シンガポールスリングとは?カクテル言葉や度数は?意味・由来も紹介!

シンガポールスリングとはどんなカクテルか知っていますか?日本でも飲めるのでしょうか?今回は、シンガポールスリングについて〈味・度数〉や〈カクテル言葉・発祥・意味・由来〉など特徴を、〈ラッフルズ・サヴォイ〉別の作り方・レシピとともに紹介します。シンガポールスリングが簡単に飲める〈リキュール・缶〉のおすすめ商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. シンガポールスリングとは?カクテル言葉や名前の意味・由来は?
  2. シンガポールスリングはジンやパイナップルジュースで作るカクテル
  3. シンガポールスリングの発祥はラッフルズ・ホテル
  4. シンガポールスリングの名前の由来
  5. シンガポールスリングのカクテル言葉は「身を任せられる者を求めるロマンチスト」
  6. シンガポールスリングの味は?アルコール度数はどれぐらい?
  7. シンガポールスリングの味わい・香り
  8. シンガポールスリングのアルコール度数は16〜18%程度
  9. シンガポールスリングの作り方・レシピ【サヴォイ・スタイル】
  10. 材料
  11. 作り方・手順
  12. シンガポールスリングの作り方・レシピ【ラッフルズ・スタイル】
  13. 材料
  14. 作り方・手順
  15. シンガポールスリングは日本でも飲める?リキュールや市販缶のおすすめも!
  16. シンガポールスリングは日本のバーなどで飲むことができる
  17. チェリーブランデー 24度|ボルス (1,068円)
  18. ザ・カクテルクラフト ライム香るジントニック|アサヒ(4,500円)
  19. シンガポールスリングとはどんなお酒・カクテルか知っておこう

シンガポールスリングとは?カクテル言葉や名前の意味・由来は?

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

色鮮やかなロングカクテルであるシンガポールスリングを、好んで飲む人も多いでしょう。シンガポールスリング発祥の経緯や名前の由来を知ると、その味わいをより深く楽しみたくなるかもしれません。ここでは、シンガポールスリングはどのようなカクテルかを説明します。

シンガポールスリングはジンやパイナップルジュースで作るカクテル

シンガポールスリングは、ジンをパイナップルジュースなどで割って作るカクテルです。実際にはパイナップルジュース以外にレモンジュースやチェリーブランデーなど8種類もの材料を合わせて作り、仕上げにフルーツを飾るのが特徴の1つです。

シンガポールスリングの発祥はラッフルズ・ホテル

シンガポールスリングの発祥は名門ホテルとして名高いラッフルズ・ホテルで、1915年にチーフバーテンダーだった厳崇文氏によって考案されました。当時は人前で飲酒するのはマナー違反とされていた女性でも飲めるようにと、考案されたのがきっかけです。

パイナップルジュースやレモンジュースなどいくつもの材料を使うことで、ノンアルコールドリンクに見せることに成功したのです。やがてシンガポールスリングのレシピはイギリスに渡り、サヴォイ・ホテルのチーフバーテンダーだったハリー・クラドック氏によって簡略化されて提供されるようになりました。

1930年には「サヴォイ・カクテルブック」が刊行され、簡略化されたシンガポールスリングのレシピが広く使われるようになったのです。

シンガポールスリングの名前の由来

シンガポールスリングの名前の由来は、シンガポールの美しい夕焼けです。イギリスの著名な小説家であるサマセット・モーム氏が、赤く美しいカクテルをシンガポールの夕焼けに見立てたといわれています。サマセット・モーム氏はシンガポールに滞在する際はラッフルズ・ホテルを定宿としていたので、好んで飲んだと考えられます。

シンガポールスリングのカクテル言葉は「身を任せられる者を求めるロマンチスト」

シンガポールスリングのカクテル言葉は「身を任せられる者を求めるロマンチスト」で、似た意味を持つものは以下の通りです。

・サイドカー:いつも2人で
・ブルーラグーン:誠実な愛
・XYZ:永遠にあなたのもの
・ベルベットハンマー:今宵もあなたを想う
・ハネムーン:幸福はいつもあなたと


上記はシンガポールスリングのように、恋愛中にふさわしいカクテルばかりです。出会いの場や恋の始まり、長く愛を育んできた相手との時間などシチュエーションに合わせてカクテルを選ぶとよいかもしれません。

(*カクテル言葉について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

カクテル言葉66選!意味や誕生日は?恋愛・失恋などシーン別に一覧で紹介!

シンガポールスリングの味は?アルコール度数はどれぐらい?

出典:https://twitter.com/mo_na720/status/1548298779769466882?s=20&t=iIgewHIViTiapoYgvgJFKw

鮮やかな赤色な印象的なシンガポールスリングですが、どのような味わいかが気になるところです。またジンが使われているので、アルコール度数がどれくらいかを知りたい人もいるかもしれません。ここではシンガポールスリングの味わいと、アルコール度数を説明します。

シンガポールスリングの味わい・香り

シンガポールスリングの味わいと香りは、作り方によって違います。ラッフルズ・スタイルのシンガポールスリングはパイナップルジュースとレモンジュースを使っているので甘味が強く、リキュールも相まって南国のフルーツを思わせる香りが強いです。

一方のサヴォイ・スタイルはソーダ水を使うのでさわやかな口当たりで、加えられたリキュールからほのかなチェリーの香りがします。スタイルによって好悪が分かれるので、一度飲み比べてみましょう。

