シャンディガフとは?意味や由来・語源は?味や作り方も紹介!

シャンディガフとはどんなカクテルか知っていますか?今回は、シャンディガフの〈カクテル言葉〉や〈意味・由来・語源〉を、〈味わい・カロリー〉とともに紹介します。シャンディガフの美味しい作り方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. シャンディガフとはどんなお酒?カクテル言葉はあるの?
  2. シャンディガフとはビールをジンジャーエールで割ったカクテル
  3. シャンディガフのカクテル言葉は「無駄なこと」
  4. シャンディガフの意味や由来・語源は?
  5. シャンディガフの意味・由来ははっきりと分かっていない
  6. シャンディガフはもともとイギリスのパブで親しまれていたカクテル
  7. シャンディガフの味は?カロリー・アルコール度数はどれくらい?
  8. シャンディガフの味わい
  9. シャンディガフのカロリー
  10. シャンディガフのアルコール度数は3〜4%程度
  11. シャンディガフの美味しい作り方・レシピ
  12. シャンディガフにおすすめのビールの銘柄も知っておこう
  13. ①ハイネケン(250円)
  14. ②ドラフトギネス スタウト(257円)
  15. ③コロナ エキストラ(259円)
  16. シャンディガフとはどんなカクテルか知っておこう

シャンディガフとはどんなお酒?カクテル言葉はあるの?

シャンディガフは、バーや居酒屋で耳にすることのあるカクテルですが、どんなカクテルなのでしょうか。ここではシャンディガフがどんなお酒なのかについてや、カクテル言葉などを紹介します。

シャンディガフとはビールをジンジャーエールで割ったカクテル

シャンディガフはビールをベースにジンジャーエールで割って作るカクテルで、バーや居酒屋でも人気です。身近な材料で作れるので、自宅で気軽にビールカクテルを楽しみたい人にもおすすめのお酒です。

シャンディガフのカクテル言葉は「無駄なこと」

シャンディガフのカクテル言葉は「無駄なこと」で、よく似たカクテル言葉には以下のようなものがあります。

・カンパリソーダ:ドライな関係
・クロンダイク・ハイボール:本音と建て前
・トロピカル・レイン:遊び、スポーツ
・ブロンクス:まやかし


カクテル言葉は恋愛にまつわるものが多いですが、シャンディガフのように恋愛とは関係ない言葉もあります。トロピカル・レインの「遊び」は無駄なことや趣味を連想させるカクテル言葉です。また、クロンダイク・ハイボールの「本音と建て前」も、無駄につながるようなカクテル言葉です。

ほかにも、カンパリソーダの「ドライな関係」やブロンクスの「まやかし」も無駄なことに通じる退廃的なムードをイメージさせます。

(*カクテル言葉の一覧について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

カクテル言葉66選!意味や誕生日は?恋愛・失恋などシーン別に一覧で紹介!

シャンディガフの意味や由来・語源は?

シャンディガフはビールとジンジャーエールで作られる、比較的有名なカクテルですが、その由来や語源は何なのでしょうか。ここでは、シャンディガフの名前の由来や語源について紹介します。

シャンディガフの意味・由来ははっきりと分かっていない

シャンディガフは有名なカクテルですが、その名前の語源や意味ははっきりと分かっていません。ただし、フランスでは「混ぜ合わせる」という意味に「パナシェ」という名前のビールカクテルがあります。これはジンジャーエールではなくレモネードを使うカクテルですが、イギリスではパナシェのことも「シャンディ」と呼びます。

シャンディとパナシェ、混ぜ合わせるという言葉につながりがあるように推測されますが、「ガフ」については不明です。

シャンディガフはもともとイギリスのパブで親しまれていたカクテル

シャンディガフはもともとイギリスのパブで親しまれてきたカクテルで、黒いビールにジンジャーエールを合わせて飲んでいたようです。現在では普通のラガービールを使う方が一般的ですが、黒ビールで割ってみるのもおすすめです。

シャンディガフの味は?カロリー・アルコール度数はどれくらい?

