洋菓子の種類・名前の一覧|チョコレート・クッキーなど人気スイーツを一挙紹介!

洋菓子のスイーツにはどんな種類があるか知っていますか?発祥国の異なる洋菓子は、多種多様です。今回は、洋菓子のスイーツの種類を〈ケーキ・焼き菓子・チョコレート〉などジャンル別に紹介します。人気スイーツを紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 洋菓子のスイーツの種類を一覧で紹介!
  2. 洋菓子のスイーツの種類一覧【ケーキ】
  3. ①タルトケーキ
  4. ②チョコレートケーキ
  5. ③チーズケーキ
  6. ④ショートケーキ
  7. ⑤ロールケーキ
  8. ⑥エンゼルケーキ
  9. ⑦パウンドケーキ
  10. ⑧フルーツケーキ
  11. ⑨バターケーキ
  12. 洋菓子のスイーツの種類一覧【焼き菓子・クッキー】
  13. ⑩フィナンシェ
  14. ⑫マドレーヌ
  15. ⑬ウエハース
  16. ⑭クッキー
  17. ⑮クラッカー
  18. ⑯ビスケット
  19. ⑰プレッツェル
  20. ⑱ワッフル
  21. 洋菓子のスイーツの種類一覧【シュー・パイ】
  22. ⑲シュークリーム
  23. ⑳エクレア
  24. ㉑サントノーレ
  25. ㉒ミルフィーユ
  26. ㉓アップルパイ
  27. ㉔シュトルーデル
  28. ㉕パルミエ
  29. ㉖フラン
  30. 洋菓子のスイーツの種類一覧【ゼリー・プリン系】
  31. ㉗プリン(カスタードプディング)
  32. ㉘ゼリー
  33. ㉙ババロア
  34. ㉚ムース
  35. 洋菓子のスイーツの種類一覧【アイスクリーム】
  36. ㉛アイスクリーム
  37. ㉜ジェラート
  38. ㉝シャーベット
  39. 洋菓子のスイーツの種類一覧【チョコレート】
  40. ㉞チョコレート
  41. ㉟ホワイトチョコレート
  42. ㊱クーベルチュールチョコレート
  43. 洋菓子のスイーツの種類一覧【その他】
  44. ㊲マカロン
  45. ㊳スフレ
  46. ㊴ダックワーズ
  47. ㊵マシュマロ
  48. 洋菓子のスイーツにはいろんな種類がある

洋菓子のスイーツの種類を一覧で紹介!

洋菓子と一言でいってもそこに分類されるスイーツはケーキやクッキー、チョコレート、焼き菓子など様々で、どの種類を好むかにも個人差があります。ここでは日本でも見かけることの多い洋菓子を、種類別に一覧にまとめて紹介します。洋菓子それぞれがどのようなスイーツなのかを知ったうえで、その美味しさを楽しむ参考にしてください。

洋菓子のスイーツの種類一覧【ケーキ】

洋菓子の王様ともいえるケーキは、人気が高いスイーツの筆頭といっても過言ではないでしょう。しかしケーキといっても様々な種類があり、味わいが異なります。ここでは一般的なケーキの種類と、それぞれの特徴について説明します。

(*ケーキの種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

ケーキの名前|全50種類を一覧で!チーズ・チョコレート系など紹介!

①タルトケーキ

タルトケーキとはフランスの定番ケーキの一種で、パートシュクレと呼ばれるタルト生地を使用することが特徴です。フランス語で甘い生地をさすパートシュクレは、無塩バターと粉砂糖、卵、薄力粉、塩で作られており、口の中に入れるとほろほろ崩れる食感を持ちます。そのパートシュクレにフルーツなどの具材を乗せて焼いたものを、タルトケーキと呼ぶのです。

(*タルトケーキの種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

タルトケーキの種類別のレシピ20選!生地の特徴など紹介!

