妊婦・妊娠中は梅昆布茶NG?カフェインがあり危険?安全な飲み方を紹介!

梅昆布茶を妊婦が飲んでも大丈夫なのでしょうか?今回は、妊婦・妊娠中は梅昆布茶を飲んでもいいのかを、〈カフェイン・ヨウ素〉など懸念点や飲む際の注意点とともに紹介します。妊婦・妊娠中でも安全な昆布茶のおすすめや飲み過ぎてしまった場合の対処法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 梅昆布茶を妊婦が飲んでもいいの?カフェインがあるから危険?
  2. 梅昆布茶はカフェインゼロで妊娠中でも飲み方に気をつければOK
  3. 梅昆布茶は妊婦に嬉しい栄養が豊富
  4. 梅昆布茶を妊婦が飲む際の懸念点は?
  5. ①塩分が多い
  6. ②ヨウ素が含まれている
  7. 梅昆布茶を妊婦が飲む場合の注意点は?
  8. 梅昆布茶を妊娠中に飲む量は1日に1杯まで
  9. 妊婦が梅昆布茶を飲み過ぎた場合の対処法は?
  10. 心配な場合は病院に行こう
  11. 妊婦・妊娠中でも安全な梅昆布茶のおすすめ商品を紹介!
  12. ①菱和園梅昆布茶
  13. ②無添加生梅こぶ茶
  14. 梅昆布茶以外に妊婦が気を付けるべき飲み物は?
  15. 妊婦・妊娠中は梅昆布茶の飲み方に気をつけよう

梅昆布茶を妊婦が飲んでもいいの?カフェインがあるから危険?

梅昆布茶は酸味がある飲み物なので、つわりの時期など妊娠中に飲みたくなった経験を持つ人もいるかもしれません。妊娠中に口にする物には敏感になりますが、ここでは妊婦が梅昆布茶を飲んで良いのか、カフェインは含まれているのかといった疑問について解説します。

梅昆布茶はカフェインゼロで妊娠中でも飲み方に気をつければOK

梅昆布茶はカフェインゼロなので、妊娠中でも飲み方さえ気を付ければ飲んでも問題ありません。妊婦がカフェインを摂り過ぎると、妊婦や胎児に以下のような影響を及ぼす恐れがあります。

・妊婦の貧血や体調不良
・胎児の低体重
・自然流産

カフェインは目や頭を冴えさせる効果がある一方、血管を収縮させる作用があるため、妊娠中に摂取することは妊婦と胎児に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。そのため、妊婦はカフェインをなるべく避けノンカフェインの飲み物を選択することが望ましいです。妊娠中だけでなく授乳中も同じことが言え、梅昆布茶はどちらの時期にも相応しい飲み物です。

梅昆布茶は妊婦に嬉しい栄養が豊富

梅昆布茶には、以下のような妊婦に嬉しい栄養が豊富に含まれています。

・クエン酸
・アルギン酸
・カルシウム
・鉄分


クエン酸は梅に含まれる栄養素として知られますが、疲労回復やむくみの解消の効果が期待できます。妊娠中は体質が変化し疲れやすくむくみやすくなるので、クエン酸を摂取できる梅昆布茶はおすすめの飲み物です。アルギン酸は昆布に含まれる栄養素で、血圧が上昇するのを抑えたり、コレステロールを下げたりする作用があります。

赤ちゃんをお腹の中で育てている妊婦にとって、骨や血のもとになるカルシウムや鉄分は不足しがちな栄養素です。カルシウムが足りなくなると骨が弱く、鉄分が足りなくなると貧血気味になり、赤ちゃんの成長に影響を及ぼすことも考えられます。そのため、妊婦はカルシウムや鉄分が豊富な梅昆布茶を積極的に飲むとよいでしょう。

梅昆布茶を妊婦が飲む際の懸念点は?

梅昆布茶は妊婦にも赤ちゃんにも必要なクエン酸・アルギン酸などの栄養素が含まれるので、妊娠中におすすめの飲み物ですが、飲む際には気を付ける点があります。ここでは、妊婦が梅昆布茶を飲むことに対する懸念点について紹介します。

①塩分が多い

梅昆布茶は塩分が多く、飲み過ぎると胎児や妊婦に対して以下のような悪影響が現れる恐れがます。

・妊娠高血圧症候群
・むくみ
・子宮胎盤機能不全
・胎児発育不全


妊娠中の食事は薄味が良いとされ、1日あたりの塩分量は6.5g以下に抑えることを推奨されていますが、梅昆布茶に含まれる塩分は1杯およそ0.9gです。他の食事からも塩分摂取することを考えると、梅昆布茶の飲み過ぎは塩分の摂り過ぎになる可能性が高くなります。

塩分の摂り過ぎによって血圧が上がり妊娠高血圧症候群を発症すると、体がむくむだけでなく、吐き気や嘔吐などの症状が出る場合もあります。また、妊娠高血圧症候群は胎児の成長が遅れる胎児発育不全や、胎児への栄養の供給が不足する子宮胎盤機能不全などの原因となり、赤ちゃんへ悪影響を及ぼす恐れもあるため注意が必要です。

②ヨウ素が含まれている

梅昆布茶にはヨウ素が含まれていますが、摂取し過ぎると赤ちゃんが甲状腺機能低下症を発症する場合があります。甲状腺機能低下症が進行すると、赤ちゃんの精神や体の発育に影響を及ぼす恐れがあります。

ヨウ素は甲状腺ホルモンの形成に作用する成分で、エネルギー代謝や細胞の成長や発達など赤ちゃんの成長や妊婦にとって必要不可欠な栄養素ですが、摂り過ぎには注意が必要です。海藻類に多く含まれる栄養素で、海藻類を良く食べる日本人はサプリなどは必要ないと言われており、普段の食事で十分に摂取できるので過剰に摂る必要はありません。

梅昆布茶を妊婦が飲む場合の注意点は?

梅昆布茶にはクエン酸やアルギン酸などの妊婦に嬉しい栄養素がある一方、塩分やヨウ素などの気を付けるべき点もあります。ここでは、妊婦が梅昆布茶を飲む際の注意点について解説します。

梅昆布茶を妊娠中に飲む量は1日に1杯まで

梅昆布茶を妊娠中に飲む際は、1日に1杯までに抑えれば問題はありません。梅昆布茶には塩分やヨウ素が多く含まれているので、妊娠中に飲み過ぎると、赤ちゃんにも妊婦にも悪影響を及ぼす可能性があります。どれだけ栄養価が高いものであっても同じ物ばかりを摂取することは避け、妊娠中は特にバランスの良い食事を心がけましょう。

(*梅昆布茶の飲み過ぎについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

関連する記事

×