チューハイのアルコール度数は?居酒屋・缶で違う?他のお酒とも比較し紹介!

チューハイのアルコール度数を知っていますか?缶と居酒屋では違うのでしょうか?今回は、チューハイのアルコール度数を〈缶・居酒屋〉別に〈生ビール・ハイボール〉などと比較して、チューハイ1杯のアルコール量や何杯で酔うのかを度数の計算方法とともに紹介します。チューハイで潰れないための注意点や、缶チューハイのおすすめを度数の低い〜高いものまで一覧で紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 缶チューハイのアルコール度数は高い?居酒屋で頼む場合は?
  2. 缶チューハイのアルコール度数は3%〜12%と幅がある
  3. 居酒屋で頼むチューハイの度数は3〜4%程度
  4. チューハイの度数を生ビール・ハイボールなど他のお酒と比較すると?
  5. チューハイのアルコール量は?何杯で酔う?
  6. 缶チューハイ1本(350ml)のアルコール量は「約14g」
  7. 居酒屋で頼むチューハイ1杯(250ml)のアルコール量は「約8g」
  8. チューハイの杯数別のアルコール量と酔い具合の目安
  9. チューハイで酔い潰れない注意点は?
  10. ①大量に一気飲みをしない
  11. ②チェイサー・水と一緒に飲む
  12. ③空腹状態で飲まない
  13. ④自分の限界値を知っておく
  14. 缶チューハイのおすすめ銘柄をアルコールの度数ごとに一覧で紹介!
  15. アルコール度数が5%以下の缶チューハイ
  16. アルコール度数が5〜8%の缶チューハイ
  17. アルコール度数が9%以上の缶チューハイ
  18. チューハイの度数の計算方法も知っておこう
  19. ①チューハイのアルコール度数の計算式
  20. ②焼酎25度でチューハイを作った場合
  21. ③焼酎35度でチューハイを作った場合
  22. チューハイの度数・飲み方には注意

缶チューハイのアルコール度数は高い?居酒屋で頼む場合は?

チューハイはコンビニやスーパーなどで購入できるほか、居酒屋や飲食店でも飲むことができる、身近で美味しいお酒です。チューハイは飲みやすいので、気がつくとふらふらに酔っぱらうまで飲んでいた、ということもあります。ここからは、チューハイのアルコール度数について解説していきます。

缶チューハイのアルコール度数は3%〜12%と幅がある

現在、多くの種類の缶チューハイが販売されており、アルコール度数も様々です。女性やお酒に強くない人によく飲まれているのが、3%程度の低アルコールの缶チューハイです。8〜12%と比較的アルコール度数が高いものは、短時間・少ない量で酔えるというメリットがあり、ストロング系チューハイと呼ばれています。

このように缶チューハイのアルコール度数には幅がありますが、一般的なアルコール度数は5〜7%です。5〜7%の商品は適度に酔えて美味しく飲めると、厚い支持があります。

居酒屋で頼むチューハイの度数は3〜4%程度

居酒屋で注文できるチューハイには、以下のような種類があります。

・レモンチューハイ
・カルピスチューハイ
・ジンジャーエールチューハイ
・ウーロンハイ
・緑茶ハイ


居酒屋にはたくさんの種類のチューハイがありますが、おおむね3〜4%程度のアルコール度数に設定されています。チューハイを注文するお客さんはお酒に強くない人が多く、誰でも飲みやすいようにアルコール度数は低めに設定されていることが理由です。

しかしチューハイのアルコール度数はお店によって異なる、というのが実際のところです。使用している焼酎のアルコール度数、割り材の量は店によって異なるので、アルコール度数にも差が出ると考えられます。

チューハイの度数を生ビール・ハイボールなど他のお酒と比較すると?

お酒 アルコール度数
チューハイ(居酒屋) 3〜4%
チューハイ(缶) 3〜12%
生ビール 5%
ハイボール 7%
カクテル 20%
焼酎 25%
ウイスキー 40%

チューハイのもとになる焼酎は、比較的アルコール度数が高いお酒です。しかしノンアルコールのジュースやソフトドリンク、お茶と割るためアルコール度数はかなり下がります。酒類の中でも、チューハイはアルコール度数がかなり低めのお酒になります。

チューハイのアルコール量は?何杯で酔う?

