ヤクルトを毎日飲み続けた結果|飲み過ぎには注意?効果を口コミで紹介!

ヤクルトを毎日飲み続けた結果どうなるか知っていますか?今回は、ヤクルトを毎日飲み続けた時の〈がん・内臓脂肪〉などへのメリットやより効果的な飲み方を紹介します。ヤクルトを飲み過ぎるデメリットや毎日飲む際におすすめな商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ヤクルトを飲み続けた結果は?効果はある?なし?
  2. ヤクルトの飲み続けるメリット・効果は?
  3. ①便秘・下痢の改善
  4. ②花粉症の軽減
  5. ③快眠効果
  6. ④美肌効果
  7. ⑤ダイエット効果
  8. ⑥免疫力向上
  9. ⑦がんの予防効果
  10. ただヤクルトを飲み過ぎには注意?デメリットがある?
  11. ヤクルトのより効果的な飲み方は?
  12. ①ミルミルと併用して飲む
  13. ②飲むタイミングは夜寝る前に飲むのがおすすめ
  14. ③牛乳やヨーグルトと混ぜて飲む
  15. ④一日一本を継続して飲む
  16. ヤクルトを毎日飲む際におすすめな商品
  17. ①Newヤクルト(40円)税別
  18. ②ヤクルト1000(130円)税別
  19. ③ヤクルトW(120円)税別
  20. ヤクルトを飲み続けよう

ヤクルトを飲み続けた結果は?効果はある?なし?

乳酸菌飲料として長年愛され続けているヤクルトは、美容やダイエットなど様々な効果があるという口コミがあります。以下のようにTwitterにはヤクルトを飲み続けた結果便秘が改善されたなど効果があったという意見もあれば、改善されなかった効果なしという意見もあります。では実際にヤクルトを飲み続けると、どのような効果を期待できるのでしょうか。

ヤクルトの飲み続けるメリット・効果は?

健康のために1日1本、ヤクルトを毎日飲んでいる人は多いと思います。しかし具体的にヤクルトを毎日飲むと、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、ヤクルトを飲むことで得られる効果を紹介します。

①便秘・下痢の改善

ヤクルトを飲むメリットとしてまず挙げられるのが、腸内環境の改善です。通常の乳酸菌は腸まで届く間に死んでしまう事がほとんどですが、ヤクルトに含まれているシロタ株という乳酸菌は生きて腸まで届くので腸内を整え、便秘や下痢等の改善に効果があります。

②花粉症の軽減

花粉症というのは本来人体に害がない物質を、体が異物と判断して過剰に反応を起こす現象です。アレルギー体質を持つマウスに乳酸菌シロタ株を与えたところ、アレルギー症状が軽減したという研究結果が報告されており、人の花粉症にも少なからず症状軽減の効果があります。

③快眠効果

ヤクルト1000は、1本に乳酸菌シロタ株が1000億個含まれている機能性表示食品です。一時的にかかる精神的ストレスを和らげ、睡眠の質を向上させる働きがあります。

④美肌効果

乱れた食生活などによって腸内環境が悪くなると、毒素が体内に溜まり肌荒れを起こしやすくなります。ヤクルトに含まれる乳酸菌シロタ株は生きて腸まで届き、腸内の悪玉菌を抑え善玉菌を増やし腸内環境を整えます。腸内環境が改善されれば毒素や老廃物が体内に溜まりにくいので、肌荒れを起こしにくくなり美肌につながります。

⑤ダイエット効果

腸内環境が悪いと、腸内に古い食べ物が溜まり腐敗します。すると脂肪などの余計な栄養素を吸収し、皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えやすくなります。また腸内環境が悪く血液がドロドロだと代謝が落ち太りやすい体質になるので、体の代謝を上げるために腸内環境を整える事が効果的です。

⑥免疫力向上

インフルエンザなどの感染症はウイルスによって引き起こされるため、このウイルスに抵抗するために自己免疫力を上げることが大切です。ヤクルトに含まれる乳酸菌シロタ株は、免疫力のバロメーターとも言われるナチュラルキラー細胞を活発化させる働きがあります。そのためヤクルトを定期的に飲むことで、継続的に自己免疫力を高い状態に保つ事ができます。

⑦がんの予防効果

ヤクルトに含まれる乳酸菌シロタ株を摂取することにより、腸内の発がん物質を吸着し体外に排出する効果があります。また、がん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞(免疫細胞)を活性化させる働きがある事が発見されています。

ただヤクルトを飲み過ぎには注意?デメリットがある?

