珍しい食べ物30選!世界や日本各地の変わった見た目・味の料理を紹介!

珍しい食べ物が日本・世界各国にあることを知っていますか?今回は、〈中国・韓国〉など世界や、〈和歌山・北海道・横浜〉など日本各地の珍しい食べ物を30選を紹介します。〈味わい・食感〉など珍しい食べ物の特徴や、通販サイトも紹介するので買ってみてくださいね。

目次

  1. 珍しい食べ物はどれくらいあるの?
  2. 三大珍味について
  3. 日本の三大珍味
  4. 海外の三大珍味
  5. 世界の珍しい食べ物
  6. ①カエルの唐揚げ(中国)
  7. ②カンガルーの肉(オーストラリア)
  8. ③ナクチヨンポタン(韓国)
  9. ④ザリガニ(デンマークやノルウェーなどの北欧)
  10. ⑤ココレチ(トルコ)
  11. ⑥アルパカ(ペルー)
  12. ⑦牛の脳味噌フライサンドイッチ(アメリカ)
  13. ⑧トナカイ(フィンランド)
  14. ⑨タランチュラの唐揚げ(カンボジア)
  15. ⑩エスカモーレ(メキシコ)
  16. 日本の珍しい食べ物
  17. ⑪クエ(和歌山)
  18. ⑫かんかい(北海道)
  19. ⑬桜の花漬(神奈川)
  20. ⑭ワニ料理(兵庫)
  21. ⑮もろこの箱ずし(愛知)
  22. ⑯しゃこの刺身(岡山)
  23. ⑰こいじゃっど(鹿児島)
  24. ⑱どろめ(高知)
  25. ⑲イソアワモチ(沖縄)
  26. ⑳もってのほか(山形)
  27. ㉑しもつかれ(栃木県)
  28. ㉒ヘボ料理(岐阜県)
  29. ㉓おばいけ(山口県)
  30. ㉔ごり煮(石川県)
  31. ㉕ふなんこぐい(佐賀県)
  32. ㉖イナゴの佃煮(群馬など)
  33. ㉗もうかの星(宮城県)
  34. ㉘鱧皮ちくわ(徳島県)
  35. ㉙ざざ虫(長野県)
  36. ㉚めだかの佃煮(新潟県)
  37. 珍しい食べ物を食べてみよう

珍しい食べ物はどれくらいあるの?

テレビなどのメディアでたびたび取り上げられる珍しい食べ物は、どれくらいあるのでしょうか。確かに世界中で食べられているものには、日本では考えられないものも多くありますが日本にも地元でしか食べられていない珍しい食べ物があります。ここでは世界の珍しい食べ物と日本の珍しい食べ物を一緒に紹介していきます。

(*珍しい果物・野菜についても紹介しているので、詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

珍しい果物25選!各国の変わった見た目・味のフルーツを紹介!
珍しい野菜33選!日本や世界の変わった見た目・名前の野菜を紹介!

三大珍味について

珍しい食べ物として有名なものは、三大珍味と呼ばれることがあります。普段ならまず食べることはないので、機会があれば食べてみたいものです。まずは日本の三大珍味と世界の三大珍味をそれぞれ詳しく見てみましょう。

日本の三大珍味

日本の三大珍味は以下のようになります。日本人にはよく知られていても海外では変わった食べ物になるようで、どれも世界の珍味に数えられることもあります。

・うに

出典:https://hitosara.com/dish/63uni.html

・からすみ

出典:https://ec.reachstock.jp/products/%E6%97%A5%E6%9C%AC3%E5%A4%A7%E7%8F%8D%E5%91%B3-%E8%B2%B4%E9%87%8D%E3%81%AA-%E7%B4%94%E5%9B%BD%E7%94%A3-%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%BF-130g

・このわた

出典:https://japan-word.com/konowata

日本の三大珍味は全体を通して日本酒などに合わせやすい食材が並んでいる印象です。近年ではワインにも合わせやすいことから、海外のレストランでも提供されることが多くなっています。特にからすみはパスタやワインと一緒に食べるとよく合うのでイタリアンレストランでもよく登場します。

