体にいい・負担が小さいお酒ランキングTOP11!おつまみのおすすめも紹介!

体にいいお酒の種類には何があるのでしょうか?今回は、〈ウイスキー・焼酎〉といった体にいい・負担が小さいお酒11選をランキング形式で紹介します。体に優しいおつまみや逆に体に悪いお酒についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 体にいい・負担が小さいお酒の種類は?
  2. 体にいい・負担の少ないお酒ランキング11選!
  3. 11位:ブランデー(237kcal/0g)
  4. 10位:発泡酒(45kcal/3.6g)
  5. 9位:梅酒(156kcal/20.7g)
  6. 8位:ジン(284kcal/0.1g)
  7. 7位:人工甘味料不使用のチューハイ(45kcal/3.9g)
  8. 6位:ハイボール(47kcal/0g)
  9. 5位:ビール(40kcal/3.1g)
  10. 4位:ウイスキー(237kcal/0g)
  11. 3位:日本酒(103kcal/3.6g)
  12. 2位:焼酎(146kcal/0g)
  13. 1位:ワイン(73kcal/1.5~2.0g)
  14. 体にいいお酒のおつまみ3選も紹介!
  15. ①生野菜
  16. ②青魚・お刺身
  17. ③チーズ
  18. 逆に体に悪いお酒の種類も知っておこう
  19. 体にいいお酒ランキングを参照して健康にお酒を飲もう

体にいい・負担が小さいお酒の種類は?

百薬の長と呼ばれるほど、一般的にお酒が体にいいとされる理由は以下の通りです。

・ストレスを緩和する
・血流がよくなる


お酒を飲むとアルコールの働きにより前頭葉が軽く麻痺するのでストレスが緩和でき、血管を拡張させるので血流もよくなります。中でも体にいいとされるのは糖質の少ないお酒で、他にも健康効果がある成分が含まれているようです。体にいいお酒を選んで飲むことで、健康維持に役立てる飲み方をすることをおすすめします。

体にいい・負担の少ないお酒ランキング11選!

お酒は蒸留酒と醸造酒に大別され、糖質やカロリーなどにも違いがあります。体にいいお酒を選ぶうえで、特徴や含まれている栄養成分を覚えておくと便利です。ここでは体にいいお酒をランキング形式で、11種類紹介します。

11位:ブランデー(237kcal/0g)

出典:https://twitter.com/daikokuike3/status/1533403239265497091?s=20&t=n4UJrzgSAx2SnhRvFbW0Wg

【おすすめポイント】
・リラックス効果がある
・血流促進してくれる
・肌にいい


蒸留酒に分類されるブランデーのアルコール度数は40度で、カロリーは高いものの糖質は含まれていません。ブランデーは香りを楽しむお酒でもあり、リラックス効果があるとされています。またブランデーはポリフェノールも豊富で血流を促進し、冷え性の改善にも効果的です。

ポリフェノールの抗酸化作用によりシワやしみを防ぐアンチエイジング作用があり、メラニン色素を抑制する物質も含まれているので美白効果も見込めます。適量のブランデーを飲むことは、美容と健康に役立つと言えます。

楽天市場|ヘネシー VSOP プリビレッジ 40度 700ml

10位:発泡酒(45kcal/3.6g)

出典:https://twitter.com/DaigoAsahina/status/1533385823907106817?s=20&t=n4UJrzgSAx2SnhRvFbW0Wg

【おすすめポイント】
・脳神経を正常化する
・ストレスを緩和する


ビールより低価格なので人気が高い発泡酒のアルコール度数は4~5%で、お酒の中ではカロリーも糖質も低めです。発泡酒にはナイアシンやパントテン酸が含まれているので、脳神経の正常化やストレス緩和の効果があるといわれています。発泡酒の中には糖質やプリン体をカットした商品があるので、上手に選ぶとより健康効果が高まると考えられます。

楽天市場|キリン のどごし生 350ml缶×24本

9位:梅酒(156kcal/20.7g)

【おすすめポイント】
・疲労回復を促す
・血行を促進する
・寝つきをよくする
・胃腸の働きを改善する


お酒の中ではカロリーも糖質も高い梅酒ですが、アルコール度数は13%ほどです。梅の実に含まれるクエン酸のほかビタミンやミネラルも豊富なので、疲労回復効果が高いお酒といえます。アルコールが血行を促進するので冷え性や肩こりの改善が期待でき、梅酒のリラックス効果で寝つきもよくなります。

梅の酸味が食欲を喚起するだけでなく、胃腸の働きをサポートしてくれるので便秘や下痢の解消にも役立つようです。飲み過ぎると太る原因となるので、適量を楽しむお酒として取り入れましょう。

楽天市場|梅干屋のおすそわけ梅酒 720ml

8位:ジン(284kcal/0.1g)

出典:https://twitter.com/qn3_jk/status/1533104437384073218?s=20&t=n4UJrzgSAx2SnhRvFbW0Wg

