カクテル【ブルーハワイ】とは?レシピは?味・度数や言葉の由来も紹介!

ブルーハワイとはどんなカクテル・お酒か知っていますか?今回は、カクテル「ブルーハワイ」の〈カクテル言葉・由来〉や、〈味・アルコール度数〉を、レシピ・作り方とともに紹介します。〈ウォッカ〉を使うブルーハワイに似たカクテルや、ノンアルコールのレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

・【お酒、飲酒は20 歳を過ぎてから】
・【未成年者の飲酒は法律で禁じられています】

目次

  1. ブルーハワイとは?カクテル言葉・由来は?ブルーキュラソーを使う?
  2. ブルーハワイとはラムをベースにブルーキュラソーや果物を入れたカクテル
  3. ブルーハワイの名前の由来・意味
  4. ブルーハワイのカクテル言葉は「連想」
  5. カクテル「ブルーハワイ」の味は?アルコール度数は?
  6. ブルーハワイの味わい
  7. ブルーハワイのアルコール度数は15%程度
  8. カクテル「ブルーハワイ」の作り方・レシピは?ノンアルコールも紹介!
  9. 材料
  10. 作り方・手順
  11. ブルーハワイのノンアルコールの作り方・レシピ
  12. ブルーハワイに似たカクテルはあるの?ウォッカを使う?
  13. ①ブルーラグーン
  14. ②マイタイ
  15. ③ガルフストリーム
  16. カクテル「ブルーハワイ」のおすすめ市販商品3選!
  17. ①リキュール コンク カクテル ニッカ ザ・バーテンダー ブルーハワイソーダ 1800ml(1,540円)
  18. ②大黒屋 酎割 ブルーハワイ 1L(695円)
  19. ③サントリー ヘルメス ブルーキュラソー(1,729円)
  20. ブルーハワイとはどんなカクテル・お酒か知っておこう

ブルーハワイとは?カクテル言葉・由来は?ブルーキュラソーを使う?

鮮やかな青色が印象的なブルーハワイは、ブルーキュラソーを使ったカクテルなのでしょうか。ここでは、ブルーハワイの特徴や、カクテル言葉・名前の由来について紹介します。

ブルーハワイとはラムをベースにブルーキュラソーや果物を入れたカクテル

ブルーハワイとは、ラム酒をベースにブルーキュラソーや果物を加えて作る、トロピカルカクテルを指します。ブルーハワイの青色は、このブルーキュラソーと呼ばれるリキュールによるものです。トロピカルカクテルに明確な定義はありませんが、南国で誕生したカクテルや果物を使ったカクテルを指すことが多いようです。

ブルーハワイは、細かく砕いた氷を入れたグラスにシェイクした材料を注ぎ、花やチェリー・パイナップルなどの飾りをトッピングして仕上げます。ブルーハワイの青色はハワイの海や空を、氷は海の波しぶきを現していると言われています。

ブルーハワイの名前の由来・意味

ブルーハワイの名前は、1961年にエルヴィス・プレスリーが演じた映画のタイトルや、1937年に上映された映画「ワイキキの結婚」で流れた楽曲名に由来すると言われています。ブルーハワイを考案したバーテンダーのハリー・イーは、カクテルによく歌や映画のタイトルをつけることがあったそうです。

ブルーハワイのカクテル言葉は「連想」

ブルーハワイのカクテル言葉は「連想」で、ほかにも同じような意味をもつカクテルがあります。ブルーハワイに似た意味をもつカクテルとカクテル言葉は、以下の通りです。

・フレンチコネクション:妄想力豊かな不思議な世界の住人
・ライジング・サン:恋の予感


フレンチコネクションは1971年に公開されたアメリカ映画に由来するカクテルで、ブランデーにアマレットリキュールを加えた甘口のお酒です。上記のほかにも、「秘めた心」といったミステリアスなカクテル言葉もあります。ライジング・サンは、グラスにチェリーを沈めたテキーラベースの辛口のカクテルで、朝に太陽が昇る様子をイメージして作られています。

(*カクテル言葉について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

カクテル言葉66選!意味や誕生日は?恋愛・失恋などシーン別に一覧で紹介!

カクテル「ブルーハワイ」の味は?アルコール度数は?

