妊婦はとろろ・山芋NG?トキソプラズマが危険?栄養や安全レシピも紹介!

妊婦(妊娠中)はとろろや長芋・山芋(自然薯)を食べていいか知っていますか?とろろご飯は食べられるのでしょうか?今回は、妊婦・妊娠中にとろろや長芋・山芋を食べる際の<皮を洗う・剥く>などの注意点や、<トキソプラズマ>などの懸念点とともに紹介します。妊婦に良いとろろや長芋・山芋の栄養・効果や、おすすめレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 妊婦はとろろや長芋・山芋を食べてもいいの?
  2. 妊娠中のとろろや長芋・山芋は食べ方に気をつければ生でも大丈夫
  3. 不安な場合はとろろではなく長芋・山芋を加熱するレシピがおすすめ
  4. 妊婦がとろろや長芋・山芋を食べる際の懸念点は?
  5. 妊婦がとろろや長芋・山芋を食べる際はトキソプラズマ菌に感染する懸念がある
  6. 妊娠中にとろろや長芋・山芋の安全な食べ方・注意点は?
  7. ①とろろを作る際は必ず長芋・山芋の皮を洗うか剥く
  8. ②食べ過ぎない
  9. 妊娠中のとろろや長芋・山芋には栄養豊富で良い効果もある?
  10. ①便秘改善
  11. ②つわり軽減
  12. ③食欲増進
  13. ④疲労回復
  14. 妊婦でも安心なとろろや長芋・山芋のレシピを紹介!
  15. ①とろろ汁
  16. ②長芋チップス
  17. ③長芋とひじきの梅和え
  18. 妊婦がとろろや長芋・山芋以外にも妊娠中に気を付けるべき食べ物は?
  19. 妊婦・妊娠中のとろろや長芋・山芋は食べ方に気をつけよう

妊婦はとろろや長芋・山芋を食べてもいいの?

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのためにも食事面で様々な気配りが必要で、食べてはいけないとされている食材も多くあります。ここでは、長芋・山芋は妊婦でも食べて大丈夫なのか、そのまま生でとろろにして食べることはできるのかを紹介します。

妊娠中のとろろや長芋・山芋は食べ方に気をつければ生でも大丈夫

長芋や山芋は基本的に妊娠中にそのまま生で食べても全く問題のない食材で、すりおろして生とろろとして食べるのが栄養面でも一番おすすめです。長芋や山芋に含まれるムチンなどの消化酵素やビタミン類は熱に弱く、加熱すると減ってしまいます。

妊娠中に十分に食事がとれないつわりの最中やしっかり栄養を取った方が良い時期に、とろろや長芋・山芋にはとても助かる栄養が豊富に含まれていておすすめの食材です。

不安な場合はとろろではなく長芋・山芋を加熱するレシピがおすすめ

長芋・山芋はとろろにして食べるのが栄養面では一番おすすめですが、妊娠中は出来る限り食材には火を通して食べたほうが良いでしょう。とろろご飯やそばの場合、出汁と一緒に加熱するとより安心して食べることができます。特に自然薯は、ねばりや栄養が他の長芋・山芋と比べて多いため、加熱しても美味しさを損なわずに食べることができておすすめです。

妊婦がとろろや長芋・山芋を食べる際の懸念点は?

妊婦でも長芋・山芋をとろろにして生で食べることに問題はないことが分かりました。しかし、食べる際に注意するべき危険もあるため詳しく説明します。

妊婦がとろろや長芋・山芋を食べる際はトキソプラズマ菌に感染する懸念がある

妊娠中の食事は、お腹の赤ちゃんへの影響が出やすいトキソプラズマに感染する危険があるものを避けるようにと言われています。まず、トキソプラズマに感染してしまった場合に現れる赤ちゃんへの影響には以下のようなものがあるので知っておきましょう。

・運動発達の遅れ
・水頭症
・視力障害
・脳内石灰化

トキソプラズマは、生ハムやレアステーキ、スモークサーモンなど加熱がしっかりされていない食品で繁殖するため、妊娠中はそれらの食事は避けるよう指導されることが多いでしょう。しかし、トキソプラズマはそれらの食品だけでなく、ガーデニングの土や猫の糞にも存在しています。

そのため、長芋・山芋やごぼうなど土がついた状態のものを妊婦が触ったり下処理が不十分なまま食べることで感染する危険もあるため注意が必要です。

妊娠中にとろろや長芋・山芋の安全な食べ方・注意点は?

妊娠中にトキソプラズマなどの危険がないように長芋・山芋を安全に食べるためには、どのようにすれば良いのでしょうか。赤ちゃんや妊婦への影響がないように安全に食べる方法を紹介するので参考にしてください。

①とろろを作る際は必ず長芋・山芋の皮を洗うか剥く

長芋・山芋でとろろを作る際は必ず皮を剥いてから、もしくはたわしなどを使用して良く洗ってからにしてください。注意してほしいのは、トキソプラズマ菌が存在する可能性のある土がついているものを口にしてしまうことです。下処理が不十分で長芋・山芋の皮に少しでも土が付いている状態だと、妊婦や赤ちゃんがトキソプラズマに感染する危険があります。

②食べ過ぎない

長芋・山芋には食物繊維が豊富で便秘解消に効果的ですが、普段から下痢気味の人は食べ過ぎると腹痛や下痢の原因になります。普通の人なら数日安静にしておいたり、薬を飲むことですぐに回復しますが、妊娠中は薬を飲むことが出来ません。また、長引く腹痛は子宮の収縮にも関係してくるため、赤ちゃんへの影響をなくすためにも食べ過ぎには注意しましょう。

妊娠中のとろろや長芋・山芋には栄養豊富で良い効果もある?

関連する記事

×