②チョコレートケーキ

チョコレートケーキとは材料にチョコレートが使われているケーキ全般をさすため、その種類は豊富です。フランスが発祥のガトーショコラやフォンダンショコラ、オペラをはじめ、アメリカのブラウニー、オーストリアのザッハトルテもチョコレートケーキに分類されます。ケーキの種類によって甘さも口当たりも異なるので、好みのものを探してみるとよいでしょう。

(*チョコレートケーキの種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

チョコレートケーキの種類別の名前・画像一覧!作り方・レシピも紹介!

③チーズケーキ

日本でも人気が高いチーズケーキも材料にチーズを用いていることに変わりはなくても、様々な種類があることで知られています。最もポピュラーなのはきつね色になるまで焼いたベイクドチーズケーキですが、オーブンを使わずに冷やし固めるレアチーズケーキの人気も高いです。

また近年は湯煎焼きすることでクリーミーに仕上げた、ニューヨークチーズケーキを扱う店も増えており、風味や食感が異なるので目移りするほどです。

(*チーズケーキの種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

チーズケーキの種類はどれくらい?違いは?レシピのおすすめも紹介!

④ショートケーキ

日本におけるショートケーキとは、小麦粉を使用した弾力性のあるスポンジケーキを台にして、イチゴなどのフルーツとクリームを層になるようにあしらったものをさします。これは不二家の創設者である藤井林右衛門氏が、大正11(1992)年に販売したことがきっかけです。

しかし海外ではイチゴなどのフルーツをパンで挟み、その上にクリームをのせたものをショートケーキと呼ぶのが一般的です。

⑤ロールケーキ

ロールケーキとはスポンジ生地を板のように薄くしたものに、生クリームやチョコレートあるいはコーヒーのクリームを塗り、巻いて仕上げるケーキをさします。近年はこうしたシンプルなロールケーキだけでなくクリームにフルーツを混ぜたり、外側をチョコレートなどでコーティングするなど、アレンジしたものも増えています。

⑥エンゼルケーキ

出典:https://twitter.com/yrm834/status/1146298894852247554?s=20

エンゼルケーキはアメリカ発祥のスポンジケーキの一種で、卵黄とバターを使わない特徴があります。卵白のみを使用しているので見た目が白っぽくなるため、それが天使を連想させるとしてその名前がつきました。ふわふわした食感で口当たりがよいので、好んで食べる人が少なくありません。

⑦パウンドケーキ

パウンドケーキは後述するバターケーキの一種で、イギリスでは18世紀から食べられていたものです。パウンドケーキは小麦粉と砂糖、バター、卵を同量使用して作るので、独特のしっとりした食感が生まれます。ココアやキャラメルを練り込んだり、お茶やコーヒーの風味を加えたりと、アレンジしやすい洋菓子でもあります。

⑧フルーツケーキ

出典:https://twitter.com/TJ71859267/status/1370648997040324613?s=20

フルーツケーキはパウンドケーキの生地に、洋酒に漬けていたフルーツを細かく刻んだものやドライフルーツを混ぜ込んでから焼き上げたものをさします。洋菓子の中でも水分量が少ないため長期保存が可能なので、贈り物などに適しています。近年はフルーツケーキを生クリームなどでデコレーションして、販売する店も増えているようです。

⑨バターケーキ

出典:https://twitter.com/junko_k522/status/1372111183323361282?s=20

バターケーキとはスポンジケーキの中でも、生地の中にたくさんのバターを混ぜ込んで焼き上げたものをいいます。アメリカ発祥のケーキで、19世紀にベーキングパウダーが開発されたことをきっかけに、イギリス生まれのパウンドケーキをベースに発展したといわれています。パウンドケーキやフルーツケーキ、バームクーヘンもバターケーキに分類されるのです。

洋菓子のスイーツの種類一覧【焼き菓子・クッキー】

自宅でも手軽に楽しめる洋菓子といえば、クッキーに代表される焼き菓子といえるでしょう。自宅で手作りする人も多そうです。ここでは一般的な焼き菓子やクッキーの種類と、それぞれの特徴について説明します。

⑩フィナンシェ

出典:https://twitter.com/Bekynton40/status/1372540653419196426?s=20

フィナンシェとはフランスが発祥の焼き菓子で、バターケーキの一種です。フィナンシェが生まれた17世紀のフランスでは、栄養があるとしてアーモンドがよく食べられていました。そのためフィナンシェではアーモンドプードルを使用しており、焦がしバターの強い風味を持つことが特徴で、食感はサクサクとしています。

(*フィナンシェについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

フィナンシェとは?マドレーヌと違いは?名前の意味・由来や作り方レシピも紹介!