ブルーハワイがどのような味わいなのかを知っておくと、居酒屋やバーでも注文しやすいでしょう。ここでは、ブルーハワイの味わいやアルコール度数について紹介します。

ブルーハワイの味わい

ブルーハワイは甘味と酸味が感じられ、爽やかでさっぱりとしている飲みやすい味わいのカクテルです。ブルーハワイのベースとして使われるホワイトラムは甘い香りが感じられるお酒で、ブルーリキュールはスピリッツにオレンジの果皮を加えて作るのが特徴です。

さらにレモンやパイナップルなどのジュースを混ぜるため、ラムによる甘味とブルーリキュールや果汁に由来する酸味が加わった、甘酸っぱい味わいが楽しめます。ブルーハワイは飲みやすいカクテルなので、苦味や辛味が苦手な人にもおすすめです。

ブルーハワイのアルコール度数は15%程度

ブルーハワイのアルコール度数は、カクテルの中では中程度のおよそ15%です。ブルーハワイと同じくらいのアルコール度数のカクテルとその度数は、以下の通りです。

・ソルティドッグ:13%
・キールロワイヤル:12%
・ピンクレディ:18%


ソルティドッグはウォッカとグレープフルーツジュースを混ぜて注いだ後に、グラスのふちに塩を付けて作るのが特徴で、苦味と酸味が感じられるカクテルです。酸味や炭酸の爽やかな風味をもつキールロワイヤルは、スパークリングワインにカシスリキュールを加えて作るお酒です。

ピンクレディはジンとグレナデンシロップ・卵白をシェイクして作るカクテルで、甘くまろやかな味わいが楽しめます。ブルーハワイを含め、いずれのカクテルもアルコール度数が中程度あるにも関わらず飲みやすいため、一気飲みをしたり飲み過ぎたりしないように注意が必要です。

カクテル「ブルーハワイ」の作り方・レシピは?ノンアルコールも紹介!

ブルーハワイは、材料を揃えれば自宅でも簡単に作ることができます。ここではブルーハワイの材料や詳しい作り方に加えて、ノンアルコールのレシピも紹介するので、参考にしてください。

材料

・ホワイトラム:30ml
・ブルーキュラソー:15ml
・パイナップルジュース:30ml
・レモンジュース:15ml

作り方・手順

ブルーハワイの作り方は、以下の通りです。

1.全ての材料をシェイカーに入れる
2.ステアする
3.シェイカーに氷を入れて、シェイクする
4.大きめのグラスに細かく砕いた氷を入れる
5.カクテルを注ぐ
6.好みでグラスのふちにパイナップルやチェリー、花などを飾り、ストローを2本さして完成


ブルーハワイのようなトロピカルカクテルは、氷が溶けると水っぽくなって分離しやすいため、かき混ぜるためのストローを1本さします。このストローは細く氷が詰まることがあるので、予備としてさらに1本添えることが多く、ストローを2本同時に使った飲み方もあります。

トロピカルカクテルに加えることの多い氷を作る際には、バーにあるアイスクラッシャーを使うほか、自宅のミキサーやフードプロセッサーでも代用することが可能です。密閉式の袋に氷を入れてタオルの上に乗せ、金づちなどで砕いて作ることもできます。

ブルーハワイのノンアルコールの作り方・レシピ

ブルーハワイをノンアルコールで作りたい時は、以下の材料と作り方を参考にしてください。

【材料】
・パイナップルジュース:150ml
・レモン果汁:小さじ1
・ブルーのかき氷シロップ:大さじ1
・パイナップルの薄切り:1枚
・チェリー:1個
・氷:3個
・青色の食用色素:少量

【作り方】
1.グラスにかき氷のシロップと食用色素を加える
2.スプーンの裏で氷を砕き、シロップの上に乗せる
3.パイナップルジュースとレモン果汁をシェイカーに注いでシェイクし、グラスに注ぐ
4.グラスのふちに、パイナップルとチェリーを添えて完成


パイナップルジュースにかき氷シロップを加えることで、甘酸っぱく飲みやすいドリンクが作れます。パイナップルジュースとレモン果汁をグラスに注ぐ際には、ゆっくりと行うことがポイントです。果物のほかにグラスに蘭の花を添えると、よりトロピカルな雰囲気が漂うドリンクに仕上がります。

ノンアルコール◎かき氷シロップを使ったブルーハワイ レシピ・作り方 by 柊884(*´ー`*)|楽天レシピ

ブルーハワイに似たカクテルはあるの?ウォッカを使う?

