コントレックスで下痢に?理由は?腎臓に負担をかけるなど腹痛以外の副作用もある?

コントレックスで下痢・腹痛になるのでしょうか?理由が気になりますよね。今回は、コントレックスで下痢・腹痛になる<マグネシウム・水中毒>などの理由を紹介します。コントレックスが腎臓に負担をかける可能性はあるのかも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. コントレックスが原因で下痢・腹痛になることはある?
  2. コントレックスが下痢・腹痛を引き起こす可能性はある
  3. コントレックスで下痢になる理由は?
  4. ①豊富に含まれるマグネシウム
  5. ②飲み過ぎによる水中毒
  6. ③開封してから時間が経ったことで雑菌が繁殖した
  7. コントレックスは腎臓に負担をかける可能性もある?
  8. コントレックスのミネラルが腎臓に負担をかける場合がある
  9. ただしコントレックスのミネラルが腎臓病の直接的な原因になることはない
  10. コントレックスによる下痢・腹痛が不安な場合におすすめの【国産】の天然水を紹介!
  11. ①天然水 ピュアの森
  12. ②美陽堂 ミネラルウォーター
  13. ③日本清流のきよらか天然水 水想い
  14. コントレックスが原因で下痢・腹痛になる場合がある

コントレックスが原因で下痢・腹痛になることはある?

コントレックスは、ミネラルが豊富に入っている硬水ですが、コントレックスを飲んだことによって下痢や腹痛になることはあるのでしょうか。ここでは、硬水であるコントレックスが原因で、下痢や腹痛になる可能性があるのかを紹介します。

コントレックスが下痢・腹痛を引き起こす可能性はある

普段、軟水を飲んでいる日本人が、硬度の高いコントレックスを飲むと身体に合わず、下痢や腹痛を引き起こす可能性があります。便秘薬にも使用される成分であるマグネシウムが、コントレックスには多く含まれており、人によってはおなかが緩くなってしまうことがあります。

コントレックスで下痢になる理由は?

硬水のコントレックスを飲むと、なぜ下痢や腹痛を引き起こすのでしょうか。ここでは、コントレックスを飲んだことによって、下痢や腹痛を引き起こす理由を3つ紹介します。

①豊富に含まれるマグネシウム

コントレックスは硬度が約1468㎎/Lの超硬水なので、ミネラル成分であるマグネシウムやカルシウムを多く含んでいます。マグネシウムは便秘薬にも使用される成分で、人によっては胃腸が刺激され、下痢を引き起こすことがあります。

②飲み過ぎによる水中毒

硬水のコントレックスに関わらず、必要以上の水分を摂取すると水中毒になる可能性があります。水中毒は、血中ナトリウム濃度が低下することで起こり、軽症の場合には頭痛やめまい、下痢などの症状が現れます。これらの症状があらわれた場合は、早めに医師に相談することをおすすめします。

③開封してから時間が経ったことで雑菌が繁殖した

ペットボトル飲料であるコントレックスを、直飲みすると飲み口から細菌が侵入します。開封してから時間が経ったものは、細菌が増殖していることもあり、お腹ゴロゴロになることがあります。直飲みは避け、開封後は冷蔵庫で保管をして、できるだけ早めに飲み切りましょう。

コントレックスは腎臓に負担をかける可能性もある?

普段、軟水を飲んでいる日本人が硬水を飲むと、副作用や腎臓に負担をかけてしまう可能性があるのでしょうか。ここでは、コントレックスに含まれるミネラル成分と腎臓について説明します。

コントレックスのミネラルが腎臓に負担をかける場合がある

硬水は、軟水に比べてミネラルが豊富なため、腎臓に負担をかける可能性があります。腎臓の病気を患っている人は、飲む前にかかりつけ医に相談をするなど注意をしましょう。副作用としては、カルシウムの摂り過ぎによる尿路結石、マグネシウムの摂り過ぎによる下痢や腹痛が起こる可能性があるので、一度に大量に飲むのは控えましょう。

ただしコントレックスのミネラルが腎臓病の直接的な原因になることはない

関連する記事

×