シャンディガフは古くから親しまれてきた人気のビアカクテルですが、アルコール度数やカロリーはどれくらいあるのでしょうか。ここでは、シャンディガフの味わいやカロリー度数などについて紹介します。

シャンディガフの味わい

シャンディガフはビールののどごしの良さと程よい苦みに、生姜のスパイシーな風味がついた味わいです。後味がすっきりしていて、ピリッとした生姜の刺激がビールの苦みによく合います。ビールの苦みが苦手な人でも、比較的飲みやすいです。特に、ジンジャーエールを多めにしたシャンディガフは甘みも強くなるので、ジュース感覚で飲みやすいです。

シャンディガフのカロリー

100mlあたり カロリー 糖質
シャンディガフ 約37kcal 6.1g

シャンディガフのカロリーは100mlあたり、約37kcalで、グラス1杯分にすると70kcal程度です。大きなグラスに入れると200kcalくらいになりますが、比較的カロリーの低いお酒になります。糖質はやや多く、100ml当たり6.1gあるので、糖質制限をしている人には不向きです。

シャンディガフのアルコール度数は3〜4%程度

シャンディガフはビールをベースにしたビアカクテルで、ジンやテキーラ、ラムなどをベースにしたカクテルよりもアルコール度数は低いです。一般的なビールのアルコール度数は5.5%程度ですが、シャンディガフはジンジャーエールで割るため、さらに低い3~4%程度でお酒に弱い人でも飲みやすいです。

(*シャンディガフのアルコール度数について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

シャンディガフのアルコール度数は高い?低い?何杯飲んだら酔うの?

シャンディガフの美味しい作り方・レシピ

シャンディガフは身近な材料で作れるビアカクテルなので、以下の手順で自宅で作ってみるのもおすすめです。

①冷えたグラスにビールを注ぐ
②ジンジャーエールを注ぎ、軽く混ぜる


シャンディガフを作るときは、グラスも材料も良く冷やしておくのがおすすめです。順番も大切で、先にビールを注ぎ、後からジンジャーエールを泡の下にくぐらせるように注ぎましょう。一般的な割合はビールとジンジャーエールが1:1ですが、好みの割合に変えても構いません。コンビニで手に入る材料だけでも簡単に作れるので、試してみてください。

(*シャンディガフの作り方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

シャンディガフの作り方は?美味しい割合・比率は?合うビール・ジンジャエールも紹介!

シャンディガフにおすすめのビールの銘柄も知っておこう

シャンディガフは自宅でも簡単に作れるビアカクテルなので、シャンディガフに合うビールの銘柄を知っておくと便利です。ここでは、シャンディガフに合うおすすめのビールを紹介します。

①ハイネケン(250円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/yamaya-shop/4901411021928/

軽い口当たりとややフルーティーな味わいのハイネケンは、ジンジャーの風味と相性抜群で美味しいです。強い炭酸の刺激が、すっきりした軽いビールの風味をより良くします。ほのかに甘みもあるので、辛口のジンジャーエールと合わせると美味しいです。

楽天市場│ハイネケン

②ドラフトギネス スタウト(257円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/cbeer/17091203/#17091203

ギネスは人気の黒ビールで、濃厚な口当たりと強い香ばしい風味が絶品ですが、シャンディガフにするとバランスが良くなり美味しいです。もともとシャンディガフは黒ビールで作られていたようなので、昔の味わいを再現したい時にも向いています。

楽天市場│ドラフトギネス スタウト

③コロナ エキストラ(259円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/ricaoh/600154/

苦みが少なくライトな口当たりで飲みやすいコロナビールも、ジンジャーエールとよく合います。コロナと合わせる定番のライムの酸味も生姜と相性が良いので、シャンディガフを作るときはライムを添えるのもおすすめです。

楽天市場│コロナ エキストラ

シャンディガフとはどんなカクテルか知っておこう

シャンディガフはビールとジンジャーエールを合わせた人気のビアカクテルで、自分で作るのも簡単です。由来や語源などわからないことも多い不思議なカクテルですが、味わいは良くビールが苦手な人でも飲みやすいです。紹介したビールや作り方を参考に、美味しいシャンディガフを作ってみてください。

関連する記事

×