また、ウニはお寿司に乗っているものではなく、生ウニを指しておりこちらも日本酒に合う食材です。このわたも、ナマコの腸を塩漬けして熟成したものなので、どれも「食べる」と言った感覚ではなく「舐める」と言った表現に近くなっています。

海外の三大珍味

続いて、海外の三大珍味を見てみましょう。以下が世界の三大珍味と言われていますが、フランスを中心とした食材です。

・キャビア

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%93%E3%82%A2-150g-50g%C3%973%E5%80%8B-%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E7%94%A3/dp/B077X5L76F

・フォアグラ

出典:https://www.gourmet-world.co.jp/shopping/?page=product&prod=2114

・トリュフ

出典:https://www.euro-ex.com/blog/item/12179.html

世界の三大珍味と呼ばれる食べ物は、お酒は一緒に飲むものの日本の三大珍味よりも食事に出される位置付けとなります。キャビアもトリュフも高価な食材ですが、塩味が強かったり香りを楽しむ為に削って少量出されるもので、一度の食事に出てくる量はそれほど多くありません。

また、フォアグラは濃厚でコクや旨味のある味わいでクリスマスのご馳走としてフランスでは食べられていますが、ガチョウに無理矢理高脂質の餌を与えて作られるため動物虐待として問題視され、アメリカでは食べられる地域が限られています。

(*キャビアやトリュフについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

キャビアとは?ランク別の値段や味は?食べ方や活用した料理レシピを紹介!
トリュフとは?黒と白で値段・匂いに違いある?探し方や香りを手軽に体験する方法も紹介!

世界の珍しい食べ物

三大珍味以外にも、世界には変わった食べ物が存在します。日本では意外なものや食べつけない食材もあるので、抵抗があるものもあるでしょう。しかし、実際に現地に行って食べてみるとおいしいという話もよく聞きくので、挑戦してみるのも良いでしょう。

①カエルの唐揚げ(中国)

出典:https://tokushou.co.jp/others/sonota_42.html

中国ではカエルの唐揚げを食べることがあり、中国語では田鶏(チンディ)と呼ばれています。日本ではカエルを食用とすることは変わった食べ物として敬遠されるイメージがありますが、味は少しパサツキのある鶏肉の唐揚げに近く、おいしいと好評のようです。

日本でも食用蛙は販売されていることがあり、インターネット上ではカエルの唐揚げのレシピも公開されているので、見かけたら作ってみるのも良いでしょう。

食用カエル足のもも肉

②カンガルーの肉(オーストラリア)

出典:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270301/27099314/

オーストラリアでは、昔からアボリジニによってカンガルーを捕獲し食べられており、現在では商業的に捕獲されています。そのためスーパーに行っても販売されているほか、イギリスやロシアにも輸出され日本にもごく少量ですが輸入が行われているようです。

味は家畜よりも濃厚で脂質が低く高たんぱく質なので、筋トレを行なっているならおすすめの肉と言えます。

カンガルー肉ロングフィレ

③ナクチヨンポタン(韓国)

出典:http://seoulmiki.blog.fc2.com/blog-entry-1358.html

ナクチヨンポタンとは、韓国の鍋料理でタコを丸ごと鍋に投入して作るものです。使われるタコはテナガダコと呼ばれる種類で、ナクチヨンポタンの他にも生きたまま踊り食いにしたりと、日本とは違う変わったタコ料理を食べています。

テナガダコはマダコよりも旨みが少ないですが、貝などからの旨味をたっぷりとったスープに入れるのでおいしいと日本人にも好評です。

④ザリガニ(デンマークやノルウェーなどの北欧)

出典:https://www.aquahermit.com/syokurepo_crayfish

北欧やアメリカの一部の地域では食用ザリガニを使った料理を食べており、エビやカニのような味わいと言われています。北欧とアメリカの食用ザリガニは種類は違うものの、どちらも非常に人気でどちらの国でもザリガニを食べるザリガニパーティが行われています。

日本でもおいしいと好評で、IKEAでは8月にザリガニフェスティバルが行われているので、行ってみるのもおすすめです。

⑤ココレチ(トルコ)

