ギムレットとは?カクテル言葉の意味は?味・度数など特徴も紹介!

ギムレットという名前のカクテルを知っていますか?どんな言葉の意味・名前の由来があるのでしょうか?今回は、ギムレットのカクテル言葉・意味を、名前の由来や〈味わい・度数〉などの特徴とともに紹介します。ギムレットのカクテルのレシピ・作り方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ギムレットとはどんなカクテル?言葉の意味や名前の由来は?
  2. ギムレットの名前の由来・意味
  3. ギムレットのカクテル言葉
  4. ギムレットの味わい・度数は?どんなお酒?
  5. ギムレットの味わい・香り
  6. ギムレットのアルコール度数
  7. ギムレットのカクテルの作り方・レシピは?
  8. 材料
  9. 作り方・手順
  10. ギムレットのカクテル言葉・意味を知っておこう

ギムレットとはどんなカクテル?言葉の意味や名前の由来は?

花言葉があるように、カクテルにもカクテル言葉が付けられています。ギムレットと言うお酒には、興味深いカクテル言葉が付けられていますが知っていますか。今回はギムレットの名前の意味とカクテル言葉、また美味しいプロのレシピを紹介します。

ギムレットの名前の由来・意味

ギムレットと言う英語は本来、錐(キリ)を指しています。錐とは木材に穴をあける金属製のアイスピックのようなもので、カクテル・ギムレットの突き刺すようなイメージからその名が付けられました。

ギムレットは古くからある定番のカクテルで、19世紀にイギリス海軍の医師ギムレットが考案した飲み方です。当時の海軍ではジンが支給されていましたが、ギムレット医師は皆がお酒の飲み過ぎになることを心配します。そこでジンをライムジュースで割るカクテルの飲み方を推奨したことから、カクテル・ギムレットが始まりました。

ギムレットのカクテル言葉

ギムレットには「長い別れ・遠い人を想う」という切ないカクテル言葉があります。同じように、恋愛の終わりや別れを意味する言葉を持つカクテルは多くあります。

・ピニャコラーダ:淡い思い出
・ブラックベルベット:忘れないで
・ジプシー:しばしの別れ
・カサブランカ:甘く切ない思い出


カクテルには詳しくなくても、「ギムレットには早すぎる」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。これはハードボイルド小説の中の別れのシーンで、このカクテルを引き合いに出して主人公が言った有名なセリフです。同じようにピニャコラーダやブラックベルベットなど多くのカクテルにも、別れや切なさを意味する言葉が付けられています。

他にも告白する時にふさわしい意味を持つカクテルや、元気になれそうな言葉を持つものなど様々です。このようなカクテル言葉とその意味や由来を知っておくのも、いざという時の話のタネになるでしょう。

(*カクテル言葉の一覧について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

カクテル言葉66選!意味や誕生日は?恋愛・失恋などシーン別に一覧で紹介!

ギムレットの味わい・度数は?どんなお酒?

では実際にギムレットとは、どのようなカクテルなのでしょうか。ここではギムレットの味わいや香り、アルコール度数を紹介します。

ギムレットの味わい・香り

ギムレットは錐という名前の通り、ジンとライムの味わいがすっきりとした印象のカクテルです。ライムの爽やかさと後味の柔らかな甘みが飲みやすいカクテルで、ショートカクテルグラスで提供されます。

同じジンとライムを使ったカクテルに、ジンライムがあります。ジンライムはオンザロックで飲みますが、ギムレットはシェイカーで作るカクテルです。カクテルはシェイクすることでお酒のカドが取れ、まろやかな舌触りになります。ジンライムとギムレットを比べると、シェイクしてあるギムレットの方がなめらかで口当たりも優しく飲みやすくなっています。

ギムレットのアルコール度数

ギムレットのアルコール度数は29度から35度と、カクテルの中では高めです。これはベースに使っているジンのアルコール度数が、40度ほどとかなり高いためです。ギムレットはライムの爽やかさとスムースな口当たりで飲みやすいカクテルですが、アルコール度数は高いので飲み過ぎには注意してください。

ギムレットのカクテルの作り方・レシピは?

ここではプロのバーテンダーが教える、ギムレットの作り方を紹介します。本格的なカクテルになるポイントも紹介するので、参考にしてください。

材料

・ジン 45m
・ライムジュース 15ml
・シュガーシロップ 小さじ1

作り方・手順

ギムレットの作り方は、以下のとおりです。

①シェイカーにジン・ライムジュース・シロップを入れる
②シェイカーに氷を8分目ほど入れ、シェイクする
③冷えたグラスにギムレットを注ぐ


下準備としてカクテルグラスに氷を入れ、冷やしておきます。口当たりをなめらかにするために、空気を含ませるようシェイカーでしっかりとシェイクします。ギムレットに生のライムの搾り汁を使うと、苦味が加わり引き締まった味わいになります。加糖されたライムジュースを使う場合は、シュガーシロップは入れません。

ギムレットのカクテル言葉・意味を知っておこう

今回はギムレットのカクテル言葉とその意味、美味しい作り方を紹介しました。カクテル言葉を知っている人は少ないですが、いざ知っているとお酒の席が盛り上がります。またその場にあったカクテルを選ぶのもオシャレなので、ぜひ参考にしてみてください。

関連する記事

×