⑫マドレーヌ

マドレーヌもフランス発祥の焼き菓子で、マドレーヌ型と呼ばれるホタテ貝のような形状の容器に入れてオーブンで焼き上げる洋菓子です。フィナンシェと混同されることが多いですが、材料に全卵とベーキングパウダー、溶かしバターを使用しているところが違います。しっとりした食感で、甘いバターの風味を持つことが特徴です。

⑬ウエハース

ウエハースとはイギリスが発祥の焼き菓子で、小麦粉と卵と砂糖で作られた生地を型に入れて、薄く焼き上げたものです。軽くてサクサクした食感でそのまま食べるだけでなく、クリームやチョコレートを挟んだり、アイスクリームの付け合わせとして使用されたりと用途が幅広い洋菓子です。

⑭クッキー

クッキーはアメリカで発祥した焼き菓子で、日本では見た目が手作り風で、原材料における糖分と脂肪分の割合が40%以上のものと定義されています。クッキーはビスケットと比べると口どけが軽やかである特徴を持ち、生地にチョコチップやココアを練り込んだり、間にクリームを挟んだりとアレンジされている商品も多いです。

(*クッキーの種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

クッキーの種類を作り方で分類!名前一覧を特徴・レシピとともに紹介!

⑮クラッカー

出典:https://twitter.com/yuikohgami/status/1372513425780183040?s=20

クラッカーは後述するビスケットの一種で、イースト菌と酵母が含まれていることが特徴でしょう。砂糖を使わず塩で味をつけており、パンに近いサクサクした食感と軽い口当たり、噛むと砕ける歯応えを好む人が多いです。チーズなどをトッピングしたり、ジャムを挟んだりと食べ方によって印象が変わる焼き菓子です。

⑯ビスケット

ビスケットはイギリスの名称でアメリカのクッキーやフランスのビスキュイ、ドイツのビスキュイートと同義とされています。しかし日本ではクッキーと分類するために、原材料に占める糖分と脂肪分の割合が40%未満の焼き菓子を、ビスケットと定義しています。クッキーとの大きな違いは、材料に牛乳が使われることが多いことです。

⑰プレッツェル

出典:https://twitter.com/zakka_bridge/status/1372437581489598466?s=20

プレッツェルとはドイツ発祥の焼き菓子で、小麦粉とイースト菌を混ぜ合わせた生地を水酸化ナトリウム水溶液に漬けてから焼き上げたものです。生地を棒状に成形したうえで円形にして、両端を円の中央でこうさせた独特の形状をした焼き菓子です。しかし日本やアメリカでは、固いスティック状のプレッツェルが主流となっています。

(*プレッツェルについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ドイツのパン「プレッツェル」とは?食べ方や作り方・レシピのおすすめも紹介!

⑱ワッフル

出典:https://twitter.com/City88415041/status/1372539744538693641?s=20

ワッフルとは小麦と卵、砂糖、牛乳を混ぜ合わせた生地を格子状の方に入れて作る焼き菓子で、フランスではゴーフルと呼ばれています。日本にはパンケーキに似た軽くてふんわりとした食感のアメリカンワッフルと、イースト菌を使用し塩気の強いベルギーワッフルの両方が流通しています。またあんこやクリームを挟んだ、日本ならではのワッフルも人気です。

洋菓子のスイーツの種類一覧【シュー・パイ】

洋菓子ならではの食感が楽しめるものにシューやパイがありますが、そのバリエーションは多彩です。そのため好みが分かれる、洋菓子の種類と考えられます。ここでは一般的なシューやパイの種類と、それぞれの特徴について説明します。