出典:https://pbs.twimg.com/media/FAYPMFmVUAMTDJ7?format=jpg&name=4096x4096

1日に1本の摂取を推奨されているヤクルトですが、1日に何本も飲んでも構わないのでしょうか。ここではヤクルトを飲みすぎる事によるデメリットを紹介します。

・ヤクルトの甘さに飽きる
・お腹が緩くなる事がある
・糖分の過剰摂取

健康増進に効果的とされるヤクルトも、大量に摂取する事でより健康が増進されたり病気が治るわけではありません。ヤクルト飲料は糖分を含んでいますが、ヤクルトが推奨している一日一本という適量を守れば糖分の過剰過剰摂取により健康を害する事はありません。ヤクルトの飲み過ぎは避け、一日一本だけ飲むようにしましょう。

ヤクルトのより効果的な飲み方は?

出典:https://www.yakult.co.jp/products/images/item_7.jpg

健康改善のためにヤクルトを飲むなら、より効果的に飲みたいものです。普通にヤクルトを飲むよりも、効果が出やすい飲み方はあるのでしょうか。ここでは、ヤクルトの効果的な飲み方を4つ紹介します。

①ミルミルと併用して飲む

出典:https://www.yakult.co.jp/products/images/item_163.jpg

ミルミルはヤクルトと同じく乳酸菌飲料ですが、持っている菌の種類と効果を発揮する場所が違うため、併用して飲むとそれぞれの効果を発揮します。ヤクルトに含まれる乳酸菌シロタ株は、主に小腸で働きます。一方ミルミルの持つビフィズス菌BY株は、主に大腸で働きます。小腸は免疫細胞の働きに関係があり、大腸は腸内環境が良くなると便通改善に効果的です。

②飲むタイミングは夜寝る前に飲むのがおすすめ

ヤクルトを飲むタイミングは、夜寝る前が一番良いとされています。1ヵ月間、夜寝る前にヤクルトを飲むという習慣を続けた結果、目覚めが良くなったり快眠効果があったりしたという事例も報告されています。

③牛乳やヨーグルトと混ぜて飲む

ヤクルトを毎日飲んでいると、同じ味に飽きてしまう場合があります。そのような時は牛乳と混ぜて飲むと、甘みが苦手な人でも甘さが緩和されて飲みやすくなります。また、ヨーグルトの酸味とヤクルトの甘さは相性がよく、違う気分で食べる事ができるのでおすすめです。

④一日一本を継続して飲む

ヤクルトは1日に1本以上飲むと、前述したようなデメリットを生む可能性があります。また、乳酸菌は一度に大量に摂取しても定着する事がないため、定期的に取り入れる必要があります。1度に大量に飲むのではなく、1日1本を継続して何日間も飲む方が効果的です。

ヤクルトを毎日飲む際におすすめな商品

ヤクルトにも多くの種類があるので、どれを飲もうか迷う事があります。得たい効能によって選ぶ事ができますが、ここでは毎日飲むのにおすすめなヤクルトの商品を3点紹介します。

①Newヤクルト(40円)税別

出典:https://www.yakult.co.jp/products/images/item_228.jpg

こちらはヤクルトシリーズの中でも、1番メジャーな商品です。乳酸菌シロタ株は、1本あたり200億個入っています。スーパーやコンビニなど様々な所で販売されており、1本40円と比較的安価という点でもおすすめです。

②ヤクルト1000(130円)税別

出典:https://www.yakult.co.jp/products/images/item_345.jpg

ヤクルト1000は機能性表示食品で乳酸菌シロタ株が1本に1000億個入っており、ヤクルトの商品の中でも一番乳酸菌シロタ株が含まれている商品です。ヤクルト1000を飲み続けた結果、ストレスの軽減や睡眠の質が向上したという報告があります。

③ヤクルトW(120円)税別

出典:https://www.yakult.co.jp/products/images/item_318.jpg

ヤクルトWは乳酸菌シロタ株が1本に300億個と、腸内の乳酸菌を増やすガラクトオリゴ糖が含まれています。甘さひかえめで、すっきりとした風味の脂肪ゼロのヤクルトです。コンビニやスーパーなどの店舗で販売されているので、買いやすく継続しやすいという利点もあります。

ヤクルト本社

ヤクルトを飲み続けよう

高機能食品であるヤクルトは、1日1本を毎日飲み続けることによって効果が得られます。ヤクルトを飲む事で病気を治癒できる訳ではないものの、生きた乳酸菌により腸内を整える事は様々なメリットがあります。また、ミルミルとあわせて飲むことでさらなる健康増進につながるので、1日1本ヤクルトを飲む習慣をつけてみましょう。

関連する記事