シャンディガフのアルコール度数は高い?低い?何杯飲んだら酔うの?

シャンディガフのアルコール度数を知っていますか?高いのか低いのか気になりますね。今回は、シャンディガフのアルコール度数をビールなど他のお酒と比較して、1杯のアルコール量や何杯で酔うのかを紹介します。シャンディガフに合うビールのおすすめ銘柄も紹介するので参考にしてみてくださいね。

・【お酒、飲酒は20 歳を過ぎてから】
・【未成年者の飲酒は法律で禁じられています】

目次

  1. シャンディガフのアルコール度数は低い?高い?
  2. シャンディガフはアルコール度数「3〜4度」のビールベースのカクテル
  3. シャンディガフの度数をビールなど他のお酒と比較すると?
  4. シャンディガフ1杯のアルコール量は?何杯で酔う?
  5. シャンディガフ1杯(200ml)のアルコール量は「約5g」
  6. シャンディガフの杯数別のアルコール量と酔い具合の目安
  7. シャンディガフの作り方・割合も知っておこう
  8. 材料
  9. 作り方・手順
  10. シャンディガフに合う市販ビールのおすすめ3選も紹介!
  11. ①ザ・プレミアムモルツ(5.5度/230円)
  12. ②フラーズ ロンドン プライド(5度/418円)
  13. ③ドラフトギネス(5度/300円)
  14. シャンディガフのアルコール度数を知っておこう

シャンディガフのアルコール度数は低い?高い?

シャンディガフはイギリスで生まれたと言われている、ビールをジンジャエールで割ったカクテルです。ジンジャエールを割ることで、度数やビール独特の苦味が抑えられており、ビールが苦手な人でも美味しく飲めると人気を集めています。ここでは、シャンディガフのアルコール度数やアルコール量、自宅で美味しく作る方法を紹介します。

シャンディガフはアルコール度数「3〜4度」のビールベースのカクテル

シャンディガフはビールとジンジャエールを1:1の割合で割ったカクテルで、アルコール度数は3〜4度と言われています。

ビールベースのカクテルと聞くと度数が高くて苦そうな印象があるかもしれませんが、実際はジンジャエールで割っているので度数は比較的低く、ジンジャエールの甘みがビールの苦味を弱めてくれるので飲みやすいと、女性にも人気の高いカクテルです。

シャンディガフの度数をビールなど他のお酒と比較すると?

お酒 アルコール度数
レッドアイ 2.5%
シャンディガフ 3%
ビール 5%
ジントニック 5%
ミントビア 6%
ハイボール 7%
ワイン 12%

上記の表から、シャンディガフは他のお酒と比較してアルコール度数が低いと言えます。普段、ビールやジントニックを飲む人にとっては軽めのお酒と言えるでしょう。通常ビールとジンジャエールを1:1で割り、度数約3度で作りますが、ジンジャエールの割合を増やせばさらに度数を低くして甘めのカクテルを作れます。

(*シャンディガフについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

シャンディガフとは?意味や由来・語源は?味や作り方も紹介!

シャンディガフ1杯のアルコール量は?何杯で酔う?

シャンディガフのアルコール度数は3〜4度ですが、実際シャンディガフ1杯の中にはどれくらいのアルコールが入っていて、何杯で酔うのでしょうか。シャンディガフの杯数別アルコール量と、酔い具合の目安を解説します。

シャンディガフ1杯(200ml)のアルコール量は「約5g」

シャンディガフのアルコール度数を3度として計算すると、シャンディガフ1杯あたり200mlのアルコール量は約5gです。ビールは200mlで8gのアルコール量が含まれているので、シャンディガフを飲んだ方がアルコール摂取量を抑えられます。しかし、アルコールを分解する能力や速度には個人差があるため、飲みすぎには注意が必要です。

シャンディガフの杯数別のアルコール量と酔い具合の目安

酔い具合 シャンディガフ何杯(3度) アルコール量
そう快期 4杯 20g
ほろ酔い期 4〜8杯 20g~40g
酩酊初期 12杯 60g
酩酊期 16〜24杯 80g~120g
泥酔期 28〜40杯 140g~200g
昏睡期 40杯 200g以上

・そう快期:爽やかで陽気な気分になり、判断力が少し鈍る状態
・ほろ酔い期:ほろ酔い気分になり、理性が失われる状態
・酩酊初期:気が大きく怒りっぽくなり、立つとふらつく状態
・酩酊期:何度も同じことを話し、吐き気が起こり、歩くと千鳥足になる状態
・泥酔期:まともに話したり立ったりできず、記憶がはっきりしない状態
・昏睡期:揺り動かしても起きず、大小便が垂れ流しの状態、死亡

シャンディガフのアルコール量は1杯あたり5gと他のお酒と比べて比較的低いです。個人差はありますが、一般的には4杯ほどで気持ちの良い酔いが始まります。8〜12杯ほど飲むと体温が上昇したり脈が速くなったり、立つとふらついたりなどの身体症状が出始め、それ以上飲むと記憶がなくなったり最悪死に至る可能性も出てきます。

シャンディガフの作り方・割合も知っておこう

関連する記事

×