アップルワインの飲み方おすすめ11選!ホットやハイボール・コーラなど割り方も!

アップルワインの美味しい飲み方を知っていますか?今回は、〈ホット・ハイボール・コーラ〉など、アップルワインの飲み方・割り方のおすすめを紹介します。〈太る飲み方・開封後の保存法〉など、アップルワインを飲む際の注意点も紹介するので是非参考にしてみてくださいね。

目次

  1. アップルワインとは?まずい?美味しく飲むには?
  2. アップルワインの度数・味わいなど特徴
  3. アップルワインを美味しく飲むコツ
  4. アップルワインの飲み方・割り方のおすすめ11選!
  5. ①アップルワインのお湯割り・ホット
  6. ②ロック
  7. ③ジンジャーエールで作るハイボール
  8. ④コーラ割り
  9. ⑤紅茶割り
  10. ⑥アイスティーフロート
  11. ⑦ジュース割り
  12. ⑧牛乳割り
  13. ⑨烏龍茶割り
  14. ⑩ココアに入れる
  15. ⑪アイスにかける
  16. アップルワインを飲む際のポイント・注意点は?太る?
  17. ①飲み方次第では太る
  18. ②開封後は冷暗所で保存する
  19. ③おつまみと一緒に飲むのもおすすめ
  20. アップルワインを飲んでみては?

アップルワインとは?まずい?美味しく飲むには?

アップルワインと呼ばれるお酒がありますが、飲み方などがわからずに購入を迷ってしまうかもしれません。ここではアップルワインについて、詳しく説明します。まずはアップルワインが、どのような味わいなのかを知っておきましょう。

アップルワインの度数・味わいなど特徴

アップルワインはりんごを熟成させて作ったワインのことで、シードルとも言われています。度数や味わいは以下が挙げられます。

・アルコール度数は低め
・りんごの甘さと香りが感じられる

ワインは糖度によってアルコール度数が変わり、りんごはブドウより糖度が低いため、アルコール度数も低くなります。高くても9%程度と飲みやすいのが特徴ですが、ニッカウヰスキーから販売されているアップルワインは、ブランデーを加えて熟成させています。

そのため一般的なアップルウイスキーよりも、22度と高アルコール度数なのが特徴ですが、香りが良く飲みやすいと人気のようです。

フリーダム・エデン@実況配信者🌜👽🌛

@eden_freedom0

なっきんさんから頂いたアップルワインが届きました!!!
思ってたよりかなりおっきくて、少しだけストレートで飲んだけど甘さ強くてめちゃ美味しい!!体がぽかぽか!!なっきんさんありがとうございます!!!😺

アップルワインを美味しく飲むコツ

アップルワインを美味しく飲むコツは、以下が挙げられます。

・デザートワインとして飲む
・炭酸などの割材を使用する
・好みに合わせて割材を変える


アップルワインはそのまま飲んでも美味しく楽しめますが、割材を使用するのがおすすめです。特にニッカのアップルワインはブランデーが入っており、度数が高いため、割材使用することで飲みやすくなります。アップルワインはブドウで作ったワインに比べると、香りや甘さが強く、食事と共に飲むよりも晩酌として飲むのに向いています。

また炭酸飲料との相性も良く、シンプルな炭酸水やトニックウォーターのほか、さまざまなジュースとも好相性です。

アップルワインの飲み方・割り方のおすすめ11選!

ここからはアップルワインの飲み方や、割り方のおすすめを11選紹介します。そのままストレートで飲んでも構いませんが、割り材で割って飲むことでより美味しく楽しめるため、1本あると重宝するお酒になります。

①アップルワインのお湯割り・ホット

【材料】
・アップルワイン:45ml
・お湯:90ml
・シナモンスティックなど:好みで


寒い季節におすすめのアップルワインのお湯割りは、りんごの甘い香りが楽しめるホッとする一杯になります。アップルワインとお湯だけでも楽しめますが、シナモンスティックやクローブなどのスパイスや、レモンを絞っても美味しいので好みで加えてみてください。

②ロック

【材料】
・アップルワイン:45ml
・氷:適量


アップルワインの味わいをそのまま楽しめるロックは、まろやかさが感じられながらもすっきりと飲める一杯です。製氷器の氷は溶けやすく、味わいが変化してしまいやすいことから、販売されている硬い氷を使用することをおすすめします。

③ジンジャーエールで作るハイボール

出典:https://cookpad.com/recipe/1695421

【材料】
・ジンジャーエール:105ml
・アップルワイン:好みの量

ハイボールというとシンプルな炭酸水を使用しますが、こちらはジンジャーエールで割る方法です。りんごの香りと生姜の風味が混ざり合い、しっかりした甘さが感じられながらも辛味を感じます。

アップルジンジャーハイボール by apishgirl 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが380万品

