糖質ゼロビールは太る?カロリーは?ダイエット向きな飲み方も紹介!

糖質ゼロビールは太るのでしょうか?また、糖質ゼロビールのカロリーはどれぐらいなのでしょうか?今回は、糖質ゼロビールで太る原因やダイエット向きな飲み方を紹介します。糖質ゼロビールのおすすめ商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 糖質ゼロビールは太る?太らない?
  2. そもそも糖質ゼロビールとは?
  3. 糖質ゼロビールも飲み方によっては太る
  4. 糖質ゼロビールで太る原因は?
  5. ①飲み過ぎによるカロリーの過剰摂取
  6. ②アルコールによる食欲増進効果
  7. 糖質ゼロビールで太にりくいダイエット向きな飲み方は?
  8. ①飲み過ぎを避ける
  9. ②おつまみは脂っこいものを避ける
  10. 糖質ゼロビールの太りにくいおすすめ商品3選も紹介!
  11. ①楽天市場│極ZERO(ゴクゼロ)(26kcal)
  12. ②楽天市場│一番搾り 糖質ゼロ(23kcal)
  13. ③楽天市場│ 濃い味 糖質0(19kacl)
  14. 糖質ゼロビール・糖質オフビールでも太る可能性があるので注意!

糖質ゼロビールは太る?太らない?

糖質ゼロビールは、健康志向の人やダイエットがしたい人から人気があります。ビールを諦めずに糖質ゼロを実現してくれるので、お酒が好きな人の強い味方ですが、糖質ゼロビールは太らないのでしょうか。ここでは、糖質ゼロビールが太るのかについて紹介します。

そもそも糖質ゼロビールとは?

糖質ゼロビールとは、名前の通り糖質を含んでいないビールのことですが、正確には全く含まれていないわけではありません。糖質ゼロと表記するためには、ビール100ml当たり、糖質の含有量が0.5g未満にすることが必要です。糖質とは、炭水化物から食物繊維を除いたもので、糖アルコールや人工甘味料などの糖分がすべて含まれます。

糖質ゼロビールと糖質オフビールとの違いは、含まれる糖質の量にあります。糖質オフビールはビール100ml当たりの含有量が2.5g以下と決まっているので、糖質ゼロビールの方が糖質量が少ないです。飲んでいるビールを糖質ゼロビールにすることで、血糖値の急な上昇を抑えてダイエットや肥満の予防に効果があると言われています。

ただし、糖質ゼロビールでもカロリーはあるので、ダイエット中でも飲み方には注意が必要です。

糖質ゼロビールも飲み方によっては太る

糖質ゼロビールは、糖質量は少なくなっていますがカロリーが少ないわけではありません。また、そもそもビールに含まれるアルコールの作用などもあるので、糖質ゼロビールに変えただけで痩せません。それどころか、場合によって太ることもあります。次の見出しでは、糖質ゼロビールで太る可能性などについて言及します。

糖質ゼロビールで太る原因は?

糖質ゼロビールを飲んでいても、太る場合があるのはどうしてなのでしょうか。ここでは、糖質ゼロビールで太る原因について紹介します。ダイエットに糖質ゼロビールを役立てたいと考えている人は、参考にしてください。

①飲み過ぎによるカロリーの過剰摂取

糖質ゼロビールは糖質量が少なくても、カロリーが少ないわけではありません。糖質ゼロビールの種類にもよりますが、通常のビールと変わらないカロリーの糖質ゼロビールもあるので、飲み過ぎると太ります。特に糖質ゼロだから太りにくいと過信すると、飲み過ぎて太ることにつながりやすいので、気を付けてください。

②アルコールによる食欲増進効果

糖質ゼロビールも、アルコールは含まれているので、アルコールによる食欲増進効果で食べ過ぎることも多いです。また、ビールに合うおつまみはから揚げやフライドポテトなど、カロリーが高い傾向があります。アルコールの食欲増進効果で、これらのカロリーが高いおつまみを食べ過ぎると、カロリーの過剰摂取で太ってしまいます。

糖質ゼロビールで太にりくいダイエット向きな飲み方は?

糖質ゼロビールでも、飲み方次第で太ることがありますが、どうすればダイエット向きの飲み方ができるのでしょうか。ここでは、糖質ゼロビールの太りにくい飲み方を紹介します。太りにくい飲み方を踏まえて、糖質ゼロビールの効果をダイエットに活かしてください。

①飲み過ぎを避ける

糖質ゼロビールで太る原因の一つは飲み過ぎにあるので、1日の適量を決めて、飲み過ぎないことが大切です。目安は缶ビールを1日1本程度で、アルコールの過剰摂取とともに、カロリー摂取も抑えてください。

②おつまみは脂っこいものを避ける

関連する記事

×