妊娠中はミルクティーNG?カフェインが危険?何杯まで大丈夫なの?

妊婦(妊娠中)はミルクティーを飲んでも大丈夫か知っていますか?<午後の紅茶・リプトン・紅茶花伝>などのペットボトルのミルクティーをを飲みたい時に心配ですよね。今回は、妊婦(妊娠中)にミルクティーを飲んでもいいのかを、飲む際の<カフェイン・何杯まで>などの注意点・懸念点とともに紹介します。妊婦でも安全なミルクティーのカフェインレス商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 妊婦(妊娠中)はミルクティーを飲んでもいいの?大丈夫?
  2. 妊娠中のミルクティーは量に気をつければ問題ないとされている
  3. 妊婦がミルクティーを飲む際の懸念点は?
  4. ①カフェインが胎児に悪影響を及ぼす可能性がある
  5. ②糖分の取り過ぎで妊娠糖尿病の恐れ
  6. 妊婦(妊娠中)にミルクティーを飲む場合の注意点は?1日何杯?
  7. ①ミルクティーを飲む量は600mlまで
  8. ②カフェインレスの商品を選ぶのもおすすめ
  9. 妊婦におすすめなミルクティーのカフェインレス商品を紹介!
  10. ①和光堂 アサヒグループ食品 牛乳屋さんのカフェインレスミルクティー
  11. ②日東紅茶 カフェインレスミルクティー
  12. ③和光堂 ママスタイル ミルクティー
  13. 妊婦がミルクティー以外にも妊娠中に気を付けるべき飲み物・食べ物は?
  14. 妊婦(妊娠中)はミルクティーの飲む量に気をつけよう

妊婦(妊娠中)はミルクティーを飲んでもいいの?大丈夫?

紅茶にはカフェインが含まれているため、妊娠中に飲んでも問題ないのか心配な人も多いでしょう。ここでは、妊婦がミルクティーを飲んでも大丈夫なのかを説明します。

妊娠中のミルクティーは量に気をつければ問題ないとされている

妊婦がカフェインを摂取し過ぎると、妊婦の健康や胎児へのリスクが高くなると厚生労働省もアナウンスしています。ミルクティーはカフェインが含まれているので飲まない方が良い飲み物になりますが、1日に摂取する量が少量であれば問題ないとされています。妊娠中は適切な量に気をつけながら、ミルクティーを楽しんでください。

妊婦がミルクティーを飲む際の懸念点は?

妊娠中リラックス効果として、紅茶やコーヒーを飲みたくなることがあるでしょう。ここでは、妊婦がミルクティーを飲んだ際の懸念点を紹介するので参考にしてください。

①カフェインが胎児に悪影響を及ぼす可能性がある

カフェインが胎児に及ぼす可能性があるリスクは、下記の通りです。

・早産・流産のリスクが高まる
・低体重の胎児が生まれる
・胎児が低酸素状態になる
・胎児の発育障害がおきる


妊娠中にカフェインを多量に摂取するとカフェインの作用で血管収縮が起こり、血液や栄養が胎児に運ばれにくくなります。妊婦から胎児へ血液や栄養が十分に行きわたらないため、胎児に上記のような悪影響が及びます。また早産や流産のリスクも高まるので、カフェインの摂り過ぎは妊婦にとって高リスクです。

②糖分の取り過ぎで妊娠糖尿病の恐れ

市販のミルクティーには砂糖が多く使用されているため、飲み過ぎによる糖分の過剰摂取に注意が必要です。妊娠中はインスリンの働きが不十分になるため、血糖値が上昇しやすく妊娠糖尿病を引き起こすリスクが高まるようです。

妊娠糖尿病は早産や流産、胎児の形成異常、巨大児など様々な症状を併発すると言われています。また、カロリーの摂り過ぎにより太ってしまうと内臓への負担が増える、妊娠高血圧症候群になるなどの可能性も高くなります。カフェインだけでなく、糖質やカロリーの観点からも飲み過ぎには気をつけましょう。

妊婦(妊娠中)にミルクティーを飲む場合の注意点は?1日何杯?