シンガポールスリングのアルコール度数は16〜18%程度

シンガポールスリングのアルコール度数は16〜18%程度ですが、他のカクテルと比較すると以下の通りです。

・カシスオレンジ:5%
・ジントニック:5%
・ジンフィズ:10%
・ジンデイジー:16%
・ロングアイランドアイスティー:25%


甘めのロングカクテルとして有名なものと比較すると、シンガポールスリングは中程度のアルコール度数と考えられます。ワインのアルコール度数が14%で日本酒が15%であると考えると、決して低くはありません。パイナップルジュースとレモンジュールが入っていて口当たりがよいからと、飲み過ぎないように注意しましょう。

シンガポールスリングの作り方・レシピ【サヴォイ・スタイル】

自宅でシンガポールスリングを楽しみたいなら、サヴォイ・スタイルの方が手軽に作れます。ここではソーダ水を使ってさわやかな味わいに仕上げる、サヴォイ・スタイルのシンガポールスリングの作り方を紹介します。

材料

・ジン(ビフィータ―) 45ml
・レモンジュース 15ml
・シュガーシロップ 1tsp(5ml)
・ソーダ水 カップ1杯
・ヒーリングチェリー 10ml

作り方・手順

サヴォイ・スタイルのシンガポールスリングの作り方は、以下の通りです。

①グラスに氷を入れる
②シェイカーにジンとレモンジュースとシュガーシロップを入れて混ぜる
③②に氷を加えてシェイクする
④グラスに③を注いでからソーダ水を加える
⑤軽くステアし、ヒーリングチェリーを加えて混ぜたら出来上がり

バーテンダーによる本格的なレシピとなっており、混ぜ方にもこだわりがあります。ソーダ水を加えた後で混ぜ過ぎると炭酸が抜けてしまうので、動画を参考に美味しく仕上げるのがおすすめです。グラスにチェリーやレモンを添えると、自宅でも華やかな雰囲気になります。

シンガポールスリングの作り方・レシピ【ラッフルズ・スタイル】

材料の多いラッフルズ・スタイルを作ると、南国ムードが漂うと人気です。お酒を出しやすくするポアラーと呼ばれる道具を使うことを前提に、一部の材料の分量が細かいです。ここではラッフルズ・スタイルのシンガポールスリングの作り方を説明します。

材料

・ジン(ビフィータ―) 30ml
・ヒーリングチェリー 15ml
・コアントロー 7.5ml
・ベネディクティン 7.5ml
・パイナップルジュース 120ml
・ライムジュース 15ml
・アンゴスチュラビターズ 1dash(1ml)
・グレナデンシロップ 10ml

作り方・手順

ラッフルズ・スタイルのシンガポールスリングの作り方は、以下の通りです。

①グラスに氷を入れる
②大きめのシェイカーに材料をすべて入れ混ぜる
③氷を加えてシェイクし、グラスに注いだら出来上がり

材料の種類は多いものの、すべてをシェイカーに入れてシェイクするだけなので作り方は簡単です。上記の材料をすべて揃えるのが難しい時には、ベースリキュールを使う方法もあります。ベースリキュールにパイナップルジュースとライムジュースを加えるだけで、ラッフルズ・スタイルのシンガポールスリングの味わいに近くなるので試してみてください。

シンガポールスリングは日本でも飲める?リキュールや市販缶のおすすめも!

出典:https://twitter.com/takitakitanshin/status/1549768133073829888?s=20&t=iIgewHIViTiapoYgvgJFKw

シンガポールやイギリスで楽しまれているシンガポールスリングを、日本でも味わえるのでしょうか。材料を揃えて自宅で楽しむ以外にも方法があるのかが、気になるところです。ここでは、シンガポールスリングは日本でも飲めるのかを説明します。

シンガポールスリングは日本のバーなどで飲むことができる

シンガポールスリングは、日本のバーなどで飲むことができます。ラッフルズ・ホテル内にある有名なロングバーでシンガポールスリングを頼むと1杯が28シンガポールドルとなっており、為替が80円で計算すると約2,400円と高いです。しかし日本のバーでは店によって値段は異なるものの、もっと安く飲むことができると考えられます。

チェリーブランデー 24度|ボルス (1,068円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/ricaoh/731456/

リキュール・メーカーとして有名なオランダのボルス社が作るチェリーブランデーは、深みのある味わいが特徴です。新鮮なチェリーを原料にハーブや香辛料も厳選したものを合わせ、バランスのよいリキュールに仕上がっています。シンガポールスリングにすると美味しいので、レモンジュースやジンと合わせてみましょう。

楽天市場|ボルス チェリーブランデー 24度 700ml 箱なし

ザ・カクテルクラフト ライム香るジントニック|アサヒ(4,500円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/shikokuumaimonya/10018181/

シンガポールスリングのチェリーブランデーを、ライムに置き換えたようなジンベースのカクテルです。炭酸のきいたトニックウォーターを合わせているので、さっぱりと飲みやすく仕上がっています。アサヒが誇る秘密のひと搾り製法が、味わいに奥行きを与えていると人気です。レモンを使った製品もあるので、飲み比べてみましょう。

楽天市場|アサヒ ザ・カクテルクラフト ライム香るジントニック 400mlボトル缶×24本 1ケース

シンガポールスリングとはどんなお酒・カクテルか知っておこう

シンガポールスリングには2つのレシピがあり、味わいも香りも異なります。シンガポールスリングがどのようなカクテルかを知ったうえで、2つを飲み比べて自分好みのレシピを見つけましょう。

関連する記事

×