出典:https://tabicoffret.com/article/73495/index.html

ココレチはトルコの伝統的な料理で、ドネルケバブのように羊の腸をぐるぐる巻にして焼いたものを言います。羊の腸は日本人には見慣れない変わった食べ物ですが、ホルモンのような味わいでトルコに住む日本人は一時期は毎日ココレチを食べていたという人もいるようです。羊の腸は傷みやすいので、鮮度の良いお店を探して食べるようにしましょう。

⑥アルパカ(ペルー)

出典:https://chinniku.nav1.net/alpaca/

日本ではセーターの材料となったり動物園でのかわいらしい姿が有名ですが、ペルーでは刺身やステーキのようにしてアルパカを食べるようです。現地でも他の料理より3倍程度の値段なので、高い部類に入りますが、牛肉のような味わいで日本人でもおいしいと感じる人も多いようです。

⑦牛の脳味噌フライサンドイッチ(アメリカ)

出典:http://karapaia.com/archives/52051454.html

アメリカというとハンバーガーやフライドポテトなど、元々の料理をアレンジして作られたジャンクフードが有名ですが、変わった食材を使用したサンドイッチも存在します。牛の脳を油で揚げたサンドイッチは濃厚な味となっており、かつてはアメリカの一般家庭でもよく食べられていました。

しかし、BSEの問題が出てからは食べられなくなっています。

⑧トナカイ(フィンランド)

出典:https://dailyportalz.jp/kiji/161207198244

フィンランドではトナカイをクリスマスなどに食べることがあり、ローストビーフのような見た目で供されることがあります。味もくせがなくおいしいと好評で、日本でも都内や北海道で食べられるお店があります。赤ワインと合う赤身の肉なので、パーティーにもおすすめの食材です。

⑨タランチュラの唐揚げ(カンボジア)

出典:https://www.cnn.co.jp/travel/35096658.html

タランチュラと言うと日本では危険な生き物の1つと言われていますが、カンボジアではタランチュラを生で食べる人もいるほどです。中でもタランチュラのから揚げが人気で、20円前後で販売されています。食感はパリッとしており、エビやカニ味噌のような味がするという感想があります。

⑩エスカモーレ(メキシコ)

出典:https://jiburi.com/escamoles-mexico/

エスカモーレは蟻の卵を使った料理のことで、タコスやピラフなどに入れられることが多いようです。食感はプチプチとしており、日本の蜂の子に似ています。メキシコでは他にも蟻を使った料理が多く、幼虫をピラフにすることもあります。

日本の珍しい食べ物

日本にある変わった食べ物は何があるでしょうか。同じ日本でもその土地でしか食べられていない珍味が多くあります。また、地元で食べられているからと他県の人と話すと全くわからないこともあるので、話の中で変わった食べ物の話になったら話題に出すのも楽しいです。

⑪クエ(和歌山)

出典:https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%AF%E3%82%A8

クエは和歌山県のほか長崎県の一部で摂れる魚ですが、ほとんど水揚げされることはなく養殖がおこなわれています。それでも高級魚には変わりないので、料亭でも予約を受けてから仕入れています。クエ鍋や刺身など、さまざまな料理に使われる汎用性の高い白身魚です。

⑫かんかい(北海道)

出典:https://item.rakuten.co.jp/sanbankan/kobayashi/?l2-id=pdt_sl_item_iname_1#10009187

かんかいとはこまいとも呼ばれる北海道で獲れる鱈の仲間で、基本的には乾物にして食べます。乾燥させたかんかいは非常に硬く、食べるのもコツがいるようです。するめのようにお酒のおつまみにしてマヨネーズをつけて食べるのが一般的で、ビールに合わせるのがおすすめです。

北海道土産 珍味 カンカイ 氷下魚

⑬桜の花漬(神奈川)

出典:http://kyoudo-ryouri.com/food/2513.html

香りの強い7分咲きの八重桜を塩と白梅酢で漬けた小田原の名産で、桜湯のほか水洗いしてご飯にあえて桜ご飯としていただきます。塩で漬けているため保存性も高く、お弁当に入れると梅干しのように食中毒を防ぐ役目しても使えます。

