6月が旬の食材・食べ物30選|魚介類・果物・野菜別に活用レシピとともに紹介!

6月が旬の食材・食べ物には何があるか知っていますか?今回は、6月が旬の食材・食べ物を〈野菜・果物&フルーツ・魚介類〉別にそれぞれ食べ方のおすすめとともに紹介します。6月が旬の食材を活かしたレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 6月が旬の食材には何がある?
  2. 6月が旬の食材・食べ物10選|魚介類
  3. ①アジ
  4. ②穴子
  5. ③鮎
  6. ④いわし
  7. ⑤カワハギ
  8. ⑥車海老
  9. ⑦サザエ
  10. ⑧ハモ
  11. ⑨ホタテ
  12. ⑩ホッケ
  13. 6月が旬の食材・食べ物10選|果物・フルーツ
  14. ①スイカ
  15. ②メロン
  16. ③すもも
  17. ④パイナップル
  18. ⑤パッションフルーツ
  19. ⑥びわ
  20. ⑦さくらんぼ
  21. ⑧マンゴー
  22. ⑨キウイ
  23. ⑩ドリアン
  24. 6月が旬の食材・食べ物10選|野菜
  25. ①きゅうり
  26. ②とうもろこし
  27. ③枝豆
  28. ④みょうが
  29. ⑤大葉
  30. ⑥パプリカ
  31. ⑦アスパラガス
  32. ⑧オクラ
  33. ⑨ナス
  34. ⑩トマト
  35. 6月が旬の食材を活かした料理レシピ!
  36. アジフライの青しそタルタルソース添え
  37. ホタテとトマトの冷製パスタ
  38. パイナップルとパッションフルーツのヨーグルトシェイク
  39. マンゴーの寒天デザート
  40. 夏野菜カレー
  41. 夏野菜の揚げ浸し
  42. 6月が旬の食材を使って料理しよう!
あゆ(鮎)の旬の時期・季節は?産地や美味しい食べ方は?シーズン別の味の違いなども紹介!

④いわし

魚介類の中でも、古くから安い魚として親しまれてきたいわしは、回遊魚のため沖縄以外のどこでも獲れます。6月に北海道で獲れる真いわしは脂乗りが特に良く、体長が20cmにもなると極上品とされています。食べ方も多様で、料理では刺身やマリネ、蒲焼きにしても良し、つみれにしても美味しいです。

(*いわしの旬について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

いわしの旬の時期・季節はいつ?種類や産地で違う?栄養価や食べ方のおすすめも紹介!

⑤カワハギ

厚い皮を丸ごと剥いで食べることから、カワハギやマルハゲと呼ばれている魚です。産卵期を迎える夏はその身が特に美味しいとされています。カワハギは肝も好まれていますが、肝は栄養を蓄えている冬の方が美味しいです。瀬戸内海から九州でよく獲られていて、淡白な味わいが煮付けや唐揚げ、マリネに良く合うので試してみてください。

(*カワハギの旬について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでください。)

カワハギの旬の時期・季節はいつ?身と肝で違う?選び方や食べ方のおすすめも紹介!

⑥車海老

独特な殻の模様で、まるまった時に車輪に見えることから名付けられた車海老は、「姿伊勢海老、味車海老」というくらい身が美味しい海老です。愛知県や愛媛県でよく水揚げされている高級食材で、湯引きや天ぷらで食べるのがおすすめです。車海老は生のままよりも、少しでも火を通すと甘みが増して美味しいと言われています。

⑦サザエ

イボのある殻と入り口に蓋があるのが特徴的なサザエの旬の時期は、3月〜8月と魚介類の中でも長いです。旬のサザエは何よりも新鮮さが大事で、新鮮だと刺身でも食べることができます。独特な磯の香りがありますが、壺焼きで食べるのが人気で、炊き込みご飯にしても美味しいです。三重県や千葉県産が市場で多く売られています。

(*サザエの旬について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでください。)

サザエの旬の時期・季節はいつ?種類や食べ方・レシピのおすすめも紹介!

⑧ハモ

ハモと言えば京料理で使われている高級食材のイメージがありますが、実はハモ自体は手頃な価格で手に入れることができます。魚介類の中でも生命力が強く、昔は淡路島や和歌山で獲れたハモが、京都まで運ばれても生きていたとされています。産卵前後の時期が旬で、6月〜8月と10月〜11月が旬です。湯引きやお吸い物、天ぷらとして食べるのがおすすめです。

(*ハモの旬について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでください。)

関連する記事

×