【おすすめポイント】
・精神を安定させる
・利尿作用がある
・デトックス効果が高い

蒸留酒に分類されるジンはアルコール度数が40度以上で、カロリーは高いものの糖質は低いお酒です。原材料にジュニパーベリーと呼ばれるハーブが使われているのが一般的で、ウッディーな香りが気持ちをリラックスさせ、不安を解消し精神を安定させる効果があるとされています。

またジュニパーベリーには利尿作用があり、体内のアルコールをいち早く体外へと排出してくれます。さらにジュニパーベリーは腎臓や泌尿器系に効く薬効成分でもあるので、老廃物の輩出を促すデトックス効果も期待できます。

楽天市場|タンカレー ロンドン ドライ ジン 47.3度 750ml 正規

7位:人工甘味料不使用のチューハイ(45kcal/3.9g)

出典:https://twitter.com/OS9oba7hwKGQ79S/status/1533094127549947905?s=20&t=n4UJrzgSAx2SnhRvFbW0Wg

【おすすめポイント】
・血糖値を下げる
・ダイエットに役立つ


人工甘味料不使用のチューハイのアルコール度数は3~9%と幅があり、上記は氷結のシチリア酸レモン味のカロリーと糖質の数値を表しています。植物原料のステビアと呼ばれる甘味料が使用されているのが一般的で、インスリンの抵抗性を改善し血糖値を下げる効果が期待できます。

またステビアは、砂糖の200~300倍の甘さを感じるにも関わらずカロリーはゼロです。他のお酒を人工甘味料不使用のチューハイに置き換えると、ダイエットにも役立つと言えます。

楽天市場|2220.キリン氷結 飲み比べセット(レモン・グレープフルーツ・もも・シャルドネ・パイナップル・ウメ)350ml×24本(6種×4本)

6位:ハイボール(47kcal/0g)

出典:https://twitter.com/chiwapple/status/1533333135710355456?s=20&t=n4UJrzgSAx2SnhRvFbW0Wg

【おすすめポイント】
・太りにくい
・プリン体がゼロ


ウイスキーを炭酸水で割ったハイボールの場合のカロリーと糖質の数値となっており、缶で販売されているハイボールのアルコール度数は5~9%と幅があります。材料であるウイスキーも炭酸水も糖質を含んでいないため、適量を飲む分には太りにくいお酒です。さらにプリン体もゼロなので、尿酸値が気になる人でも比較的飲みやすいです。

楽天市場|サントリー 角ハイボール 缶 濃いめ 350ml 48本(24本×2ケース)

5位:ビール(40kcal/3.1g)

【おすすめポイント】
・ストレスを緩和してくれる
・がんを予防する
・アルツハイマーを予防する
・疲労回復を促す
・新陳代謝の促進
・アンチエイジング


醸造酒に分類されるビールのアルコール度数は5%で、カロリーも糖質も低いお酒です。ビールに含まれているホップが精神安定に役立つので、ストレスを緩和してくれます。ホップにはキサントフモールと呼ばれるポリフェノールも含まれており、がんの原因となる酵素の働きを抑制する健康効果も期待できます。

さらに適量のビールを飲むとアルツハイマー予防に効果があると、研究報告されています。ビールはお酒の中でもビタミンB群の含有量が豊富で疲労回復や新陳代謝の促進、アンチエイジングなど様々な健康効果も見込めます。

楽天市場|ビール キリン 一番搾り350ml缶(48本)2ケース売り

4位:ウイスキー(237kcal/0g)

出典:https://twitter.com/RepresentWhisky/status/1533367535617593345?s=20&t=n4UJrzgSAx2SnhRvFbW0Wg

【おすすめポイント】
・心臓疾患や動脈硬化を予防する
・がんを予防する
・美白効果が期待できる
・リラックス効果がある


体にいいお酒の4位にランクインした蒸留酒であるウイスキーのアルコール度数は40%で、カロリーは高めですが糖質は含まれていません。ウイスキーにはポリフェノールが含まれており、心臓疾患や動脈硬化の予防効果があります。またポリフェノールの中でも抗酸化エラグ酸が多いため、がんの予防効果も期待できます。

さらにウイスキーに含まれるリオニレシノールがメラニンの生成を抑制するため、美白効果があるとされています。オーク樽と大麦麦芽からなるウイスキー特有の香りには森林浴並みの鎮静作用があるとされ、リラックス効果も見込めると言えます。

楽天市場|角瓶 4000ml 4L サントリー ウイスキー

3位:日本酒(103kcal/3.6g)

出典:https://twitter.com/ayk_031/status/1533379087984521216?s=20&t=n4UJrzgSAx2SnhRvFbW0Wg

【おすすめポイント】
・がん細胞の増殖を抑制する
・動脈硬化を予防する
・肌にいい
・冷え性や肩こりを改善する


体にいいお酒ランキングの3位の日本酒はアルコール度数が15%で、上記のカロリーと糖質は純米酒の数値を表しています。お酒の中ではカロリーは低い反面、糖質は多くなっているので注意が必要です。日本酒に含まれているアミノ酸ががん細胞の増殖を抑制するほか、善玉コレステロールを増やすことで動脈硬化の予防にも役立つなど健康効果があります。