桜花塩漬

⑭ワニ料理(兵庫)

出典:https://www.sankei.com/west/news/151228/wst1512280006-n1.html

ワニとは爬虫類のワニのことではなく、サメのことを指します。淡路島沖ではサメが良く獲れるため、肉の部分を酢味噌に漬けて食べることもあるようです。最近では食べる文化が減ってきているようで、文化を守るためハンバーガーの具材に入れるなどの取り組みが行われており、ささみのような味がします。

⑮もろこの箱ずし(愛知)

出典:http://kyoudo-ryouri.com/food/1725.html

もろことは淡水に住む小魚のことで、愛知県北西部でハレの日に作られています。小魚をいったん甘辛く生姜と煮込んでから押しずしにしますが、内臓の苦味が強いためあまりかき混ぜないのがコツのようです。お店では食べることがほとんどできない郷土料理なので、機会があればぜひ食べてみてください。

⑯しゃこの刺身(岡山)

出典:http://kyoudo-ryouri.com/food/2737.html

岡山県では瀬戸内海で獲れるしゃこを指し身として食べています。しゃこは死ぬと自分の体を溶かす酵素を出すので、他の地域ではしゃこはあまり食べることはありませんが、岡山県では鮮度が高く旨味が詰まったおいしいしゃこが食べられます。

⑰こいじゃっど(鹿児島)

出典:https://omiyagate.jp/omiyage/kagoshima-otsumami

こいじゃっどとはカツオの腹の皮を醤油に漬けて燻製にしたもので、深い味わいが楽しめる料理です。お酒のおつまみのほか、ほぐしてご飯に混ぜて食べるのもおすすめでカツオの旨味がご飯にしみこみおいしくいただけます。

こいじゃっど

⑱どろめ(高知)

出典:https://www.tosakatsuo.com/fs/tsukasa/dorome

どろめとは高知で食べられている珍味の一つで、カタクチイワシなどの稚魚のことを指します。生のままなので鮮度が落ちやすく、他の地域で食べられることはほとんどありません。ツルリとした食感とほのかな苦みが特徴です。高知はカツオのたたきが有名ですが、他にもご飯や日本酒のお供となる食材が多くあります。

どろめ

⑲イソアワモチ(沖縄)

出典:http://www.hachijo-vc.com/creature/archives/2009/06/post_706.php

イソアワモチとは沖縄の一部で食べられているアワモチの種類の1つで、海にいるナメクジのような変わった見た目をしています。食感が強く弾力がありますが、アワビのような味わいで、味噌炒めや炊き込みご飯にして食べることがい多いようです。

⑳もってのほか(山形)

出典:https://www.acoop-shonai.co.jp/shop_kiku/

もってのほかは山形を中心に食べられている食用菊の品種のことで、花びらをがくから外しおひたしや酢の物にして食べられます。シャキッと私した歯応えと香りのほか、独特の甘みと苦味が特徴で繊細な味わいとなっています。鮮やかな色味なので、食卓に加えると彩豊かな食事となるでしょう。

㉑しもつかれ(栃木県)

出典:https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/atsushi-hakuo/1603035

しもつかれは栃木県で食べられている伝統的な料理で、材料は鮭の頭と酒粕を使用しています。塩鮭の頭を煮込んだり大根や人参を粗くおろして作るため、見た目には賛否両論ありますが家庭ごとに味が違い、しもつかれを食べる2月の午の日にはお互いにおすそ分けして食べています。

㉒ヘボ料理(岐阜県)

出典:https://cookpad.com/recipe/5303619

へぼ料理とは岐阜県から長野県、愛知県の山間部で食べられている料理で黒スズメバチの幼虫を使った料理のことです。海がない地域は昔から虫を食べる文化が根付いており、貴重なたんぱく源でした。食べ方は炊き込みご飯や五平餅などさまざまな料理に混ぜ込んで食べられるようで、小エビのような食感とほんのりとした甘みが特徴です。

㉓おばいけ(山口県)