妊娠中にカフェインを含んでいるミルクティーを飲む場合は、1日に何杯まで飲んで良いのかを紹介します。さらに、ミルクティーを飲む際の注意点や商品の選び方も紹介します。

①ミルクティーを飲む量は600mlまで

100mlあたり カフェイン
リプトン 12.5mg
紅茶花伝 16mg
午後の紅茶 21mg

上記は代表的な商品のカフェインの比較ですが、一口にミルクティーと言っても、午後の紅茶はリプトンの1.5倍ほどのカフェイン量であることが分かります。妊娠中に摂取しても問題ないカフェイン量は、英国食品基準庁で200mg程度とされています。カフェインの含有量は商品による違いがあるため、妊娠中は1日に600mlほどに抑えておくのが良いでしょう。

(*ミルクティーのカフェイン量について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ミルクティーに入ってるカフェイン量は?妊娠中や寝る前に飲んでも大丈夫?

②カフェインレスの商品を選ぶのもおすすめ

多くのメーカーが、ミルクティーやコーヒーのカフェインレスの商品を製造しています。ミルクティーは妊娠中に飲んではいけない飲み物ではありませんが、1日に摂取するカフェインは極力控えたいものです。カフェインレスのミルクティーを選ぶように心がけて下さい。

妊婦におすすめなミルクティーのカフェインレス商品を紹介!

紅茶はコーヒーに比べるとカフェイン量は少なめですが、最近はノンカフェインの紅茶もあります。妊娠中カフェインが心配な場合は、下記のカフェインレスの商品がおすすめです。

①和光堂 アサヒグループ食品 牛乳屋さんのカフェインレスミルクティー


*購入サイト|楽天市場*
和光堂 牛乳屋さんのカフェインレスミルクティー 12g×8本入

12g入りステイックが8本入ったものと、約26杯分の320gの粉末が入った袋タイプがあります。90%以上カフェインをカットした紅茶を使用していながら、香り豊かな紅茶の香りが魅力です。カルシウム豊富な北海道産の生クリーム入りのクリーミングパウダーを使用しているためミルクの風味が豊かで、まろやかな味わいが楽しめます。

②日東紅茶 カフェインレスミルクティー


*購入サイト|楽天市場*
日東紅茶 カフェインレスミルクティー 10P

カフェインレスのミルクティーのステイックが10本入っていて、飲みたい時に作りやすいタイプです。ステイック1本あたりのカフェイン残存量は0.001g未満のカフェインレスミルクティーで、無香料の自然な香りとやさしい味わいになります。妊娠中もカフェイン量を気にせずに楽しめるミルクティーです。

③和光堂 ママスタイル ミルクティー


*購入サイト|楽天市場*
和光堂 ママスタイル ミルクティー (15g×7本入) 105g 1個

妊娠初期から授乳期におすすめのカフェインレスのミルクティーで水にも溶けます。カフェインレスの原料を使用した粉末タイプのミルクティーで、妊娠中や授乳中に必要な栄養を補えます。上品で芳醇な紅茶の香りと、優しいミルクの味わいが特徴です。

妊婦がミルクティー以外にも妊娠中に気を付けるべき飲み物・食べ物は?

妊娠中に気を付けるべき飲み物・食べ物は以下の通りです。

・生肉・刺身・生卵など、生もの
・水銀を多く含む魚
・アルコール飲料
・栄養ドリンク
・ナチュラルチーズ


生肉やナチュラルチーズにはリステリア菌が含まれる可能性があります。妊娠中はリステリアに感染しやすくなり流産や死産・新生児に重篤な障害が発生する確率が高まります。刺身などの生魚や生卵には細菌が潜んでいる可能性があり、食中毒を起こし下痢を繰り返すと子宮収縮が引き起こされ胎児に影響を与えるので控えましょう。

また生魚には水銀が含まれていて胎盤を通して胎児に移行しやすく、胎児の中枢神経系の発達に影響を及ぼす懸念があります。さらに、カフェインを多く含む栄養ドリンクの多飲や、飲酒も胎児の発達に悪影響なので気を付けてください。

(*妊娠中のナチュラルチーズについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

妊娠中はナチュラルチーズNG?加熱ならOK?食べてしまった時の対処法も紹介!

妊婦(妊娠中)はミルクティーの飲む量に気をつけよう

妊婦がミルクティーやコーヒーなどの嗜好品を楽しむ場合にはカフェインや糖質の量を確認して、1日に飲む量に気を付けましょう。母子ともに健康で健やかな赤ちゃんが生まれるように、妊娠中は食べ物や飲み物の選び方にも注意するよう心がけてください。

妊娠中、育児中のご自身の食事や赤ちゃんの食事に関する情報提供 |厚生労働省

関連する記事

×