ノンアルコールビールは肝臓に悪いの?デメリット・メリットを比較して紹介!

ノンアルコールビールのデメリットを知っていますか?健康なイメージですが肝臓に悪いのでしょうか?今回は、ノンアルコールビールデメリットや健康への影響・危険性を、正しい飲み方やメリット・効果とともに紹介します。ノンアルコールビールの健康志向の方ににおすすめな商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ノンアルコールビールは肝臓に悪い?デメリットがあるって本当?
  2. ノンアルコールビールは肝臓に悪いわけではないが飲み方に注意が必要
  3. ノンアルコールビールのデメリットは?健康への影響・危険性って?
  4. ①添加物を含んだノンアルコールビールが多い
  5. ②体が冷えやすい
  6. ③カロリーの低さから飲みすぎる
  7. つまり無添加のノンアルコールビールを飲み過ぎなければ毎日飲んでも問題はない
  8. ノンアルコールビールは健康へのメリットもある!
  9. ①肝臓への負担がほぼない
  10. ②ダイエット効果もある
  11. ③安眠・疲労回復効果が期待できる
  12. ④新陳代謝が促進される
  13. ノンアルコールビールの健康志向の方におすすめな商品を紹介!
  14. ①グリーンズフリー
  15. ②龍馬1865
  16. ③忍者ラガー
  17. ④ヴェリタスブロイ
  18. ⑤クラウスターラー
  19. ⑥ブローリー プレミアムラガー
  20. ノンアルコールビールのデメリットに気をつけよう!

ノンアルコールビールは肝臓に悪い?デメリットがあるって本当?

ノンアルコールビールにはアルコールが含まれていないので、健康に悪いイメージがあまりありませんが、ノンアルコールビールを飲むことによるデメリットはあるのでしょうか。

ノンアルコールビールは肝臓に悪いわけではないが飲み方に注意が必要

ノンアルコールビールとは、アルコール分1%未満のビールテイスト飲料のことです。一般的なビールのアルコール分は5%程度なので、普通のビールに比べるとアルコールによって肝臓に負担をかけることはないと言えます。ノンアルコールビールのデメリット、メリットについては、次以降の項目で詳しく説明します。

ノンアルコールビールのデメリットは?健康への影響・危険性って?

健康的なイメージのあるノンアルコールビールが、健康に及ぼす影響はあるのでしょうか。ここでは、ノンアルコールビールを飲むことで起こりうるデメリットについて解説します。

①添加物を含んだノンアルコールビールが多い

ノンアルコールビールには、このような添加物が入っている可能性があります。

・香料
・カラメル色素
・酸味料
・人口甘味料
・酸化防止剤


一部のノンアルコールビールには、普通のビールに味わいを近づけるために様々な添加物を使用しているものがあります。添加物そのものに危険性はありませんが、毎日摂取し続けた場合、健康に良いとは言えそうにありません。

無添加のノンアルコールビールも販売されているので、添加物が気になる人は無添加の商品を飲むことをおすすめします。

②体が冷えやすい

アルコールを含むお酒を飲むと、アルコールの働きによって血流が良くなり、体温が上昇します。しかしノンアルコールビールにはアルコールが含まれていないので、飲んでも体温は上がりません。むしろ、冷たいノンアルコールビールを飲むことで体が冷えてしまうので、飲み過ぎないようにしましょう。

③カロリーの低さから飲みすぎる

100mlあたり カロリー 糖質
ビール 40kcal 3.1g
ノンアルコールビール 5kcal 1.2g

普通のビールとノンアルコールビールを比べると、カロリーや糖質はノンアルコールビールの方が随分と低いです。しかし全く含まれていないわけではないので、飲み過ぎるとカロリーや糖質を取り過ぎてしまう可能性があります。

つまり無添加のノンアルコールビールを飲み過ぎなければ毎日飲んでも問題はない

ノンアルコールビールには添加物が含まれている商品もあり、飲み過ぎると体が冷えたり、カロリーや糖質を取り過ぎてしまう可能性があります。つまり正しい飲み方で無添加のノンアルコールビールを飲めば、毎日飲んでも健康に悪影響が出ることはありません。

ノンアルコールビールは健康へのメリットもある!

ノンアルコールビールを飲むことで、健康に良い影響が起こる場合もあります。ここでは、ノンアルコールビールを飲むことによるメリットを解説します。

関連する記事

×