出典:http://collegebenefitspublishing.com/dish/035.php

おばいけはクジラの身と尾の間の部分のことで、刺身として酢味噌をつけて食べられています。コラーゲンが豊富でヘルシーなので女性にもおすすめの食材です。現在ではクジラはほとんど食べられなくなったうえ、おばいけの部分はほとんど流通されていないので、機会があればぜひて食べてみましょう。

㉔ごり煮(石川県)

出典:https://www.amazon.co.jp/%E4%BD%83%E9%A3%9F%E5%93%81%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%EF%BC%BB%E9%87%91%E6%B2%A2%E3%83%BB%E4%BD%83%E3%81%AE%E4%BD%83%E7%85%AE%EF%BC%BD-%E6%A5%B5%E4%B8%8A%E3%81%94%E3%82%8A-200g/dp/B005HNJ6ZU

ごりは清流に住むハゼの一種で佃煮にして食べられています。味付けが濃いのでごり本来の味はわかりにくいですが、くぎ煮のような味わいで洋酒のおつまみやご飯のお供として人気の料理です。

Amazon | [金沢・佃の佃煮] 極上ごり 200g | 佃食品株式会社 | 生鮮魚介類・水産加工品 通販

㉕ふなんこぐい(佐賀県)

出典:http://kyoudo-ryouri.com/food/455.html

ふなんこぐいは佐賀の郷土料理で、生きたままのふなを昆布で巻いて甘辛く長時間煮込む変わった調理を行います。鮒は泥臭さもあり身も食べにくいと言われる魚の1つですが、12時間から2日と非常に長く煮込むので骨までしっかり崩れるようになります。

㉖イナゴの佃煮(群馬など)

出典:https://www.tsukahara-chinmi.com/item/A-016/

イナゴの佃煮は稲刈りの季節に大量発生するイナゴを捕まえて佃煮にしたものです。見た目はイナゴそのままですが、甘辛くパリッとした食感となっており栄養価も高い料理です。イナゴの佃煮を食べる地域は幅広く、群馬県のほか長野県や山形県などの内陸地を中心に食べられています。

いなご田舎炊 1kg 創業74年【佃煮専門店 伊那の幸 塚原信州珍味】|いなご 蜂の子 わかさぎ ざざむしなど佃煮・甘露煮

㉗もうかの星(宮城県)

出典:http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/hosoi/2525

宮城県気仙沼市周辺では、もうかざめの心臓を刺身にして食べています。血のある状態で出てくるため見た目は敬遠する人もいるようですが、コリコリとした食感があり臭みもなくおいしいおつまみとなります。

もうかの星

㉘鱧皮ちくわ(徳島県)

出典:http://kyoudo-ryouri.com/food/3027.html

鱧の皮を竹に巻き付けて甘辛くして焼いたちくわで、むっちりとした食感が味わえます。徳島の中でもそれほど知られておらず、知らない人もいるようですがスダチを絞ったり鱧のそのままの味を楽しんだりとさまざまな味わい方ができます。

㉙ざざ虫(長野県)

出典:https://gurutabi.gnavi.co.jp/i/i_2140/

ざざ虫とはかわけらの幼虫のことで、川の上流の方に生息しているためザーザーしている場所にいることからざざ虫と呼ばれています。佃煮にして食べられるのが一般的で、お土産にもされていますが最近では数が取れなくなってきているため、貴重な食材と言えるでしょう。

㉚めだかの佃煮(新潟県)

出典:https://shop.ng-life.jp/urumekko/0441-001/

メダカの佃煮は雪深く、流通の少なくなる新潟では貴重な栄養源でした。そのため保存性の高い佃煮にされており、味わいはほろ苦いのが特徴です。基本的には緋メダカと言う種類のメダカを使用しますが、メダカ自体の数も減ってきているので、生産者も少なくなっています。

珍しい食べ物を食べてみよう

珍味と呼ばれる変わった食べ物は、長い歴史の中で保存や栄養を考えて作られたものでした。グロテスクだからと敬遠しそうなものもありますが、食べてみるとおいしいこともあり現地にいる間何度も食べることもあります。伝統的な食文化を大切にしていきましょう。

関連する記事