カクテルには様々な種類がありますが、ウォッカなどを使ったブルーハワイに似たカクテルもあるのでしょうか。ここでは、ブルーハワイに似たカクテルの作り方や材料などを紹介します。

①ブルーラグーン

出典:https://cocktailrecipe.suntory.co.jp/wnb/cocktail/recipe/blue_lagoon/index.html

【材料】
・ピナクルウォッカ:30ml
・ブルーキュラソー: 10ml
・レモンジュース:20ml
・スライスしたオレンジやレモン:適量
・チェリー:1個


材料をシェイクした後に、氷を入れたシャンパングラスに注ぎ、グラスにオレンジやレモン、チェリーを飾って仕上げます。ウォッカをベースに作られているので、ブルーハワイよりもアルコール度数が高く、刺激的な味わいが楽しめます。ブルーラグーンは、お酒を飲み慣れていてブルーハワイでは物足りない人におすすめのカクテルです。

ブルーラグーン カクテルレシピ|サントリー

(*ブルーラグーンについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

青いカクテル「ブルーラグーン」とは?言葉の意味・度数や作り方も紹介!

②マイタイ

出典:https://cocktailrecipe.suntory.co.jp/wnb/cocktail/recipe/mai_tai/

【材料】
・ブルガルエクストラドライ:45ml
・ホワイトキュラソー:5ml
・パイナップルジュース:5ml
・オレンジジュース:5ml
・レモンジュース:2.5ml
・151デメラララム:10ml


こちらは、トロピカルカクテルの女王とも呼ばれるカクテルです。デメララ以外の材料をシェイカーに入れてシェイクしてから、砕いた氷を入れた大きめのグラスに注ぎ、デメララを浮かべてパイナップルやチェリーで飾ります。ブルーハワイよりも甘味があり口当たりが良くて飲みやすいので、特に女性に好まれています。

マイタイ カクテルレシピ|サントリー

(*マイタイについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

カクテル「マイタイ」とは?名前の意味や度数・味は?作り方・レシピも紹介!

③ガルフストリーム

出典:https://www.asahibeer.co.jp/cocktailguide/recipe/index.psp.html?ID=1010400831

【材料】
・ウォッカ:30ml
・ピーチリキュール:20ml
・ブルーキュラソー:10ml
・グレープフルーツジュース:50ml
・パイナップルジュース:10ml
・レモンピール:1枚


こちらのカクテルは、氷を入れたグラスに材料を入れてステアし、グラスにレモンピールを指すだけで簡単に作れます。ブルーハワイとの違いは、ウォッカをベースにピーチリキュールを加える点で、桃の甘味とパイナップルの風味が感じられるトロピカルな味わいです。アルコール度数はブルーハワイと同じ中程度なので、ほどよく酔いたい人におすすめです。

ガルフストリーム カクテルガイド|サントリー

カクテル「ブルーハワイ」のおすすめ市販商品3選!

ここでは、ブルーハワイのおすすめの市販商品を3つ紹介します。なお、現在ブルーハワイカクテルは缶を含めて通販では取り扱いがないため、ここではブルーハワイ作りに使えるリキュールやシロップを紹介しています。

①リキュール コンク カクテル ニッカ ザ・バーテンダー ブルーハワイソーダ 1800ml(1,540円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/d-craft/4904230002734/

ブルーキュラソーにレモン果汁を加えた、カクテルコンクの「アサヒザ・バーテンダー」シリーズの一つです。氷を入れたグラスに、こちらのリキュールと炭酸水を1:2の割合で加えて混ぜ、レモンを添えるだけで簡単に本格的なトロピカルカクテルが作れます。

リキュール コンク カクテル ニッカ ザ・バーテンダー ブルーハワイソーダ 1800ml|楽天市場

②大黒屋 酎割 ブルーハワイ 1L(695円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/kent-okuda/10000488/

こちらは、焼酎などのアルコール度数の高いお酒を美味しく飲むために作られた、カクテル用の飲料です。グラスに氷を入れて、酎割と焼酎、炭酸水を1:1:1~2の割合で混ぜて作ります。パイナップルの果汁が使われているため、爽やかな味わいのブルーハワイが作れます。

大黒屋 酎割 ブルーハワイ 1L|楽天市場

③サントリー ヘルメス ブルーキュラソー(1,729円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/cepdor/10001264/

こちらのブルーリキュールは、ブルーハワイをはじめとするトロピカルカクテル作りに欠かせないお酒です。1950年の発売以来伝統的な製法に基づき、ホワイトキュラソーを着色料で青く着色して作られています。

サントリー ヘルメス ブルーキュラソー|楽天市場

ブルーハワイとはどんなカクテル・お酒か知っておこう

ブルーハワイはラムをベースにブルーキュラソーで青く色付けし、パイナップルやレモンジュースなどの果物で酸味を加えた、飲みやすいお酒です。ブルーハワイの味やカクテル言葉などを把握したうえで、バーで注文したり自宅で作ったりして味わってみてください。

関連する記事

×