珍しい食べ物30選!世界や日本各地の変わった見た目・味の料理を紹介!

珍しい食べ物が日本・世界各国にあることを知っていますか?今回は、〈中国・韓国〉など世界や、〈和歌山・北海道・横浜〉など日本各地の珍しい食べ物を30選を紹介します。〈味わい・食感〉など珍しい食べ物の特徴や、通販サイトも紹介するので買ってみてくださいね。

目次

  1. 珍しい食べ物はどれくらいあるの?
  2. 三大珍味について
  3. 日本の三大珍味
  4. 海外の三大珍味
  5. 世界の珍しい食べ物
  6. ①カエルの唐揚げ(中国)
  7. ②カンガルーの肉(オーストラリア)
  8. ③ナクチヨンポタン(韓国)
  9. ④ザリガニ(デンマークやノルウェーなどの北欧)
  10. ⑤ココレチ(トルコ)
  11. ⑥アルパカ(ペルー)
  12. ⑦牛の脳味噌フライサンドイッチ(アメリカ)
  13. ⑧トナカイ(フィンランド)
  14. ⑨タランチュラの唐揚げ(カンボジア)
  15. ⑩エスカモーレ(メキシコ)
  16. 日本の珍しい食べ物
  17. ⑪クエ(和歌山)
  18. ⑫かんかい(北海道)
  19. ⑬桜の花漬(神奈川)
  20. ⑭ワニ料理(兵庫)
  21. ⑮もろこの箱ずし(愛知)
  22. ⑯しゃこの刺身(岡山)
  23. ⑰こいじゃっど(鹿児島)
  24. ⑱どろめ(高知)
  25. ⑲イソアワモチ(沖縄)
  26. ⑳もってのほか(山形)
  27. ㉑しもつかれ(栃木県)
  28. ㉒ヘボ料理(岐阜県)
  29. ㉓おばいけ(山口県)
  30. ㉔ごり煮(石川県)
  31. ㉕ふなんこぐい(佐賀県)
  32. ㉖イナゴの佃煮(群馬など)
  33. ㉗もうかの星(宮城県)
  34. ㉘鱧皮ちくわ(徳島県)
  35. ㉙ざざ虫(長野県)
  36. ㉚めだかの佃煮(新潟県)
  37. 珍しい食べ物を食べてみよう

珍しい食べ物はどれくらいあるの?

テレビなどのメディアでたびたび取り上げられる珍しい食べ物は、どれくらいあるのでしょうか。確かに世界中で食べられているものには、日本では考えられないものも多くありますが日本にも地元でしか食べられていない珍しい食べ物があります。ここでは世界の珍しい食べ物と日本の珍しい食べ物を一緒に紹介していきます。

(*珍しい果物・野菜についても紹介しているので、詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

珍しい果物25選!各国の変わった見た目・味のフルーツを紹介!
珍しい野菜33選!日本や世界の変わった見た目・名前の野菜を紹介!

三大珍味について

珍しい食べ物として有名なものは、三大珍味と呼ばれることがあります。普段ならまず食べることはないので、機会があれば食べてみたいものです。まずは日本の三大珍味と世界の三大珍味をそれぞれ詳しく見てみましょう。

日本の三大珍味

日本の三大珍味は以下のようになります。日本人にはよく知られていても海外では変わった食べ物になるようで、どれも世界の珍味に数えられることもあります。

・うに

出典:https://hitosara.com/dish/63uni.html

・からすみ

出典:https://ec.reachstock.jp/products/%E6%97%A5%E6%9C%AC3%E5%A4%A7%E7%8F%8D%E5%91%B3-%E8%B2%B4%E9%87%8D%E3%81%AA-%E7%B4%94%E5%9B%BD%E7%94%A3-%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%BF-130g

・このわた

出典:https://japan-word.com/konowata

日本の三大珍味は全体を通して日本酒などに合わせやすい食材が並んでいる印象です。近年ではワインにも合わせやすいことから、海外のレストランでも提供されることが多くなっています。特にからすみはパスタやワインと一緒に食べるとよく合うのでイタリアンレストランでもよく登場します。

また、ウニはお寿司に乗っているものではなく、生ウニを指しておりこちらも日本酒に合う食材です。このわたも、ナマコの腸を塩漬けして熟成したものなので、どれも「食べる」と言った感覚ではなく「舐める」と言った表現に近くなっています。

海外の三大珍味

続いて、海外の三大珍味を見てみましょう。以下が世界の三大珍味と言われていますが、フランスを中心とした食材です。

関連する記事