⑲シュークリーム

シュークリームとはフランス発祥の洋菓子で、現地ではシュー・ア・ラ・クレームと呼ばれています。内部が空洞になったシュー生地に、カスタードクリームや生クリームなどを充填して作ります。近年は充填されるクリームにチョコレートやフルーツ果汁が使われることも多く、シュー生地も進化しているようです。

⑳エクレア

出典:https://twitter.com/ZUfw9POudkyFe9j/status/1369943487706107905?s=20

エクレアとはシュークリームの一種で、細長い形状のシュー生地にクリームを充填し、上からチョコレートを薄くかけた洋菓子のことです。フランス語で電や電光を意味する、エクレールが語源とされています。近年はコーティングにキャラメルや抹茶、コーヒーを用いるものも増えており、バリエーションが多彩な洋菓子です。

㉑サントノーレ

出典:https://twitter.com/andoyoro/status/1371034261722107905?s=20

サントノーレとはフランスの伝統菓子の一種で円盤状になったパイ生地を土台とし、カラメルを塗ったシューを並べ、中央にたっぷりのクリームとメレンゲを絞った洋菓子をさします。フランスでは祭事に食べることが多く、その見た目の華やかさから、近年注目を集めている洋菓子です。

㉒ミルフィーユ

出典:https://twitter.com/fashionpressnet/status/1371471263672066052?s=20

ミルフィーユもフランスの伝統菓子に名前を連ねており、キャラメリゼしたパイ生地3枚の間にカスタードクリームを挟み、粉糖をふりかけて作る洋菓子です。近年は生クリームやクレーム・レジュールを挟んだものや、イチゴなどを加えたものも増えています。キレイに食べるのが難しい洋菓子ですが、その美味しさは天下一品です。

(*ミルフィーユについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ミルフィーユとは?名前の意味・語源は?ミルクレープとの違いなども紹介!

㉓アップルパイ

アップルパイとは小麦粉にバターやショートニングを練り込ませて作った生地を皿状に成型し、砂糖にしたりんごを詰めてオーブンで焼き上げた、イギリス発祥の洋菓子です。アップルパイは国によって形状が違うことでも知られ、オーストリアではパイ生地は使用しているもののロールケーキのような形状です。

㉔シュトルーデル

出典:https://twitter.com/aogikaoru/status/1315247877766045696?s=20

シュトルーデルとはオーストリアが発祥の洋菓子で、練った小麦粉を薄くのばして生地を作り、フルーツやカッテージチーズをのせて巻いてから焼き上げます。現在ではドイツや東欧、イスラム圏でもよく食べられている洋菓子で、出来立てを食べるのが一番美味しいとされています。

㉕パルミエ

出典:https://twitter.com/CrepesARMORIQUE/status/1372489641442504704?s=20

日本でも人気が高いフランス菓子であるパルミエはパイの一種で、両端を織り込むことでハート形にした形状も人気の理由のようです。パルミエとはフランス語でヤシを意味し、その葉に形状が似ていることが名前の由来とされています。日本でも贈答品として用いられることの多い、洋菓子の一種です。

㉖フラン

出典:https://sweetsparis.com/mania/flan/

フランもフランスの伝統菓子の一種で、タルト生地に固めに仕上げたカスタードクリームを流し込んで焼き上げる洋菓子をさします。カスタードクリームとプリンの間程度の独特な食感で必ず円形に仕上げられ、洋菓子店だけでなくパン屋でも販売されていることが多いです。その独特な食感に魅了される人も、珍しくありません。

洋菓子のスイーツの種類一覧【ゼリー・プリン系】

ケーキや焼き菓子といった甘い洋菓子は苦手でも、ゼリーやプリンは楽しめる人も多いことでしょう。しかしババロアやムースとは何が違うのか、説明できないかもしれません。ここでは一般的なゼリーやプリンの種類と、それぞれの特徴について説明します。