お酒の中でも、アルコール度数が比較的低いチューハイですが、アルコールがどれくらい入っているか気になります。ここからは、チューハイに含まれているアルコール量について解説していきます。

缶チューハイ1本(350ml)のアルコール量は「約14g」

一般的な缶チューハイのアルコール度数である5〜7%で、純アルコール量を計算してみましょう。缶チューハイ1本350mlでは、14〜19.6gの純アルコールが含まれていることになります。

居酒屋で頼むチューハイ1杯(250ml)のアルコール量は「約8g」

居酒屋で提供されるチューハイのアルコール度数は、およそ3〜4度です。グラス1杯250mlで純アルコール量を計算すると、8.4〜11.2gとなります。缶チューハイに比べると、量もアルコール度数も少ないので、純アルコール量も低くなります。

チューハイの杯数別のアルコール量と酔い具合の目安

酔い具合 チューハイ何杯(4度) アルコール量 ビール瓶(相当量)
そう快期 2.5杯 20g 1本
ほろ酔い期 5杯 40g 2本
酩酊初期 7.5杯 60g 3本
酩酊期 15杯 120g 6本
泥酔期 20杯 160g 8本
昏睡期 25杯 200g 10本

・そう快期は、肌が赤くなり気分が陽気になる
・ほろ酔い期は、体温が上がって脈が速くなる
・酩酊初期は、気が大きくなり立つとふらつく
・酩酊期は、呼吸が速くなって吐き気が起こる
・泥酔期は、記憶がはっきりせず、まともに立てなくなる
・昏睡期は、呼吸がゆっくり深くなり、ゆり動かしても起きない

飲酒量と酔い具合の相関関係は個人差がありますが、飲み過ぎると最悪の場合は死亡することもあります。居酒屋で飲む場合、自分がどのくらいの量を飲んでいるのかわからなくなりやすく、注意が必要です。チューハイの中でもアルコール度数が高いストロング系と呼ばれるものは酔いやすいので、飲み過ぎないようにしてください。

(*ストロング系チューハイがやばい理由について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

氷結ストロングがやばい理由は?依存性が高い?危険を避ける飲み方も紹介!

チューハイで酔い潰れない注意点は?

チューハイ自体はアルコール度数が低いお酒ですが、飲みやすいので知らぬ間にかなりの量を飲酒して、酔いが回っていることもあります。ここからは、チューハイを飲むときに気をつけたい、酔い潰れないための注意点を紹介します。

①大量に一気飲みをしない

飲み会などでは盛り上がるため、一気飲みの声がかかることがありますが、この飲み方は非常に危険です。上記の酔いの段階のほろ酔い期や酩酊期を飛びこして体調が悪くなり、昏睡状態や死に至る場合もあります。これが急性アルコール中毒と呼ばれるもので、命に関わる危険な飲み方です。

チューハイはアルコール度数が低いお酒ですが、お酒に強くない人の一気飲みや、ストロング系チューハイは危険なので注意しましょう。

②チェイサー・水と一緒に飲む

チェイサーとは、お酒を飲む合間に口にする水やソフトドリンクのことです。お酒を飲みながらチェイサーを摂取することで、体内のアルコール濃度を下げて、アルコールを分解してくれる肝臓の負担を緩和することができます。お酒の利尿作用により失われた水分を、チェイサーによって補うことができるのもメリットのひとつです。

お酒を飲み続けていると、お酒の味がよくわからなくなってきます。チェイサーには味覚をリセットする役割もあるので、お酒を美味しく飲み続けるためにも、チェイサーをしっかり飲むようにしましょう。

(*チェイサーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

チェイサーの意味とは?水ではない?飲酒時に飲む役割・効果も紹介!

③空腹状態で飲まない

空腹状態で飲酒すると、お酒がすぐに小腸へ届いて吸収されるので、酔いの回りが早いです。胃に食べ物が入っていると、食べ物と一緒にお酒も胃に留まります。アルコールの吸収が遅くなるので、酔いがゆっくり回って体の負担が軽減されます。

飲酒前に食べるのにおすすめなのは、食物繊維や脂肪分が豊富な食べ物です。具体的にはミックスナッツやチーズ、サラダ、唐揚げがおすすめです。

④自分の限界値を知っておく

楽しい時間を過ごすためにお酒を飲んでいるのに、体調を崩してしまっては本末転倒です。気持ちよくお酒を飲める自分の適正量を知っておきましょう。その日の体調によっても適正量は変わってくるので、飲んでいるときの自分の酔い具合を確かめながら、ゆっくり時間をかけて飲むように心がけてください。

缶チューハイのおすすめ銘柄をアルコールの度数ごとに一覧で紹介!

