ビールの値段は?コンビニ・スーパーで安いのは?サイズ・銘柄別に一覧で比較!

ビールの値段・価格を知っていますか?コンビニ・スーパーだとどっちが安いのか気になりますね。今回は、ビールの値段を〈コンビニ・スーパー〉や〈350ml缶・500ml缶・発泡酒・第三のビール〉など別で比較して、〈1本・6缶パック・ケース〉など本数別の価格の違いも紹介します。ビールの値段推移や一番安い価格で購入する方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

・【お酒、飲酒は20 歳を過ぎてから】
・【未成年者の飲酒は法律で禁じられています】

目次

  1. ビールの値段はどこが安い?コンビニ?スーパー?
  2. ビール【350ml缶】の値段・定価は?コンビニ・スーパーでどれぐらい違う?
  3. ビール【350ml】のコンビニ・スーパーの値段・価格の平均
  4. 発泡酒・第三のビール【350ml】の値段・価格の平均
  5. ビール【500ml缶】の値段・定価は?コンビニ・スーパーでどれぐらい違う?
  6. ビール【500ml】のコンビニ・スーパーの値段・価格の平均
  7. 発泡酒・第三のビール【500ml】の値段・価格の平均
  8. ビールの値段は1本・6本缶・ケースだとどれぐらい違う?一番安く買う方法は?
  9. ビール【350ml】を6本缶・ケースで買った時の1本あたりの値段の平均
  10. ビールはスーパーで6本缶・ケースで購入するのがおすすめ
  11. ビールの値段推移も知っておこう
  12. ビールの値段推移も知っておこう
  13. 現代のビールの値段推移に大きな動きはない
  14. ビールの値段を知っておこう

ビールの値段はどこが安い?コンビニ?スーパー?

ビールを購入できる大手のスーパーやコンビニとして、以下のものがあげられます。

・イオン
・西友
・イトーヨーカドー
・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート


ビールはコンビニでもスーパーでも購入できますが、販売価格は店によって異なります。安い値段でビールを購入したいと考えているなら、コンビニとスーパーのどちらが適しているのかを知っておくのは大切なことといえるでしょう。

ビール【350ml缶】の値段・定価は?コンビニ・スーパーでどれぐらい違う?

ビールの350ml缶もコンビニとスーパーでは、販売価格は異なります。コンビニとスーパーでビールの値段がどのくらい違うのかが気になるところです。ここではビールの350ml缶における、販売場所による値段の違いを説明します。

ビール【350ml】のコンビニ・スーパーの値段・価格の平均

ビールの350ml缶におけるコンビニとスーパーでの値段並びに価格の平均は、以下の通りです。

【コンビニ】
・サントリー プレミアムモルツ:243円
・アサヒ スーパードライ:207円
・キリン 一番搾り:207円
・サッポロ 生ビール黒ラベル:207円
・サッポロ エビスビール:240円

【スーパー】
・サントリー プレミアムモルツ:216円
・アサヒ スーパードライ:178円
・キリン 一番搾り:189円
・サッポロ 生ビール黒ラベル:190円
・サッポロ エビスビール:217円


ビール1本の販売価格はメーカーや種類を問わず、コンビニよりスーパーの方が安いです。仕事帰りに夕食のおかずとともにビールを買う人も多いですが、コンビニではなくスーパーで安い値段で購入するのがおすすめといえます。

発泡酒・第三のビール【350ml】の値段・価格の平均

ビールの350ml缶におけるコンビニとスーパーでの値段並びに価格の平均は、以下の通りです。

【コンビニ】
・サントリー 金麦(第三のビール):160円
・アサヒ アサヒ・ザ・リッチ(第三のビール):160円
・キリン 本麒麟(発泡酒):133円
・キリン のどごし生(第三のビール):160円
・サッポロ ゴールドスター(発泡酒):146円 

【スーパー】
・サントリー 金麦(第三のビール):122円
・アサヒ アサヒ・ザ・リッチ(第三のビール):140円
・キリン 本麒麟(発泡酒):105円
・キリン のどごし生(第三のビール):140円
・サッポロ ゴールドスター(発泡酒):140円


ビールより販売価格が安いことで知られる発泡酒と第三のビールも、コンビニよりスーパーの方がお得な値段で購入することができます。毎日の晩酌に発泡酒や第三のビールを楽しんでいる人は、値段が安いスーパーで休日にまとめ買いするとよいでしょう。

ビール【500ml缶】の値段・定価は?コンビニ・スーパーでどれぐらい違う?

ビール党の人の中には500ml缶を好む人も多いので、コンビニとスーパーの販売価格を知っておくと便利です。350ml缶より1本の価格が高いので、塵も積もれば山となります。ここでは500ml缶のビールにおける、コンビニとスーパーの価格の違いを説明します。

ビール【500ml】のコンビニ・スーパーの値段・価格の平均

ビールの500ml缶におけるコンビニとスーパーでの値段並びに価格の平均は、以下の通りです。

【コンビニ】
・サントリー プレミアムモルツ:341円
・アサヒ スーパードライ:286円
・キリン 一番搾り:286円
・サッポロ 生ビール黒ラベル:265円
・サッポロ エビスビール:333円

【スーパー】
・サントリー プレミアムモルツ:299円
・アサヒ スーパードライ:267円
・キリン 一番搾り:243円
・サッポロ 生ビール黒ラベル:267円
・サッポロ エビスビール:299円


350ml缶のビールと同様に、販売価格はコンビニよりスーパーの方が安いです。またスーパーによっては特売日やショップのクレジットカードを使うと、より安い値段で購入できることもあるので上手に活用することをおすすめします。

発泡酒・第三のビール【500ml】の値段・価格の平均

ビールの500ml缶におけるコンビニとスーパーでの値段並びに価格の平均は、以下の通りです。

【コンビニ】
・サントリー 金麦(第三のビール):223円
・アサヒ アサヒ・ザ・リッチ(第三のビール):223円
・キリン 本麒麟(発泡酒):187円
・キリン のどごし生(第三のビール):223円
・サッポロ ゴールドスター(発泡酒):206円 

【スーパー】
・サントリー 金麦(第三のビール):180円
・アサヒ アサヒ・ザ・リッチ(第三のビール):184円
・キリン 本麒麟(発泡酒):145円
・キリン のどごし生(第三のビール):184円
・サッポロ ゴールドスター(発泡酒):184円

発泡酒や第三のビールも350ml缶と同様に、コンビニよりスーパーの方が販売価格が安いのが基本です。発泡酒や第三のビールを特売にするスーパーも多いので、日頃からチラシやスーパーのネットショップのお知らせをチェックするのもよいかもしれません。

ビールの値段は1本・6本缶・ケースだとどれぐらい違う?一番安く買う方法は?

毎日のようにビールを飲む習慣があるのであれば、1本で買うより6本缶やケースで購入する方がお得です。しかし販売価格がどのくらい違うのかを、知らない人も多いようです。ここではビールを1本と6本缶、ケースで購入する際の販売価格について説明します。

関連する記事

×