㉗プリン(カスタードプディング)

日本におけるプリンはカスタードプディングをさしており、卵と牛乳、砂糖、バニラエッセンスなどの香料を混ぜて型に入れ、蒸し焼きにした洋菓子を意味します。加熱することで固まる卵の特徴を活用して作られているため、ゼラチンは使用していません。近年は焼きプリンなど、種類も増えています。

㉘ゼリー

ゼリーはイギリスが発祥とされている洋菓子で、ゼラチンや寒天、ペクチンなどの性質を利用して冷やして固めるスイーツの総称です。甘みは砂糖や果汁でつけ、中にフルーツなどを入れることもあり、弾力のある食感が特徴です。

(*ゼリーの種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

ゼリーのカロリー・糖質は?種類別やプリンと比較!ダイエット向き商品を紹介!

㉙ババロア

出典:https://twitter.com/iromizu4044/status/1371104094996164608?s=20

ババロアはプリンと似た洋菓子ですが、材料としてゼラチンが使われた冷菓であるところが違います。加熱せずに冷やして固めるため、卵や牛乳、生クリームなどの素材の味がわかりやすく、プリンと好みが分かれるスイーツといえます。

㉚ムース

出典:https://twitter.com/LadyBelle0714/status/1372467930353397761?s=20

ムースとはメレンゲに泡立てたクリームやフルーツソース、ピューレなどを加えて混ぜ、冷やし固めた洋菓子のことです。使用されるのは生クリームやチョコレートクリームが多く、ゼラチンを使用していないため生地が柔ら価格仕上がります。口当たりは滑らかなものの溶けやすく、形状を維持しにくいのでお皿に盛りつけるのが難しい洋菓子でもあります。

(*ムースについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ムースとは?ババロアやパンナコッタなどと違いは?作り方・レシピも紹介!

洋菓子のスイーツの種類一覧【アイスクリーム】

アイスクリームも日本人になじみ深い洋菓子の一種ですが、実は成分によって種類が明確に分類されています。さらに種類によって、舌触りが異なるので覚えておくと便利です。ここではアイスクリームの種類と、それぞれの特徴について説明します。

(*アイスクリームの種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

アイスクリームの種類別の違いとは?成分など商品例とともに比較して紹介!

㉛アイスクリーム

アイスクリームとは牛乳などの原料に空気を含ませて、クリーム状になるように冷やし固めた洋菓子のことです。日本で市販されているものは、含まれている乳脂肪分によってアイスクリームとアイスミルク、ラクトアイスなどに分類されています。様々なフレーバーのアイスクリームが、手軽に購入できます。

㉜ジェラート

ジェラートとはフルーツの果汁や果肉に卵白や牛乳、砂糖などを加えて混ぜてから凍らせて作る氷菓子のことで、フィレンツェが発祥とされています。乳脂肪分は4~8%ですが空気を含まないように配慮して作るのでアイスクリームより口当たりが滑らかで、コクのある味わいが特徴です。

(*ジェラートとアイスクリームの違いについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ジェラートとアイスクリームの違いとは?名前の意味や歴史・起源についても紹介!

㉝シャーベット

出典:https://twitter.com/TadoGreenFarm/status/1371266648418623489?s=20

シャーベットは日本では氷菓に分類されるもので、フルーツのジュースやピューレを凍らせたものを意味します。しかし中には、牛乳や卵白、ゼラチンを加えて作るものもあるようです。乳固形分が3%以下と定義されており、全般的に口当たりがさっぱりとしています。

洋菓子のスイーツの種類一覧【チョコレート】

近年のショコラティエ人気もあって、チョコレートにも様々な種類があることが認知されてきています。そしてチョコレートは種類による風味の違いが明確です。ここでは一般的なチョコレートの種類と、それぞれの特徴について説明します。