チューハイは飲む方法にさえ気をつければ、気軽に飲めて美味しいお酒です。ここからは、市販されている缶チューハイのおすすめ商品を、アルコール度数別に紹介していきます。自分の体調や酔いたい程度に合わせて、好みの缶チューハイを選んでみてください。

アルコール度数が5%以下の缶チューハイ

アルコール度数が5%以下の缶チューハイには、以下のようなものがあります。

・ほろよい
・Slat(すらっと)
・カルピスサワー
・贅沢搾り


アルコール度数が低い缶チューハイは、女性やお酒に強くない人がジュース感覚で飲める商品が多数あります。サントリーのほろよいは、お酒離れが進んでいる若い世代を狙って、飲みやすいサワー系やジュースのようなフレーバーをそろえています。

アサヒビールから販売されているSlatは、女性など健康を意識した消費者をターゲットにして、カロリー60%オフや糖質0をうたった缶チューハイです。

アルコール度数が5〜8%の缶チューハイ

アルコール度数が5〜8%の缶チューハイには、以下のようなものがあります。

・氷結
・本搾り
・-196℃
・タカラcanチューハイ
・檸檬堂

缶チューハイでイメージする、有名なブランドが並びます。キリンから販売されている氷結は、低アルコールの商品からストロング系の商品まで、様々なラインナップがあります。

檸檬堂は、清涼飲料でなじみのあるコカコーラから販売されている、製法にこだわったレモンチューハイです。アルコール度数3%や9%の商品もあり、幅広いファンを獲得して近年人気が高まっています。

(*氷結のアルコール度数について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

氷結のアルコール度数は高い?量は?低いおすすめ商品も紹介!

アルコール度数が9%以上の缶チューハイ

アルコール度数が9%以上の缶チューハイには、以下のようなものがあります。

・99.99(フォーナイン)
・氷結ストロング
・-196℃ ストロングゼロ


ストロング系チューハイは氷結や-196℃のように、缶チューハイのブランドのラインナップの一部として販売されているものがほとんどです。一方、サッポロから販売されている99.99は、純度99.99%のウォッカを使用し、アルコール度数も9%の商品のみをそろえています。

アルコール度数が高いストロング系チューハイは飲みごたえがありますが、飲み過ぎないように注意してください。

チューハイの度数の計算方法も知っておこう

自宅でチューハイを作るときに、自分でアルコール度数が計算できれば、適正量の目安がわかります。ここからは、チューハイのアルコール度数の計算方法について紹介します。

①チューハイのアルコール度数の計算式

チューハイは、焼酎をジュースや炭酸などのノンアルコールドリンクで割ったお酒です。焼酎のアルコール度数は25%なので、チューハイのアルコール度数は(0.25×焼酎の量)÷(焼酎の量+割り材の量)×100で求めることができます。簡単にアルコール度数を求めたい人は、以下のサイトで計算してみてください。

水割りのアルコール度数 - 高精度計算サイト

②焼酎25度でチューハイを作った場合

アルコール度数25%の焼酎を使ってチューハイを作った場合は、以下のような計算になります。

・焼酎30mlと割り材270mlの場合(0.25×30)÷(30+270)×100=2.5%
・焼酎80mlと割り材270mlの場合(0.25×80)÷(80+270)×100=約5.7%


チューハイを作るときは、飲む人のアルコールの適正量や体調を考慮して、焼酎や割材の量を調整するようにしましょう。

③焼酎35度でチューハイを作った場合

アルコール度数35%の焼酎を使ってチューハイを作った場合は、以下のような計算になります。

・焼酎30mlと割り材270mlの場合(0.35×30)÷(30+270)×100=3.5%
・焼酎80mlと割り材270mlの場合(0.35×80)÷(80+270)×100=8%


アルコール度数25%の焼酎で作った場合と同様の量ですが、焼酎のアルコール度数が高いと、それだけチューハイの度数も高くなります。少ない量でストロング系チューハイ並のアルコール度数にすることもできるので、自分でチューハイを作るときには無闇に混ぜないように注意しましょう。

チューハイの度数・飲み方には注意

チューハイは低アルコールからストロング系まで、ジュースのように甘い商品からすっきりドライなものまで、幅広いラインナップで飲みやすく人気が高いお酒です。しかしアルコールが入った飲料には変わりないので、この記事を参考にして飲み過ぎないように気をつけながら、チューハイと共に楽しい時間を過ごしてください。

関連する記事

×