マンジェリコンとは?効果効能や副作用は?栄養成分やお茶の飲み方も!

マンジェリコンとは何か知っていますか?ブラジル原産のハーブの一種です。今回は、マンジェリコンの〈肝臓・腎臓・心臓〉などへの〈効能・副作用〉を、成分とともに紹介します。マンジェリコンの飲み方や使い方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. マンジェリコンとは?
  2. ブラジル原産のハーブの一種
  3. マンジェリコン栄養成分や効能・効果は?
  4. ①癌や高血圧の予防
  5. ②血流改善
  6. ③抗酸化作用・美容効果
  7. ④骨や歯を強くする
  8. ⑤アレルギー症状の改善
  9. マンジェリコンの副作用は?取り過ぎはNG?
  10. ①便秘の悪化
  11. ②貧血の発症
  12. ③高カリウム血症
  13. ④頻尿になる
  14. マンジェリコンの飲み方・淹れ方は?
  15. マンジェリコンの飲む以外の使い方は?生でも食べられる?
  16. ①葉っぱをそのまま生で食べることもある
  17. ②料理の風味付け
  18. ③虫除け
  19. マンジェリコンの育て方・栽培方法
  20. マンジェリコンの効能や副作用を押さえよう

③虫除け

マンジェリコンには、虫除けの効能もある薬草なので、虫が集まりやすい照明の下などに吊るしておくのもおすすめです。無水エタノールにつけて香りを移し、虫除けスプレーを作ることもできます。

マンジェリコンの育て方・栽培方法

出典:https://twitter.com/nebisodake/status/1181849613889720320

マンジェリコンは強い植物なので、自分で育てやすいです。以下に、マンジェリコンの育て方を紹介します。

・暖かい場所で育てる
・水をやりすぎない
・肥料は少なくても良い
・植え付けは春か秋がおすすめ

マンジェリコンは沖縄では自生していますが、それ以外の地域では珍しく、生のまま手に入れるのは難しい薬草です。しかし、非常に強く育てやすい植物で、基本的に肥料をやるなどのこまめな手入れは不要です。乾燥にも強いので、こまめな水やりがなくても育ちます。冬場はたくさん水をやらず、暑い季節には枯れない程度の水やりをします。

ただし、沖縄で自生するほど暖かい気候を好むので、寒い場所では育てにくいです。日の当たる窓辺などに置き、一年中気温が10度以上になるように工夫するのがおすすめです。植え付けは気候の良い春か秋が向いていて、寒い季節は発泡スチロールなどで温室を作って寒さから守ると良く育ちます。

マンジェリコンの効能や副作用を押さえよう

マンジェリコンは沖縄に自生している薬草で、健康に良い効能がたくさんあります。沖縄ではお茶にして飲むことが多いようですが、ほかにも料理や虫除けなどに利用できます。マンジェリコンの健康効果は解明できていない部分も多いですが、副作用に注意して取り入れれば体に良い効能も得られるので、マンジェリコンを見かけたらぜひ試してみてください。

関連する記事

×