④コーラ割り

【材料】
・コーラ:105ml
・アップルワイン:45ml


甘いお酒が好きならおすすめの飲み方で、炭酸の中でも甘さが強いと言えます。コーラの中にりんごの酸味が感じられ、そのままでも美味しく飲めますが、レモンを絞ることでも一味違った味わいが楽しめます。

⑤紅茶割り

【材料】
・紅茶:1杯分
・アップルワイン:大さじ1杯程度


アップルティーのような上品な味わいが楽しめる紅茶割りは、爽やかなりんごと紅茶の香りが楽しめます。紅茶の種類に決まりはないため、好みの紅茶を組み合わせて楽しむことができます。

⑥アイスティーフロート

【材料】
・アップルワイン:1
・アイスティー:2
・バニラアイス:適量


こちらはアイスティーにアップルワインを加えた一杯で、さらにアイスクリームを乗せたものです。スイーツのように楽しむことができ、少しずつ溶けていくアイスクリームのまろやかさとバニラの香りも良く合います。

⑦ジュース割り

【材料】
・好みのジュース:200ml
・アップルジュース:好みの量


アップルワインはジュースとの相性も良いため、好きなフルーツジュースと割ってみましょう。画像はオレンジジュースとグレープフルーツジュースを混ぜ合わせたもので、程よい酸味と甘さですっきりと飲め、炭酸入りを混ぜるのもおすすめです。

⑧牛乳割り

【材料】
・牛乳:200ml
・アップルワイン:好みの量

まろやかな味わいのお酒を飲みたいなら、牛乳割りがおすすめです。牛乳にりんごの酸味と甘い香りが良く合い、フルーツジュースや炭酸飲料とは違った味わいで、ホットでもアイスでも楽しめます。

⑨烏龍茶割り

【材料】
・烏龍茶:105ml
・アップルワイン:45ml


少し意外な組み合わせですが、苦味のある烏龍茶とアップルワインを組み合わせることで、甘さと酸味が引き立ちます。くどい甘さを感じることもないため、甘さの強いお酒が苦手なら、おすすめの飲み方と言えるでしょう。

Asahi

⑩ココアに入れる

出典:https://cookpad.com/recipe/1695428

【材料】
・ココア:200ml
・アップルワイン:小さじ1.5杯

ココアにアップルワインを入れることで、りんごの香りが引き立ちます。できるだけココアは苦みのあるものを使うのがポイントで、アップルワインが加わることで程よい甘さになります。

アップルワインココア by apishgirl 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが380万品

⑪アイスにかける

【材料】
・バニラアイスクリーム:1個
・アップルワイン:好みの量


飲み方ではありませんが、バニラアイスにアップルワインを少量加えることで、大人の味わいのデザートに変わります。バニラアイスの他にもラムレーズンがおすすめです。雪見だいふくにかけるのも人気のようなので、気になったら試してみてください。

アップルワインを飲む際のポイント・注意点は?太る?

アップルワインはブドウのワインとは違った飲み方のため、ポイントを抑えておく必要があります。飲み方によっては太ってしまうと言われることがあるため、注意点を守って美味しく楽しんでください。

①飲み方次第では太る

アップルワインは、飲み方次第で太ることがあります。特に以下の割材を使用するときには、飲み方に注意しましょう。

・コーラ
・ジンジャーエール
・ジュース


アップルワインは100mlあたりのカロリーは196kcalで、甘さが強く飲みやすいため、つい飲み過ぎてしまいがちです。しかし、アップルワインは糖質が高く、さらに割材が高カロリーな場合は糖質過多により太りやすくなります。

②開封後は冷暗所で保存する

アップルワインは、開封後は冷暗所で保存するようにしましょう。通常は25℃で問題ありませんが、長期保存になる場合は20度以下が理想です。ニッカのアップルワインはブランデーが入っていることからアルコール度数が高いです。一度に飲む量も少ないことから、長期保存を前提にした方が確実でしょう。

冷暗所で保存することで香りや味わいの劣化も起こりにくく、長く楽しめます。

③おつまみと一緒に飲むのもおすすめ

アップルワインは、以下のようなおつまみとともに飲むのもおすすめです。

・ローストビーフ
・カマンベールチーズ
・ビスケット
・野菜スティック


アップルワインは甘さが強く飲み口は良いものの、そのまま飲むと悪酔いしてしまうため、おつまみとともに楽しむことをおすすめします。特にニッカのアップルワインはアルコール度数が22度のため、必ずおつまみを用意しましょう。アップルワインはりんごの風味を強く感じるお酒のため、肉料理なら牛肉との相性が好相性です。

また、カマンベールチーズのような、白カビのチーズとも良く合います。

アップルワインを飲んでみては?

爽やかなりんごの香りが楽しめるアップルワインは、さまざまな割材との相性がよく、飲み方の汎用性も高いようです。ブランデーが入ったニッカのアップルワインは手に入りやすいため、見かけたら飲んでみてください。

関連する記事