また日本酒に含まれているコウジ酸はメラニンの生成を抑制するとともに活性酸素を抑制するので、肌にいいことは周知の事実です。さらに日本酒は他のお酒と比べると体温を上昇させる時間が長く血管を拡張させるため、冷え性や肩こりの改善効果も見込めます。

楽天市場|酔鯨 純米酒 八反錦60% 酔鯨酒造 1800ml

2位:焼酎(146kcal/0g)

出典:https://twitter.com/osake_nomura/status/1531997281896914944?s=20&t=n4UJrzgSAx2SnhRvFbW0Wg

【おすすめポイント】
・血管内にできた血栓を溶かす
・二日酔いになりにくい
・カロリーが低い
・プリン体がゼロ


体にいいお酒のランキング2位は焼酎となっておりアルコール度数は25%で、上記のカロリーと糖質は乙類焼酎の数値を表しています。焼酎にはウロキナーゼと呼ばれる成分が含まれており、血管内にできた血栓を溶かす効果があります。甲類焼酎より乙類焼酎の方がウロキナーゼの含有量が高いので、意識して選ぶとよいでしょう。

また焼酎にはアセトアルデヒドが含まれていないので、二日酔いになりにくいです。糖質が含まれておらずカロリーが低いうえ、プリン体もゼロなので体にいいお酒と言えます。

楽天市場|飲み比べセット いも焼酎 芋焼酎 鹿児島 薩摩酒造株式会社 赤薩摩・黒薩摩 25度 900ml 2本 セット ギフト

1位:ワイン(73kcal/1.5~2.0g)

【おすすめポイント】
・赤ワインはポリフェノールが豊富
・白ワインは殺菌力が高い


体にいいお酒のランキング1位はワインで醸造酒に分類され、アルコール度数は14%です。赤ワインに含まれるタンニンやカテキンなどのポリフェノール類は酸化防止効果があるので、動脈硬化や痴ほう症の予防のほか血中コレステロールを下げる働きも担います。

白ワインに含まれる有機酸は酸性度が高く、食中毒の原因を減少させるのでおすすめです。生ものを食べる時には殺菌効果が高い、白ワインを合わせましょう。

楽天市場| <第39弾> 金賞ボルドーギフト(赤1、白1)

体にいいお酒のおつまみ3選も紹介!

体にいいお酒を飲む時におつまみにも配慮すると、より健康的にアルコールを楽しめるものです。お酒のカロリーや糖質量に合わせて、選ぶのもよいでしょう。ここでは体にいいお酒のおつまみと、その理由について説明します。

①生野菜

以下のような栄養成分が含まれる生野菜は、体にいいお酒のおつまみです。

・ビタミンB1
・ビタミンC
・カリウム
・マグネシウム
・鉄
・葉酸
・食物繊維


生野菜を食べるとビタミンやミネラルをそのまま摂取できるうえ、カロリーも低いのでおすすめです。お酒を飲むとビタミンB1が消費され疲れを感じやすくなるので、意識して摂取するとよいでしょう。生野菜は食物繊維が豊富なので満腹感を得やすく、飲み過ぎ防止にもつながります。

②青魚・お刺身

青魚やお刺身には、以下のような栄養成分が含まれています。

・DHA(ドコサヘキサエン酸)
・EPA(エイコサペンタエン酸)


サバやアジなどの青魚には不飽和脂肪酸であるDHAとEPAが含まれており、中性脂肪を減らす働きがあります。カロリーや糖質の高いお酒を飲む時に青魚を食べると、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を発症するリスクが低くなります。DHAとEPAは加熱すると減少するので、お刺身で食べるようにしましょう。

③チーズ

チーズに含まれる以下の栄養成分も、お酒を飲む際に役立ちます。

・タンパク質
・ビタミンB2
・乳酸菌
・亜鉛


チーズに含まれるタンパク質とビタミンB2がアルコールの分解をサポートするとともに、乳酸菌が消化を促進してくれます。亜鉛はアルコールの分解酵素を助けるので、お酒のおつまいとともにチーズを食べて補うのがおすすめです。

逆に体に悪いお酒の種類も知っておこう

体に悪いお酒として、以下のものがあげられます。

・添加物の多いチューハイ
・カシスオレンジ
・マッコリ


添加物や糖分が多く含まれているチューハイは、肝臓に負担がかかりやすいのでおすすめできません。カクテルの中でもカシスオレンジは糖分の含有量が多いので、太りやすくなります。乳酸菌が含まれ健康にいいイメージがあるマッコリも糖分の含有量が多く、口当たりがよいため飲む過ぎる人が多いので注意が必要です。

体にいいお酒ランキングを参照して健康にお酒を飲もう

お酒にもいろいろな種類があり、体にいいものもあります。日頃から体にいいお酒とおつまみを口にしていると、健康維持にも役立つでしょう。体にいいお酒ランキングを参考にして、健康にいい飲酒習慣を身につけることをおすすめします。

関連する記事

×