㉞チョコレート

チョコレートとは主原料であるカカオマスに砂糖やココアバター、粉乳などを加えて混ぜてから固めた洋菓子のことです。フランスではショコラと呼ばれており、加える砂糖の量によって甘くもほろ苦くも仕上がるものの、口の中で溶けるところは共通しています。

㉟ホワイトチョコレート

出典:https://twitter.com/chocolife213/status/1370941977634631684?s=20

ホワイトチョコレートはカカオマスではなく、カカオニブから抽出した脂肪分であるココアバターに、砂糖と粉乳を加えて作る洋菓子です。そのためチョコレートより飽和脂肪分が多いものの、カフェインが含まれていません。日本に流通しているホワイトチョコレートの中には、ココアバターではなく植物油で作っているものもあります。

㊱クーベルチュールチョコレート

出典:https://www.cotta.jp/products/detail.php?product_id=027404

クーベルチュールチョコレートはお菓子作りに使われることが多いものでカカオの成分が35%以上、カカオバター以外の代用油脂を使用していないチョコレートをさします。製菓用のチョコレートとして明確な国際規格が決められているため、どの国のものであってもカカオ本来の味が楽しめて、溶ければ流動性がよく固まると艶やかに仕上がることが特徴です。

(*クーベルチュールチョコレートについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

クーベルチュールチョコレートとは?意味や市販の板チョコとの違いなど紹介!

洋菓子のスイーツの種類一覧【その他】

これまで紹介したスイーツの種類に分類されていない洋菓子の中にも日本で人気を博しているものがあり、他の洋菓子にはない特徴を持っているものです。ここでは上記の分類には含まれない洋菓子でも人気が高いスイーツと、それぞれの特徴について説明します。

㊲マカロン

マカロンとはイタリア発祥の焼き菓子で、材料に卵白とアーモンドの粉末、砂糖を使用し、丸い山形に仕上げたものをいいます。外側はカリカリと中側はしっとりとした食感で、口に含むとアーモンドの香ばしい風味が広がります。近年は様々な種類のものが販売され、女性に人気の高い洋菓子として有名です。

(*マカロンの種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

マカロンとは?歴史や名前の意味・語源は?味・食感のほか作り方も紹介!

㊳スフレ

出典:https://twitter.com/Aj7W9dczXQofWVp/status/1371048793844588546?s=20

スフレとは果物やチーズを裏ごしたものにメレンゲを加えて混ぜ、オーブンで焼き上げたものをいいます。近年はチーズケーキにスフレタイプが増えていることで知られており、ふわふわとした軽い食感が特徴です。フランスではスイーツとしてではなく、主菜をスフレにすることもあります。

(*スフレについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

スフレとは?パンケーキ・シフォンケーキとの違いは?意味・作り方やレシピのおすすめを紹介!

㊴ダックワーズ

出典:https://twitter.com/mogfee/status/1370650147755941893?s=20

ダックワーズとはフランス菓子の一種で、アーモンドの粉と卵白、砂糖を混ぜて作るダックワース生地を用いていることが特徴です。楕円形に成形した生地を2枚使用し、クリームなどを挟んで粉糖をかけたものを半生状に焼き上げます。軽い口当たりではあるものの、半生なので食感は柔らかく滑らかさが感じられます。

(*ダックワーズについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ダックワーズとは?名前の意味は?マカロンの違いや作り方・レシピを紹介!

㊵マシュマロ

マシュマロとはメレンゲにシロップや水、ゼラチンを加えて作る洋菓子で、ソフトキャンディに分類されることが多いようです。舌触りは軽いのに噛むとふわふたとした弾力があり、そのまま食べても火で炙っても美味しいです。他の洋菓子の飾りつけとしても、用いられることがあります。

洋菓子のスイーツにはいろんな種類がある

今回は洋菓子のスイーツの種類をケーキや焼き菓子、チョコレートなどジャンル別に紹介しました。発祥国や調理法によって食感や甘さが異なるので、食べ比べてみるのも面白そうです。多種多様な洋菓子を知り、まだ食べたことがないものは機会があれば口にしてみることをおすすめします。

関連する記事