クリスタルガイザーは体に悪い・やばい?並行輸入品は危険?安全性も紹介!

クリスタルガイザーが体に悪い・やばいと聞いたことはありますか?安全性はあるのでしょうか?今回は、<放射能・ヒ素・下痢>などクリスタルガイザーが体に悪いと言われる理由や実際の安全性について紹介します。<白キャップ・青キャップ>で比較して紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. クリスタルガイザーは体に悪い?やばいって本当?
  2. クリスタルガイザーが体に悪い・やばいと言われる理由は?
  3. ①ヒ素が含まれている危険性
  4. ②白キャップに放射能が含まれる可能性
  5. ③硬度の違いで下痢になる危険性
  6. クリスタルガイザーはシャスタ産の方が安全?比較して紹介!
  7. ①シャスタ産とオランチャ産の見分け方
  8. ②シャスタ産とオランチャ産の産地の違い
  9. ③シャスタ産とオランチャ産の成分の違い
  10. クリスタルガイザーの通販商品おすすめを紹介!
  11. ①クリスタルガイザー500ml×24本(2,400円)
  12. ②クリスタルガイザー 正規輸入品 ペットボトル 500ml×24本(1,180円)
  13. クリスタルガイザーの通販商品を購入する際の注意点は?
  14. クリスタルガイザーは基本的に安全!

クリスタルガイザーは体に悪い?やばいって本当?

出典:https://www.crystalgeyser.jp/

ミネラルウォーターの中でも人気のあるクリスタルガイザーですが、体に悪いという噂がありますが本当なのでしょうか。ミネラルウォーターは飲料水や料理に毎日使用するので、安全性に関してはとても気になります。クリスタルガイザーが体に悪い・やばいという噂が、本当なのかを紹介します。

クリスタルガイザーが体に悪い・やばいと言われる理由は?

出典:https://ameblo.jp/mgo-factory/entry-11832907969.html

クリスタルガイザーが体に悪い・やばいといわれる理由はなぜなのでしょうか。安全性は大丈夫なのか、どのようなことが原因で体に悪いと言われているのかを解説します。

①ヒ素が含まれている危険性

クリスタルガイザーには、国内正規流通品と並行輸入品があります。並行輸入品のクリスタルガイザーには、発がん性があるといわれるヒ素が微量に含まれている、と噂されているのです。

日本の基準値では100mlあたり0.05mgまで許容範囲となっています。並行輸入品であるオランチャ産のクリスタルガイザーに含まれているヒ素は100mlあたり0.0003mgとなっています。極微量なので毎日飲み続けても、人体には健康被害はなく安全性の面でも安心です。

②白キャップに放射能が含まれる可能性

クリスタルガイザーの水源地であるカルフォルニア州の近くでは、核実験が以前行われていた場所があることから、放射能が含まれているのではないかと心配されています。

産地は並行輸入品の白いキャップでも正規輸入品の青いキャップでも、高い山から得られる天然水なので放射能の問題は全くないのです。また出荷前に放射能試験を行っていてクリアしているので、放射能は含まれていないことが認められていますから、安全性が保障されているので安心して下さい。

③硬度の違いで下痢になる危険性

日本の水は硬度が低く日本人の体は軟水に慣れている為に、硬度が高い硬水を急に飲むと胃腸に負担がかかり、お腹を壊したり下痢になったりしてしまいます。硬度の問題なので、水質の安全性には問題ありません。

硬水に含まれているミネラルの中のマグネシウムが、特に影響を与えているのです。マグネシウムは便秘の薬としても使用されるほどの成分なので、お腹を壊しやすくなる人が出てきます。マグネシウムは体内に吸収しにくいので、長時間腸内に留まり水分の吸収を妨げてしまうということが原因なのです。

クリスタルガイザーはシャスタ産の方が安全?比較して紹介!

出典:https://twitter.com/ryutaiga2302/status/1431462052686557193?s=20

日本で扱っているクリスタルガイザーの水源地は、オランチャ産とシャスタ産の2種類です。含まれている成分などを比較し、どちらの方がより安全であるか紹介します。

①シャスタ産とオランチャ産の見分け方

まず、シャスタ産とオランチャ産の基本的な見分け方を知っておきましょう。見た目で判断できるのは白キャップが並行輸入品のオランチャ産で、青キャップが正規輸入品のシャスタ産となっています。

しかし、白キャップの中にもシャスタ産のものがあります。これは正規輸入元の大塚商会が共同開発をして、ペットボトルやキャップを簡略化しコスト削減をしたエコ商品だからです。もう一つの見分け方は、ラベルの山脈のイラストの違いで、シャスタ産は山が2つほどで、オランチャ産の方は山の数が多く描かれているのです。

②シャスタ産とオランチャ産の産地の違い

以下では、シャスタ産とオランチャ産の産地の違いについて紹介します。

【シャスタ産の産地】
・米国カリフォルニア州北部のカスケード山脈の南部にある聖地マウント・シャスタ

【オランチャ産の産地】
・米国カリフォルニア州のシェラネバダ山脈にあるオランチャ山の自然保護地域


日本で販売されているクリスタルガイザーの産地は国内正規流通品であるシャスタ産と、並行輸入品であるオランチャ産とがあります。湧き水の違いは硬度の違いにも繋がり、結果飲みやすさに繋がっているのです。

③シャスタ産とオランチャ産の成分の違い

関連する記事