はじめてのお酒のおすすめ13選!ほろよいが一番?量・度数など飲み方の注意点も紹介!

20歳になってはじめてのお酒を飲む際のおすすめは何でしょうか?今回は、ほろよいなどはじめて飲むおすすめのお酒13選や、〈度数・量〉などはじめてのお酒で失敗しない飲み方・気をつけることを紹介します。はじめてには向かないお酒や失敗を回避するための対策も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 20歳になってはじめてのお酒は何がいい?飲む際の注意点は?
  2. はじめてのお酒で気をつけることは?飲み方や量・度数など注意点はある?
  3. ①空腹時に飲まない・食事も一緒に摂る
  4. ②一気飲み・大量にガブ飲みしない
  5. ③アルコール度数が5%より高いお酒は避ける
  6. ④頻繁にトイレに行く
  7. ⑤水分やお茶も等量飲む
  8. ⑥複数の種類のお酒を飲まない
  9. ⑦自分のお酒への強さを過信しない
  10. ⑧薬を服用している場合は医者に相談する
  11. はじめてのお酒向きなおすすめ13選!ほろよいが一番?
  12. ①サントリー ほろよい(度数:3%)
  13. ②キリン氷結チューハイ(度数:4%~5%)
  14. ③サッポロ ザ.ドラフティ(度数:0.7%)
  15. ④アサヒ カクテル・パートナー (度数:3%)
  16. ⑤カルピスサワー(度数:3%)
  17. ⑥スミノフアイス(度数:5%)
  18. ⑦サッポロ 男梅サワー(度数:5%)
  19. ⑧キリン 本搾りチューハイ オレンジ(度数:5%)
  20. ⑨アサヒビール 贅沢搾り グレープフルーツ(度数:4%)
  21. ⑩富永貿易 素滴しぼり 果汁100%チューハイ(度数:4%)
  22. ⑪コロナ・エキストラ(度数:4.5%)
  23. ⑫サントリー チューハイ GREEN 1/2 グリーンハーフ 糖質オフ(度数:5%)
  24. ⑬メルシャン 甘熟ぶどうのおいしいワイン 赤(度数:4%)
  25. はじめてのお酒で失敗を回避するための対策も知っておこう
  26. 自宅で自分のお酒の限界の量を知るのがおすすめ
  27. はじめてのお酒を楽しく飲もう

お酒をはじめて飲む人は、自分がどれくらいお酒を飲めるのか、限界を知りません。お酒の席で失敗しないために、自宅で自分の飲酒の限界量を知るため、まずは家族と一緒に弱いお酒から少しずつ飲んでいきましょう。気持ち悪くなったり、眠くなったりした時点がお酒の限界点です。

外でお酒を飲む時は、家まで自分の足で帰らなくてはならないので、限界点の手前までで飲酒はやめましょう。おすすめなのはほろよい気分で自宅に帰ることができる量です。それならば誰と飲酒をしても、恥ずかしい思いをすることはありません。

はじめてのお酒を楽しく飲もう

はじめてお酒を飲む人のための、お酒の席で失敗しないための注意点や対策、初心者におすすめのお酒などについて紹介しました。自分のお酒に対しての限界がわからない時は、無理することなく、少しずつお酒になれるようにしていきましょう。お酒を飲むことは新しい世界に足を踏み入れることで、楽しく飲めるよう、お酒との付き合い方に注意しましょう。

関連する記事

×