妊婦・妊娠中のすき焼きは危険?生卵の代わりや安全な食べ方を紹介!

妊婦・妊娠中はすき焼きを食べても大丈夫なのでしょうか?今回は、妊婦や妊娠中にすき焼きを食べてもいいのかを、〈トキソプラズマ菌〉など懸念点や、生卵の代わりの食材とともに紹介します。妊婦(妊娠中)にすき焼きを食べる際の注意点や食べてしまった場合の対処法も参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 妊婦(妊娠中)はすき焼きを食べてもいいの?
  2. 妊婦(妊娠中)でもすき焼きの食べ方に気をつければ大丈夫
  3. 妊婦がすき焼きを食べる際の懸念点は?
  4. ①生卵によるサルモネラ菌の感染リスク
  5. ②トキソプラズマ菌の感染リスク
  6. 妊娠中にすき焼きを食べる場合の注意点は?
  7. ①塩分を摂り過ぎないように味つけに気をつける
  8. ②生卵を使う場合は十分に加熱する
  9. 妊娠中・妊婦でも安心なすき焼きの生卵の代わりの食材は?
  10. ①とろろ
  11. ②大根おろし
  12. ③豆乳
  13. ④出し汁
  14. ⑤梅ソース
  15. 妊婦がすき焼きを食べ過ぎた場合の対処法は?
  16. 心配な場合は病院に行くのが安心
  17. 妊婦がすき焼き以外にも妊娠中に気を付けるべき食べ物は?
  18. 妊婦(妊娠中の)すき焼きは食べ方に気をつけよう

妊婦(妊娠中)はすき焼きを食べてもいいの?

妊娠中の10か月間は、食べたいものがあっても赤ちゃんへの影響を考えて様々な食材に注意しなくてはいけません。妊婦がすき焼きを食べることは大丈夫なのかを詳しく説明します。

妊婦(妊娠中)でもすき焼きの食べ方に気をつければ大丈夫

結論から言うと、妊娠中にすき焼きを食べることには全く問題ありません。しかし、妊娠中に注意するべき食材の中には感染症による食中毒や腹痛などのリスクがあるものとして、加熱が十分されていないレア肉や生卵があります。そのため、すき焼きを食べるときにはお肉を十分に加熱することと、生卵をつけて食べないようにするなど気を付けましょう。

妊婦がすき焼きを食べる際の懸念点は?

妊娠中でもすき焼きを食べることには問題がないことは分かりましたが、食べる際の懸念点はあるのでしょうか。妊娠中にすき焼きを食べることで起こる可能性がある感染症について詳しく紹介するので参考にしてください。

①生卵によるサルモネラ菌の感染リスク

すき焼きを食べることには問題ありませんが、すき焼きをつける生卵にサルモネラ菌という食中毒を起こす可能性があります。サルモネラ菌による食中毒が起きた場合の症状は以下の通りです。

・下痢
・発熱
・腹痛

サルモネラ菌による症状は下痢や腹痛などで、妊娠中に注意した方が良いとされているリステリア菌などに比べると赤ちゃんへの発達への影響などもなく重症化しないとされています。しかし、妊娠中は下痢や腹痛によって子宮収縮が起こり、流産や切迫早産など赤ちゃんへの影響もあるため注意しなければなりません。

②トキソプラズマ菌の感染リスク

妊婦が十分に加熱されていないすき焼きの肉を食べることでトキソプラズマに感染すると、赤ちゃんに以下のような症状が出る可能性があります。

・運動発達の遅れ
・水頭症
・視力障害
・脳内石灰化


妊娠中にトキソプラズマに感染して赤ちゃんに上記のような現れる症状のことを、先天性トキソプラズマ症と呼びます。妊娠初期の感染率は低いですが、赤ちゃんに症状が現れる確率は高くなります。トキソプラズマは、加熱が不十分なレアな肉や生ハム、ローストビーフなどだけでなく、ガーデニングなどの土や猫の糞などにも存在するので注意が必要です。

妊娠中にすき焼きを食べる際には、十分に加熱されていることを確認してから食べるようにしてください。

妊娠中にすき焼きを食べる場合の注意点は?

妊娠中にすき焼きを食べることは、サルモネラ菌やトキソプラズマなどの心配があります。それ以外に妊婦がすき焼きを食べるとき、注意するべきことはあるのかを詳しく紹介するので参考にしてください。

①塩分を摂り過ぎないように味つけに気をつける

妊娠中は血圧や体重コントロールなどいつも以上に食生活に注意しなくてはいけません。すき焼きの割り下はとても味が濃く、野菜や肉にもしっかり味がついているため食べ過ぎると塩分過多になることがあります。塩分を摂り過ぎると、妊娠高血圧やむくみなどの症状が現れるため気を付けましょう。

②生卵を使う場合は十分に加熱する

生卵のサルモネラ菌は、75度以上で1分以上加熱することで死滅させることができるため、加熱した卵であれば食中毒の心配はありません。温泉卵は、70度程度で30分加熱して作られているため感染リスクは極めて低いと言われています。

しかし、免疫力が低下している妊娠中は通常なら大丈夫な程度の腹痛や下痢でも薬の服用が出来ないことや長引くことで赤ちゃんに影響することがあるので、控えた方が安心です。

(*妊娠中の生卵について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

関連する記事

×