が苦手な人や悪酔いしやすい人は、これらのビールを試してみてください。

①サッポロ ザ ドラフティ(0.7度/3,680円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/felicity-wine/sap0091/

サッポロのザドラフティは、ビール好きの人が毎日楽しく飲めるような商品を提供したいとの思いから作られた商品です。アルコール度数は0.7度と非常に低いため、お酒に酔いやすい人でも安心して飲むことができます。

サッポロ The DRAFTY 350ml 缶 24本 1ケース【送料無料(一部地域除く)】

②アサヒビアリー(0.5度/4,498円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/liquor-boss/025203/?iasid=07rpp_10095___e9-l2bfontx-c5-ea9c8921-8301-4a44-ba5b-70c5eb2d43aa

アサヒビアリーは、微アルコールビールのブームの火付け役とも言われています。ビール特有の香気成分を残すために、醸造してからアルコールを除去する製造方式をとっています。アルコール度数は低いものの、ビールの濃厚なうま味をそのまま味わうことができる商品です。

【あす楽】【全国一律送料無料】【アルコール0.5%】アサヒ ビアリー 350ml×24本 YLG

③アサヒビアリー香るクラフト(0.5度/4,498円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/liquor-boss/025510/

こちらは、前述のアサヒビアリーのクラフトビールタイプです。爽やかなフルーツの風味が楽しめるので、軽い味わいが好きな人におすすめのビールです。高級感のある白いパッケージは、女子会などのパーティーシーンにも適しています。

【送料無料】【アルコール0.5%】アサヒ ビアリー 香るクラフト 350ml×24本

ビールのアルコール度数は高いものから低いものまで様々

ビールは一般的にアルコール度数5%程度のものが多いですが、9%以上の高いものから、1%未満の低いものまで様々な種類があります。自身のアルコール耐性に合わせて、適したビールを選びましょう。なお、アルコールをどのくらい摂取したか把握したい場合は、今回紹介した計算式を活用してみてください。

関連する記事

×