ゴーヤは妊娠中・妊婦はOK?栄養豊富で効果的?注意点やレシピを紹介!

妊娠中(妊婦)はゴーヤを食べても大丈夫なのでしょうか?今回は、ゴーヤを妊娠中に食べてもいいのかを、栄養の観点から食べるメリットや食べる際の注意点とともに紹介します。妊娠中(妊婦)におすすめなゴーヤのレシピも流産についての真偽も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ゴーヤは妊娠中に食べてもいいの?
  2. 妊娠中のゴーヤは栄養豊富でおすすめ
  3. ゴーヤを妊娠中に食べるメリットは?栄養豊富?
  4. ①免疫力の向上
  5. ②胎児の発育を促す
  6. ③むくみの改善
  7. ④貧血の予防
  8. ⑤妊娠糖尿病の予防
  9. ゴーヤを妊娠中に食べる場合の注意点は?
  10. ゴーヤを食べる量は1日100gまでにしよう
  11. 妊娠中のゴーヤにまつわる噂の真偽を調査!
  12. ①ゴーヤを妊娠中に食べると流産する?
  13. ②妊娠阻害になる?
  14. 妊婦(妊娠中)におすすめなゴーヤのレシピを紹介!
  15. ①ゴーヤチャンプル
  16. ②揚げずに作るゴーヤから揚げ
  17. ③ゴーヤとひじきの煮物
  18. ゴーヤ以外にも妊娠中に気を付けるべき食べ物は?
  19. 妊婦(妊娠中)のゴーヤは食べ方に気をつけよう

ゴーヤは妊娠中に食べてもいいの?

妊娠中は食べ物に気を付けなくてはいけないと言われますが、苦味の強いゴーヤは食べても良いのでしょうか。ここでは、妊娠中にゴーヤを食べても大丈夫なのかについて紹介します。

妊娠中のゴーヤは栄養豊富でおすすめ

ゴーヤは栄養が豊富な野菜で、妊娠中に食べるのにもおすすめです。妊婦がゴーヤを食べることや、ゴーヤの栄養成分などの詳細を次の段落で説明するので、妊婦や身近に妊娠している方がいる人は参考にしてください。

ゴーヤを妊娠中に食べるメリットは?栄養豊富?

ゴーヤには、以下のような栄養成分が含まれているので、妊娠中に食べるとメリットも得られます。

・ビタミンC
・葉酸
・カリウム
・鉄分
・モモルデシン

各栄養素による、ゴーヤの健康効果について、以下の小見出しで紹介します。

①免疫力の向上

ゴーヤにはビタミンCが豊富に含まれていて、免疫力の向上や美肌、ストレスの軽減などに役立ちます。妊娠中はウイルスや菌への抵抗力が弱くなりやすいため、ゴーヤで免疫力を強化するのがおすすめです。

さらに、ビタミンCは妊婦が不足しがちな鉄分の吸収をサポートする役割もあります。そのため、ビタミンCは貧血などを予防するのにも効果的な栄養素と言えるでしょう。

②胎児の発育を促す

ゴーヤには胎児の発育を促すのに効果的な栄養素である葉酸も豊富に含まれているので、妊娠中におすすめです。葉酸はアミノ酸やDNAの合成に欠かせない栄養素で、胎児が育つうえで、細胞分裂をサポートする役割を果たします。

③むくみの改善

ゴーヤには、体内のナトリウム濃度を調節し、体内の不要な水分を排泄する働きをするカリウムという栄養素も豊富に含まれています。妊娠中は手足の先がむくみやすいので、ゴーヤでむくみ予防するのもおすすめです。また、体内のカリウムが不足するとつわりがひどくなるともいわれているので、つわりの改善効果も期待できます。

④貧血の予防

ゴーヤには鉄分も豊富に含まれているので、貧血予防に役立ちます。鉄分の吸収を助けるビタミンCと一緒に摂取できるので、ゴーヤを食べることは効率の良い鉄分補給につながります。さらに、赤血球の合成に役立つ葉酸も豊富で、より効率の良く貧血を予防することができる野菜です。

⑤妊娠糖尿病の予防

ゴーヤの強い苦みの原因ともなっているモモルデシンは、血糖値を安定させる働きがあるので、妊娠糖尿病の予防にも役立ちます。ほかにも、モモルデシンは抗酸化力が強く胃の粘膜の保護など、色々な健康に良い効果がある栄養素です。

(*ゴーヤの栄養価と効果効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ゴーヤの栄養価と効果・効能がすごい!苦味が鍵?成分を逃さない食べ方も紹介!

関連する記事

×